2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.08 (Sat)

オンライン・ペット用品ショップ

ペットフードなど、5~10 Kg単位で売られていたりして、買いに行くのも結構大変だったりします。特に、ご高齢の飼い主の方にとっては、負担に感じることもあるのではないでしょうか。

そんなとき、便利なのがオンライン・ペット用品ショップです。インターネット上で注文すれば、届けてくれます。そこで重宝するのが、以下のサイトです。

アイリスプラザ
スポンサーサイト
18:56  |  犬との生活での注意点

2010.01.24 (Sun)

室外犬の寒さ対策について

教えてgoo!に、「犬の寒さについて」という質問がなされていました。

我が家には5ヶ月のゴールデンレトリバーと同じく5ヶ月のフラットコーテッドレトリバーがいます。
飼育は屋外です。寒さに強いと聞いてこの犬たちにしたのですが本当に大丈夫なのでしょうか?

ちなみに私は北海道に住んでいますのでごく稀に-20℃まで下がる年もあります。現在の環境は4メートル四方はフェンスで囲い、その中に犬小屋を2つおいてあります。

何かアドバイスがあれば教えてください。


この質問に対して、「思うに、ハスキーだって訓練しなきゃ寒さに弱いです。ましてや、ゴールデンはなお更だと思います。一般家庭では、耐寒訓練までして飼う必要性はないかと思います。もうすぐ、北海道は冬でしょう。今の内に、対策を取られることをお勧めします。」といった意見が寄せられていました。

室外での対策


室外犬の場合、昼間はまず犬小屋を日当たりの良い場所に置いてあげるといった工夫をされてはいかがでしょうか(日中も日が陰ってしまう地域では難しいかもしれませんが)。

小屋の中に毛布などの敷物を敷いてあげることは、やってらっしゃる方も多いとは思いますが、さらに毛布の下に、ダンボールを何枚か重ねて敷いてあげると、防寒対策に良いと思います。また、毛布も雪などで濡れにくくなるという点でも良いでしょう。

また、窓をふさぎ、隙間風が入らないようにしてあげることも良いと思います。犬小屋が地面に接していると、湿気が伝わって寒いので、木やブロックなどを下に置き、隙間を作ってあげることも良いと思います。

さらに、以下のような対策があります。
12:20  |  犬との生活での注意点

2009.11.03 (Tue)

犬が飼い主の顔を舐めるワケ

犬、大好き!ドッグズ・ビー・ハッピー! [DVD]犬が飼い主さんの顔を舐める様子は、微笑ましい光景と思われますが、どうしてワンちゃんは飼い主さんの顔を舐めるのか、不思議に思ったことはありませんか?

実は、この行動には「自分は、あなたよりも弱くて小さな存在です。敵意はありません。エサを下さい」といった意味合いをもっています。どうしてそういった意味をもつのか?この行動の意味を考えるには、実は祖先であるオオカミの行動を考える必要があります。

もともと、ワンちゃんの祖先であるオオカミは、親が一度食べて吐き戻した肉を離乳食として子オオカミに与えていたそうです。親のオオカミは、口元を舐められることがスイッチとなって食べたものを吐き戻すようになっているそうです。

まだ生肉を食いちぎることはできないほどの小さな子オオカミは、この大人が半分消化してくれた肉を離乳食として食べる、というわけです。

こうしたこともあり、「エサをください」といった意味合いがあるのではないか、ということがお分かりになるかと思われます。その一方で、「でも、(離乳食を必要としない)成人したワンちゃんでも顔を舐めるよな」と疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、ワンちゃんではこうした離乳食の与え方は、ほとんど既にしていません。

こうした疑問には、以下のように答えることができると考えられます。
01:16  |  犬との生活での注意点

2009.07.26 (Sun)

犬が怖がる雷の音の克服法

夏になると夕立とともに、雷鳴がとどろき、ワンちゃんが怖がってしまって落ち着かない、といったことがあると思われます。その反応が、問題とならないほどならば良いですが、雷恐怖症といった程度になってしまうと、困ったことになります。

雷がみられると、光ったり、激しい雨音など、ヒトよりも感覚の鋭く、「雷」という存在を理解できないワンちゃんにとって、強い恐れとなって記憶されます。

ワンちゃんの雷恐怖症とは


雷が起こると、ワンちゃんは「雷が光ったときの体験時に目に映ったイナズマの映像、激しい雨音・雲間放電のゴロゴロの音などの音、気圧の変化・静電気による体に感じる不快感、匂い」などを覚えています。

そしてその後、雷恐怖症がひどくなると、似たような刺激や環境に遭遇した時に、その恐怖体験が瞬時によみがえっておびえてしまいます。

だいたい、2歳前後のワンちゃんがこうした恐怖症になってしまうことが多いようです。



雷恐怖症の克服法とは

雷恐怖症を克服する方法としては、以下のようなものがあります。
18:29  |  犬との生活での注意点

2009.07.26 (Sun)

犬の健康とエアコン冷房

暑い夏場、ついつい冷房を効かせすぎてしまう…ということは多いのではないでしょうか。ですが、そこで少し考えて欲しいのが、室内犬のワンちゃんの健康管理。エアコンによる冷房が効きすぎると、ワンちゃんにとっても体調を崩す原因にもなります。

また、人には快適でも、ワンちゃんにとっては問題があることも。思わぬ見落としが、ワンちゃんの体調不良の原因となってしまうこともあります。



室内犬で注意すべき点-エアコン


特に室内犬のワンちゃんがエアコンの効いた部屋にいる場合、以下のような点に注意していただければ、と思われます。
17:41  |  犬との生活での注意点
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。