2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.30 (Sun)

犬の去勢手術について

犬の去勢手術について


去勢手術とは、睾丸を摘出する手術のことを指します。初回発情前(生後6~7ヶ月)に行うことが目安となっていますが、より早期での手術を推奨している病院もあります。

メリットとしては、前立腺の病気、精巣・肛門周辺の腫瘍などの病気の予防になります。また、5歳以上になるとホルモン性の高齢疾患にかかりやすくなりますが、その予防にも有効です。発情期のストレスも軽減されるといわれています。

さらに、去勢すると、オス性ホルモンテストステロンの量が大幅に減少し、競争的行動や性的攻撃行動は減り、「オスらしさ」はなくなるといわれています。

しかしながら、手術を行うため、リスクがないわけではありません。麻酔薬によるアレルギーが起こったり、手術による負担などはあります。

手術を受けるために


手術を受ける、その流れとしては以下のようになっています。
スポンサーサイト

タグ : 動物病院

17:08  |  健康/病気について

2011.01.02 (Sun)

自宅で愛犬の健康診断を行う方法

イヌも人間と同じように高齢化時代を迎え、生活習慣病など加齢にともなう病気が増えてきました。これらの病気を早期発見・早期治療ができれば、進行を抑えたり、症状を改善したりすることができるのでは、と考えられます。

そのためには、愛犬にも定期的な健康診断が必要になります。ですが、わざわざ獣医さんに診せに行くのも、大変なのではないでしょうか。そんな時、健康診断を自宅で出来てしまうのがこちらです。

愛犬用郵送検診キット わんわんチェッカー


尿と便を郵送するだけで、自宅に居ながら愛犬の健康状態をチェックできます。この検査は、愛犬の大きさにかかわらず、どんな犬種でも検査可能です。キットの中の採取器具で尿と便をとって送付すると、約1週間後に検査結果が届きます。

気になる検査項目は、以下のようなものです。
21:39  |  健康/病気について

2010.01.27 (Wed)

ドッグフードは、どれが安全・安心?

教えてgoo!に、「安心・安全なドッグフード」という質問がなされていました。

現在ファーストチョイスを与えているのですが、国産でないということから少々不安になっています(もちろん国産だから安全、というわけではないのですが)。そこで、表題の質問をさせて頂きます。

1)ファーストチョイスは安全なのか?
海外でリコールが以前あったようだが、ホームページを見ると日本で売られているものは問題ない、とのこと。

2)完璧に安全なドッグフードはないのかもしれませんが、極力安全、また評判の良いドッグフードをご存知の方、
是非教えて下さい。

一度でもリコール対象になったものは避けたいです。少々高いフードでもかまいません。


この相談に対して、次のようなオススメのドッグフードが紹介されていました。

ホリスティックレセピー
このドッグフードを勧める理由としては、「合成添物や化学薬品などが添加されていない、自然食ドッグフード」ということのようです。この回答者は「うちの実家はそのフードとトッピングとしてササミやニンジン、ブロッコリーのスプラウトなど色々な食材を足してます。」

「考え方としては一般的に自然食と呼ばれるフードを与え、ご自身のわんちゃんに補助として与えたい栄養素を持つ食材を加えてあげる」と書いていらっしゃいます。

bosch(ボッシュ)
このドッグフードは、「人間が食べることのできる」というレベルや無添加などというレベルにとどまるだけでなく、原材料の由来にまでさかのぼり本当に安心して食べられる、といったことを目指しているそうです。

本当に安全で安心して食べていただけるよう、無添加だけではなく、鶏や牛、羊を育てる段階にまでこだわりを持っているという徹底ぶりです。

他にも、以下のようなドッグフードが勧められていました。
22:19  |  健康/病気について

2009.10.05 (Mon)

犬のフィラリア予防とは

石野先生のメディカル・リンパマッサージ 究極のスキンシップで愛犬を健康に! [DVD]フィラリア症(犬糸状虫症)とは、蚊によって媒介される犬糸状虫という寄生虫によって起こる病気です。

犬では、心臓や肺の血管に寄生することが多いです。そのため、呼吸器や循環器、あとは泌尿器に障害をもたらすこともあります。

フィラリア症は数年にわたる慢性的な疾患で、初期症状は呼吸器症状である軽い咳が起こる程度です。でも、進行すると、失神、腹水、胸水などの重い症状へ変化します。ただ、急性症(大静脈症候群)となると、慢性経過の途中でフィラリアが移動するために、突然、赤ワインのような色の尿(血色素尿)と呼吸困難・虚脱などの循環不全を主とした激しい症状を示す場合もあります。

フィラリア予防について


フィラリアの予防については、以下のようなものがあります。
22:56  |  健康/病気について

2009.08.30 (Sun)

犬の妊娠で気をつけるべきこと

ワンちゃんの妊娠では、妊娠中の母犬の適切な管理や、出産準備、生まれた子犬の世話…など、妊娠前後で、考慮すべきことがあります。

犬の妊娠期間は、58~68日で、平均は64日前後とされています。その間、母仔ともに健康を考える上で、重要と思われることを以下に記しました。ご参考いただければ、と思われます。

犬の妊娠で気をつけるべきこと


タグ : 妊娠 出産

13:15  |  健康/病気について
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。