2006年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.04.18 (Tue)

犬の健康:歯磨きをイヤがるワンちゃん

歯磨きをしてあげよう、と思ってみたものの、嫌がってうなる…

そんな困ったワンちゃんには、以下のような方法でトレーニングしてみてください。

まず、静かに口の中を見て、歯の場所を確認しましょう。

次のステップとして、犬が口の周囲や中を見られること、また歯に触られること自体に慣れさせましょう。

口の周囲を触られるのが平気になったら、まず口の入り口部分である切歯から、歯と歯肉をガーゼで磨くようにしましょう。

慣れてきたら奥歯である臼歯を磨くようにしましょう。

歯を磨くと、唾液が多く出てくるので、唾液を飲み込ませるよう、タイミングをみながら磨きましょう

ガーゼで慣れてきたら、指サックタイプや歯ブラシで歯磨きをはじめましょう。

歯ブラシを使う時には、歯ブラシと歯肉の境の部分を45°の角度で円を描くよう磨きます。

外側が磨けるようになったら、内側も磨くようにしましょう。

とにかく歯磨きに慣れさせることが大切です。
毎日少しずつ無理せずに、進めるよう心がけましょう。

 歯ブラシは、できるだけ先が細く、柔らかいものを選んであげてください。歯周ポケットに入りやすく、歯肉を痛めにくいです。
 くれぐれも、歯肉を痛めないでください。知覚過敏の原因となります。優しく、優しくブラッシングしてあげて下さい。

こんな商品もあります。
D.D.CLEANポケット&D.D.stick(15本)【美楽ゼーション(美容・健康・ダイエット・酸素・サウナ・防災・グルメなど話題商品1500商品)】歯磨き用スティックとジェル
歯茎のマッサージも出来るので、歯周病予防に最適です。
スポンサーサイト
00:39  |  健康/病気について

2006.04.18 (Tue)

犬の健康:歯の磨き方

ワンちゃんの虫歯や歯周病を防ぐために、しっかりと歯磨きをしましょう。

方法としては、以下のような3つの方法があります。


ガーゼを指に巻いて、歯と歯肉を軽くマッサージ


指サックタイプの歯磨きで、歯と歯肉軽くマッサージ。


歯ブラシで丁寧に磨く。

 歯ブラシは、できるだけ先が細く、柔らかいものを選んであげてください。歯周ポケットに入りやすく、歯肉を痛めにくいです。
 くれぐれも、歯肉を痛めないでください。知覚過敏の原因となります。優しく、優しくブラッシングしてあげて下さい。


 できれば、の方法をして欲しいところですが、嫌がるワンちゃんもいるので、段階的に進めるのも良いかもしれません。

また、こうした商品もあります。
★犬の電動歯ブラシ!わんわん歯医者さん【インポートショップヴェロッサ】犬の電動歯ブラシ
ウチでも使用してます。
軽く犬に噛ませるだけで低速で回転するブラシが歯にこびりついた
歯垢をキレイに落としてくれるので、時間もかからず、噛みつかれる心配もありません。
00:33  |  健康/病気について

2006.04.18 (Tue)

犬の健康:口のチェック

最近、ワンちゃんの口臭がキツイ…

それは、歯周病のサインかも知れません。
歯の管理を、しっかりとしてあげましょう。

昔は、虫歯になりにくいと言われていましたが、食生活や生活習慣の変化、高齢化から、虫歯にかかるワンちゃんが増えています。

高齢犬になると多くのワンちゃんが虫歯や歯の病気をかかえています。歯の病気になると食事がしにくくなったり、炎症の起きているところから、バイ菌が血液の中に入り、敗血症になって重症だと亡くなってしまうこともあります。

まずは、口の中のチェックをしましょう。

歯の数を数える。
 犬の歯の数は42本。歯がそろっているかを数えてみましょう。歯肉の下にもぐっている歯があると病気の原因になることもありますので、数えるようにしましょう。

歯が折れていないかチェックしましょう
怪我や固いものをかんだりして、歯が折れることがあります。

歯の減り方
正常では少ないのですが、歯が著しく磨耗してしまう場合もあります。

次回は、歯の管理の仕方について書いてみます。
00:23  |  健康/病気について

2006.04.16 (Sun)

犬のしつけ:車に乗ってくれない!

ちょっとワンちゃんと一緒に遠出したい…

そう思っても、ワンちゃんが車に乗るのを嫌がったり、車の中で暴れてしまう…

そんな嫌がるワンちゃんを車に乗せるのはかわいそうな話ですが、ちょっとした工夫で慣れてくれば、車に乗れるようになります。

車好きになってくれれば、動物病院も難なく行けるし、ドライブやキャンプにも連れて行けます。

車に慣れさせるためには、次のようなステップを踏んでください。

犬に車に乗ることを慣れさせる方法
1)停車中の車に近づけて、車自体が怖いものではないことを教える。

2)車に向かって吠えたり怯えたりしなければ、ほめてあげる。

3)次は、車の中に入る練習。
ドアを開け、焦らずゆっくりと犬が落ち着くのを待つ。そしてエンジンをかけても平気になるまで訓練。
…ここまでは、お家でトレーニング。

4)そしていよいよ車をスタート。
揺れとスピードで平衡感覚が乱れて乗り物酔いしないように、犬の様子をよく見ながら少しずつ距離を伸ばしていく。
吐いてしまった場合を想定して、新聞紙や捨てても良いようなタオルを用意すると良いかもしれません。

5)途中で犬が怖がっているようなら、また1)へ。

…ドライブのあとに、広い公園や河原で遊ばせて楽しい経験をさせてあげれば、「車に乗るといいことが待っている」と思ってくれるかもしれませんね。

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

03:23  |  犬のしつけ

2006.04.12 (Wed)

犬の病気:椎間板ヘルニア

後ろ足を引きずっていたり、あまり動きたがらない…

とくに体格の大きいワンちゃんでは、その症状は「椎間板ヘルニア」かも知れません。

また犬種としては、ビーグル、シーズー、ダックスフントなどのワンちゃんに多いと言われています。

椎間板ヘルニアとは、背骨を形成するたくさんの「椎骨」をつなぐ「椎間板」が老化して固くなり、外に突き出たり、椎間板内の「髄核」が外に噴出したりする病気です。

簡単にまとめれば、椎骨が上下から圧迫されるために、その間の椎間板が飛び出てしまう病気です。
椎間板をお饅頭にたとえてみますと、分かりやすいかも知れません。
上下からの圧迫で、中身の「あん」が飛び出てしまうわけですね。

その「あん」が神経を圧迫するために、痛みや、最悪のケースでは、麻痺が起こったりするわけです。

大袈裟な話ではなく、本当に危険な病気です。単なる腰痛と思って、甘く考えないで下さい。

この椎間板ヘルニアになると、背骨の上を走る神経細胞を圧迫して神経麻痺をおこさせ、その部位によって、前足が麻痺したり、後ろ足が麻痺してしまう場合もあります。
神経麻痺がひどくならない前に発見して治療すれば治ることが多いが、手遅れになり、神経細胞が壊死してしまうと、生涯、神経麻痺に悩まされてしまうことに…

治療の方法は、病状によって治療方法が異なってきますが、症状が軽い場合は副腎皮質ホルモンなどの内科的治療によって治療をおこないます。 
重い症状の場合は外科的手術によって骨の一部を除去する場合がありますが、必ずしも予後が良好とは言えないので詳細な診断が必要です。

また、太りすぎのワンちゃんに多いことも知られています。
糖尿病といった病気がクローズアップされやすいですが、どうか椎間板ヘルニアにも気を配ってあげてください。

テーマ : ペットの病気 - ジャンル : ペット

16:39  |  健康/病気について

2006.04.10 (Mon)

犬の健康:薬の飲ませ方

フィラリアのお薬など、内服薬を飲ませようと思ったけど…ワンちゃんが嫌がって、吐き出してしまう。
それだけならまだしも、興奮して咬みついたり、具合が悪いときにはかえってぐったりさせてしまうことにもなりかねません。

では、どのようにお薬を飲ませたらいいのでしょうか?
そのちょっとしたコツについて書いてみたいと思います。

ポイント
ワンちゃんが安心するように、やさしく声をかけながら、犬の不快感を長引かせないように、毅然とした態度ですばやく飲ませることがポイントです。

お薬の種類によって、次のような方法があります。

・錠剤やカプセル
ワンちゃんの上あごを片手でつかみ、犬の唇で犬歯を包み込みながら、親指と人差し指を犬歯の後ろに差し込むようにして押さえてそっと口を開けます。
→この時点で嫌がるワンちゃんもいます。
 興奮しないように、やさしく押さえてあげてください。

もう片方の手の親指と人差し指で薬をつまみ、残りの3本の指で口を押し開けて、頭をやや後ろに傾けます。そして、薬を舌のできるだけ奥の方に置いてすばやく口を閉じます。
→躊躇わずに、素早く行います。
 タラタラとすると、噛みつかれる危険もあります。
 
このとき、飲み込みやすくなるように、のどをやさしくなでてあげてください。

錠剤やカプセルが大きい場合は、バターなどを塗っておくとのどへの滑りがよくなります。

パンなどの食べ物に包んで与える方法もありますが、薬だけうまく吐き出してしまうこともあるので、確実に飲んだことを確認してください。

・水薬
スポイトなどを用意してください。
ワンちゃんの口を閉じたまま、頭をやや後ろに傾けます。口の脇のたるみを少しめくり、犬歯の後ろのすき間からスポイトなどを使って、水薬を口の中に流し込みます。
口はあまりきつく押さえつけずに、飲み込むために舌が少し動かせる程度に軽く握ります。

・粉末薬
ヨーグルト(甘めの方が食べてくれるかも)に溶かして舐めさせたり、バターなどに練り込んで口の中に塗り込んだりします。また、水に溶かして水薬と同じように飲ませることもできます。

警戒心が強いなどの理由で、飲んでくれないワンちゃんには、コレラの方法を試されてはいかがでしょうか?

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

23:36  |  健康/病気について

2006.04.09 (Sun)

犬のしつけ:吠える犬への対処法

ワンちゃんが吠えるのは、特性としてある程度仕方ない…
というのは前回「どうしても鳴いてしまう犬種」に書いてみました。

…ですが、その特性や鳴く原因を考えて、上手く鳴かないようにできないか、と思うわけです。その方法について、以下に書いてみたいと思います。

ワンちゃんが鳴くのは、主な役割として「あやしい外敵を遠ざける」「テリトリーの誇示」などの役割をもちます。

ですが、もっと細かく「鳴く原因」を考えてみると、以下のように分類できます。

1)要求型
2)攻撃型
3)ひまつぶし型
4)守備防御型
5)積極型
6)依存型


…などです。

1)要求型
ごはんやオヤツが欲しい、お散歩に行きたい…などの具体的な要求をするために鳴くパターンです。
こうした要求型で吠えるワンちゃんに対しては、徹底的な無視が有効です。とにかく声をかけたりしないだけでなく、視線を向けることもしない、とにかく反応しないでください。

2)攻撃型
電話のなる音や、雨戸を開ける音、布団叩きの音などに反応して吠えるパターンです。
この場合は、吠えた瞬間に、さりげなく霧吹きやスプレーで水をかけてビックリさせるなどの対処法があります。つまり、「吠える→イヤなことが起こる(ビックリする)」という条件反射をつけることです。

ですが、一番大切なことは、よい行動とは何かを教えることです。犬がおとなしくしているときに誉める。吠えないでおとなしくしたことに対して、誉めてご褒美をあげるわけです。それで犬は「何をすれば誉められるか」「何がよい行動か」を学習していきます。

3)ひまつぶし型
刺激などがなく、暇なために欲求不満がたまり、鳴いてしまうパターンです。
この場合は、運動欲求を満たしてあげることが重要です。しっかり運動させ、しっかり遊ばせることが大切です。犬のおもちゃも最近はいろいろなものがありますが、頭を使って遊ぶものが効果的です。

4)守備防御型
これは、テリトリーを脅かす人間や動物などに対して吠えるパターンです。
この場合には、安心できる場所を提供してあげることや、顔なじみのヒトなどに吠える場合は、そのヒトに対して慣れさせる(犬が苦手な人には無理かも知れませんが、クッキーを渡してもらうなど)。そして、徐々に環境や人に馴らしていきます。
帽子をかぶった人や傘を持った人をこわがる犬の場合、家族の方が帽子をかぶって接するなどの方法があります。

5)積極型
嬉しくて仕方ないなどの時に、声が漏れてしまうパターンです。
こうしたワンちゃんには、日頃から身体にさわらせることに馴れさせて、リラックスマッサージなどをしてあげてください。興奮しやすいワンちゃんなどには、とくにマッサージが効果があります。

6)依存型
飼い主の方が外出するときなどに、寂しくて鳴いてしまうパターンです。
こうしたワンちゃんには、特定の人以外の人にお願いして世話をしてもらって、家族の人への依存度を減少させていきます。
また、オモチャなどでひとり遊びを覚えさせてください。

また、飼い主の方が外出するときに条件反射のように鳴いてしまうパターンができてしまっている場合があります。
たとえば、「飼い主が鍵を持つ→でかけちゃう→吠える」という図式が出来上がっている場合です。
こうした場合には、暇さえあれば鍵をじゃらじゃらさせて、鍵と出かけることとの関連性をうすめていくわけですね。

以上がワンちゃんが鳴くパターンと対処法です。
ワンちゃんそれぞれ、原因や対処法は異なることかと思いますが、ご参考いただければ幸いです。
14:52  |  犬のしつけ

2006.04.09 (Sun)

犬のしつけ:どうしても鳴いてしまう犬種

ワンちゃんが吠え続けていて困る…

そんな悩みをお持ちの飼い主さんは、多いのではないでしょうか?

それは、ワンちゃんが吠えるのは"仕事"の一つだからです。
吠えるのは、「あやしい外敵を遠ざける」「テリトリーの誇示」などの役割をもちます。

外敵から群れを守り、ときには群れの中での自分の地位を確保するためでもあり、ときには獲物を仲間の輪の中へ追い出すために吠えるわけです。

…となると、ある程度「鳴くのは仕方ない」ということになります。

ですが、実は"鳴くように"開発(交接)された犬というのも存在します。
つまり、"鳴きやすい"犬種というのが存在します。

たとえば、
番犬である日本犬,シェパード、狩猟犬であるビーグル,ワイヤーフォクステリア,シュナウザー,ダックスフンドなど、牧羊犬である,コリー,シェットランドシープドッグなど、牧畜犬であるウェルシュコーギー、愛玩犬であるポメラニアン,ヨークシャテリア,パピヨン,チワワなどが吠えやすいと言われています。

これらのワンちゃんは、どうしても"吠える"のは、どうしようもない習性ともいえます。

ですが、「できるだけ鳴かないように」飼い主さんが工夫することはできます。そのコトについては、また次回。

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

13:55  |  犬のしつけ

2006.04.08 (Sat)

犬の健康:オヤツばかり食べたがる…

「ウチのワンちゃんって、ゴハンは食べないのにオヤツは大好き」…なんてことはないですか?

ウチでは一時期、まさにこういった状況になりました。
甘いクッキーやヨーグルトとなどを欲しがって困ったことになりました。

実は、エサを食べないのは、それを認めてしまった飼い主の"甘さ"にあります。

犬は大変かしこくて、飼い主の出方をつぶさに窺っています。

「うちのコは食べなくて……」と悩む飼い主さんの多くは、愛犬が食べないと別の食べ物を次々に与えます。
そうすると、犬はどんどん偏食になっていきます。ひとつ拒否すれば、次はもっとおいしいものがもらえると学習しています。

この状態を続けていれば、犬が肥満、ひいては病気になる危険性が高まってしまいます。

そんなときはオヤツを与えないで、必要な栄養とエネルギーを、高品質でバランスのとれた食事で与えてください。

しっかりとした食事こそ、健康を維持する上でなによりも大切なことです。
17:59  |  健康/病気について

2006.04.08 (Sat)

犬の健康:犬が好む味って?

飼い主の方には、ちょっと受け付けない感じのニオイであるドッグフードも、喜んで食べているワンちゃん。

では、ワンちゃんが好きな食べ物や味って、何なんでしょうか?

犬は雑食性ということで、舌の粘膜細胞には、「糖」を感知する味覚細胞(味蕾)がよく発達しています。

つまりは、"甘さ"に敏感に反応すると考えられます。
ワンちゃんは「甘党」ということです。

たとえば、甘みのあるパンや焼きイモなどを好みます。また、とくに犬は、果物の糖分である「果糖」や、乳にふくまれる「乳糖」に強く反応するようです。

ですが、ここでご注意を。
現在、運動不足も手伝って、肥満傾向、ひいては糖尿病のワンちゃんが増えています。
その一端として、ヒトのオヤツ(クッキーやアイス)を与えるため、糖分をとりすぎるワンちゃんが多いことが挙げられます。

できれば、ワンちゃん専用のクッキーなどを与えるようにしてください。その際には、あまりあげすぎないようにもご注意を。
ワンちゃんのクッキー(オールナチュラルビスケット)【Dog Goods Shop プーチ】オールナチュラルビスケット

ちなみに、狩りした獲物しか食べない猫は、腐敗産物や毒素の苦みに敏感に反応するので、味に慎重で気むずかしく感じられます。

こうした食性の違いがあるのは、何だか面白いですね。
17:50  |  健康/病気について

2006.04.08 (Sat)

犬の健康:室内と外気の温度差にご注意!

「犬はヨロコビ外駆け回る」…なんてのは、もう見られない光景かも知れませんね。

例のCMのおかげで、チワワなどの小型犬が流行になり、室内犬が急増してます。

室内犬の場合、ほとんどが温かい環境にあります。
ですが、「散歩に行こうか」…と思った場合、注意していただきたいのが外出時の温度差です。

ワンちゃんは、急激な体温調節が得意ではありません。
どちらかと言えば寒さに強いのが犬ですが(南極物語を想像)、寒い日は洋服を着せて外に出るなど、急激な温度変化を避けることも大切です。

「ワンちゃんに服なんて過保護ぶりは…」なんて言わずに、しっかりと暖かくしてあげてください。とくに太った老犬では、心筋梗塞の可能性もあります。

また特に、体の小さいパートナーたちにも、健康管理を気をつけてあげたいですね。
17:40  |  健康/病気について

2006.04.08 (Sat)

犬の健康:ファンヒーター・ストーブにご注意!

いつもファンヒーターの前を占領…
ウチで見られる、毎年の冬の光景です。

とてもホノボノとした感じですが、ご注意を。

ファンヒーターやストーブには、危険があります。
ワンちゃんたちは意外と鈍感で、しっぽを焦がしてしまった話もよく聞きます。
また、金属製の首輪場合、かなり熱くなっています。
それでも平気で寝てしまうことがあるので、注意してあげてください。

周囲に囲いをして、近づけないようにするのも手です。
また、暖かいクッションなどをヒーターなどから離して置くのもいいかもしれません。
17:33  |  健康/病気について

2006.04.08 (Sat)

犬の健康:観葉植物にご注意!

観葉植物には、ワンちゃんが口にしたら毒になるモノがあります。

ちょっと意外なものもあるので、ご注意を。
症状は様々ですが、下痢、嘔吐、胃腸障害といったものから、中枢神経の麻痺・痙攣や心臓麻痺によって死に至る場合もあります。

こういった植物は、できればお部屋やお庭に置かないほうが安全ですし、置く場合でも十分に注意してあげてください。

・アサガオ(種子)
・キキョウ(根の部分)
・キョウチクトウ(樹皮、葉、根、枝)
・ポインセチア(茎や葉)
・シクラメン(根や茎)
・アイビー(全体)
・クリスマスローズ(全体)
・スズラン(全体)
・チューリップ(球根・花・葉)
・ドラセナ[幸福の木]、ユッカ(全体) など。

関連トピックス:
やってはいけない!タマネギ中毒
やってはいけない!チョコレート中毒
17:25  |  健康/病気について

2006.04.08 (Sat)

犬の健康管理:エアコンにご注意

ワンちゃんが「暑い思いや寒くては大変!」と思い、つけているエアコン。ところが、このエアコンも時には危険なものに変身します。

まずは、夏場。冷え過ぎに注意してください。
冷気は低い方にたまるので、ワンちゃんたちが主に居る床近くは、思いのほか冷えている場合があります。

つまり、人間はワンちゃんたちより上の空気を感じるので、「暑くないかしら?」と設定温度を下げたりしてしまいがちです。
特にフローリングなどの床や、下地がコンクリートだったりすると、その冷え方も強力です。
ベタっとお腹を付けるのが好きなワンちゃんもいるので、下痢を起こしやすいということもあります。

同様に冬も、エアコンを効かせていても、床付近は、意外と温まっていないことがあります。
ワンちゃん用のクッションを用意するなどして、自分で調節しやすい環境をつくってあげることが大切です。
17:21  |  健康/病気について

2006.04.08 (Sat)

犬の病気:アトピー、アレルギー

皮膚が真っ赤になっている、よく体を掻いている、掻きむしって脱毛している、結果、寝付きが悪かったり機嫌が悪い…

これは、アレルギーやアトピーが原因かも知れません。

アトピー体質の動物では、多くに皮膚症状があらわれます。
いわゆるアトピー性皮膚炎です。

ですが、アトピー性皮膚炎ひとつとっても、アレルギーを起こして出てきた皮膚炎もあれば、発情周期や精神的なストレスなどで、引き起こされた皮膚炎もあります。

アトピー体質で現れる症状のひとつが、アトピー性皮膚炎、その多くはアレルギー反応が関与しているという捉えていいとおもいます。

アトピー体質の犬では、皮膚炎のほかに、喘息のような呼吸器症状(1型アレルギー反応の結果)や、ホルモンのアンバランスに関係するようなヒステリー症状、あるいはてんかんのような発作を起こすこともあります。

犬種によっても起こりやすさは違います。
よく起こるのは、シーズー、柴犬、ゴールデンレトリバー、ウェストハイランドホワイトテリア、そしてそれらの系統の雑種犬などです。

“起こしやすい犬種”が指摘されていることからも、遺伝的な要因は関わっていると考えられます。

その中にもアレルギー体質や、ゴールデンのように特定の栄養素が不足しがちな体質などいろんな要素があるといわれています。

また、生活環境から体に取り込む物質が蓄積して、アトピーが発症してしまうとも考えられます。埃やダニの多い環境では、必然的にそのリスクはあがります。

治療の方法としては、アレルギーを起こす物質を避けることが第一条件です。
それでも症状がひどい場合は、薬物療法(抗コリン薬やステロイド)治療が必要となるかも知れません。動物病院でご相談下さい。

"犬 アトピー"リンク
犬のアトピー
獣医さんにかかる犬の病気の中で皮膚病は最も多く耳の病気も一緒にすると病気のおそらく半分くらいになるでしょう。その理由としては皆さんのような飼い主さんの目にとまり、病気が発見され易い…
16:31  |  健康/病気について

2006.04.08 (Sat)

犬の病気:ジステンバー

高熱や目やに、鼻水・クシャミが出て、元気・食欲がなくなる…
また、嘔吐や下痢をしたり、ふるえや痙攣などの神経症状を起こしてる…

こうした場合、ジステンバーかもしれません。

ジステンバーとは、ジステンバーウイルスが原因で発症し、排泄物中に出るウイルスから、空気感染します。

特に冬期時、寒く乾燥した環境で伝染が強いです。

注意
特に子犬では、死亡率の高い伝染病です 。

ワクチンで予防できる病気ですので、幼犬時のワクチンと老犬になってからの、追加ワクチンを欠かさずに受ける事が大切です。忘れないようにしてください。

"ジステンバー"リンク
ジステンバーは急性で高熱を発するウイルス性感染症で伝染力が強く、死亡率の高い恐ろしい病気です。初期には高熱、下痢、肺炎など消化器と呼吸器の障害があらわれ、後期には神経がおかされます…
16:22  |  健康/病気について

2006.04.08 (Sat)

犬の病気:急性胃炎

お腹が痛がっていたり、お腹が張っている、激しく吐いてる…

食べた物や胃液、粘液、血液などを吐きますが、吐くものがなくても吐く動作をします…

こうした場合、急性胃炎かもしれません。

汚ない水を飲んだときや、腐った食べ物を食べる、毒性のある物質(除草剤や消毒薬などが多いようです)、異物などを食べたときにおこります。このほかに、伝染性肝炎やジステンバー、パルボウイルス感染症などの急性の伝染病も原因になります。

治療の方法としては、原因を取り除き、24~36時間の絶食(ただし、脱水などを防ぐために動物病院などでは輸液はするかもしれません)、通常、5日くらいまでには回復します。

絶食後は、徐々に水を与え、次に流動食を与えます。

脱水が激しいものでは、輸液を受ける必要があります。

まだ嘔吐の激しいものでは、吐き止めの薬を与え、短時間で回復がみられない場合、あるいは嘔吐が非常に激しい場合には、おそらく診断が違っています。

嘔吐の原因となるその他の疾患について幅広い検査が必要となります。

"急性胃炎 犬"リンク
急性胃炎
不衛生なお水を飲んだときや、腐敗した食べ物を食べる、毒性のある物質、異物などを食べたときにおこります…
16:14  |  健康/病気について

2006.04.08 (Sat)

犬の病気:胃潰瘍

よく吐いている、吐血している…

また、発熱してたり、お腹の痛みで苦しんでいる…

こういった症状がありませんか?
それは"胃潰瘍"かもしれません。

人間ではストレスが発症原因のトップですが、ワンちゃんの場合は、肥満細胞腫という腫瘍や、腎不全などによって発病することが多いようです。

治療の方法としては、原因として考えられる病気の治療を行います(肥満細胞腫という腫瘍や、腎不全などの原疾患)。
たとえば、腫瘍の場合は切除します。腎不全の場合は症状にあわせて内科的治療を行います。
また、こうした原疾患が原因でない場合は、現在ではH2ブロッカー(PPIです。「ガスター10」なんかが有名)の内服をするようです。

"犬 胃潰瘍"リンク
16:06  |  健康/病気について

2006.04.08 (Sat)

犬の病気:外耳炎

頭をしきりに振ってたり、頭を傾けてみたり、耳を引っかいたり、こすったり…ワンちゃんが、こんなことをしていませんか?

それは、外耳炎のせいかもしれません。

よく耳を診てあげてください。
通常、悪臭を伴う耳垢状の耳だれがみられます。

外耳(耳介~外耳道)の感染症は、細菌、真菌、酵母が原因となります。

ほかの犬からの感染はありません。
なぜなら外耳道の感染は、耳の常在微生物の日和見感染が原因です。
つまり、免疫力が低下しているため、普段なら問題とならない菌に感染してしまっているわけです。

治療の方法は、 検査によって菌を確認できたらそれに合った抗生物質や、抗真菌剤を投与します。

外用薬を使う際は、耳道に軟膏やクリームの薬剤を使うときには耳毛を抜き、耳をきれいに拭って消毒します。

耳道内はデリケートな部位なので、清拭には刺激の少ない消毒液やオイルを使います。

慢性化してしまった炎症によって、外耳道がふさがれた場合には、外科的治療をすることがあります。

"犬 外耳炎"リンク
外耳炎
【症状】
赤く腫れ、かゆくなる。耳垢がたまりやすくなり、異臭も漂う…
15:59  |  健康/病気について

2006.04.07 (Fri)

やってはいけない!チョコレート中毒

「チョコレート中毒」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

実は、チョコレートはワンちゃん、ネコちゃんに与えてはいけないものです。チョコレートに含まれているTheobromine(テオブロミン)という成分を代謝できない為、中毒を起こしてしまいます。

テオブロミンの致死量は、犬の体重1キログラム当たり250~500mgとされています。致死量のテオブロミンは、製菓用のチョコレートで20~40gに含まれています。
 
よって、体重10Kgのワンちゃんだったら、250~500mg×10=2.5~5gのテオブロミンで亡くなってしまいます。
さらにチョコレートで換算すれば、200~400gのチョコレートを食べると致死量です。

板チョコにして、2~3枚ですので、そんなに食べるワンちゃんもいないとは思いますが、嘔吐や下痢、興奮、発熱、痙攣などの発作があったり、血尿や脱水を起こしたり、昏睡状態に陥ることもあります。

非常に危険です。

チョコレートケーキやブラウニーなどブラックチョコレートを使用しているものは、特に注意が必要です。

もし、ワンちゃんが食べてしまったら、すぐに病院に連れて行ってください。

治療方法としては、症状に応じて、排泄の促進や点滴輸液、胃の洗浄、活性炭の経口投与などをおこないます。
14:41  |  健康/病気について

2006.04.07 (Fri)

春に注意したい犬の健康管理

春先から対策をしたいのは"フィラリア"です。
フィラリアに関してはコチラ→犬の病気:フィラリア
フィラリアは、蚊が媒介する病気です。
4月頃から蚊が出始める場合も多いので、夏を迎える前に、しっかりと予防を開始しましょう。

注意
まず、動物病院で、ミクロフィラリアに感染しているかどうかを調べるようにしてください。
ミクロフィラリアは、心臓に糸状虫の成虫がいる目安になります。ミクロフィラリアが感染している犬に、なんの準備もせずに、フィラリアの予防薬を飲ませると、死んだ成虫が心臓から流れ出て、動脈に詰まってしまうこともあります。

結果、虚血状態になり循環不全の結果、足が立たなくなったり、ショック死してしまうこともあります。

予防薬は、蚊から感染した幼虫が心臓にたどり着くまでに殺してしまう働きがあります。予防薬を飲ませるのは、一ヶ月に一回飲むのが一般的、だいたい4月~11月の間です。

すでにフィラリアが感染している犬では、ショックを押さえる薬を飲みながら、なるべく成虫を殺さないようなタイプの予防薬で、新しく感染するフィラリアを防ぐこともできます。
14:33  |  健康/病気について

2006.04.07 (Fri)

犬のダイエット作戦! エサの与え方

「オヤツちょうだい!」とねだられると、どうしても与えたくなってしまいます。

その結果、食べ過ぎでカロリーオーバー…ということになってします。
そんな時も、工夫しだい。

ワンちゃんにツライ思いをさせないように、ダイエットできないか?というのが今回のテーマです。

探したら、良いページをみつけました→おデブさんのダイエット大作戦

簡単に方法をまとめると、
1)ドッグフードを与えるときは、目分量にあげないで、1回分ごとにパッキング(小分け)にしておく。

2)オヤツはあらかじめ、1/4ごとにカットしておく。

3)牛乳は与えないように(意外に高カロリーです)。

4)何を与えたか、ノートにチェックしておく。

…などです。
やっぱり工夫次第なのは、ヒトのダイエットと同じですね。
漫然と欲しがるときにあげる、というのを止めるところから始めましょう。
14:25  |  健康/病気について

2006.04.07 (Fri)

犬のダイエット!必要なカロリー計算

理想体重は、わかった(前回「ウチのワンちゃん太りすぎ?」参照)。

「じゃあ、どれぐらいのエサやオヤツを上げればいいの?」
…ということなのですが、まずは大まかな1日の必要カロリーを計算してみましょう。

計算は、個々のワンちゃんの年齢、運動量、体の大きさやオス・メス、去勢の有無…などで異なってきます。
計算はコチラのHPで。

そして、カロリーが計算できたら、ドッグフードの量の目安です。
同じページで計算できます。
できるだけ、パッケージなどにカロリー表記のあるモノを買いましょう。
KARMA ドッグフード 2kg【アパレル・雑貨・美容健康のセレクトデパート 寧々屋【ねねや】】KARMA ドッグフード
オーガニック認定素材をふんだんに用いているので、とってもヘルシーです。 

それと、できるだけ食事回数は2回以上に分けてあげましょう。
それと、毎日できるだけ定時にあげるようにしましょう。
1日1回の食事や不規則な食事は、同じ食事量でも吸収量が異なり、太りやすい体質になってしまいます。

今からでも遅くはありません。
ワンちゃんと長く暮らせるように、今からしっかりと健康を考えてあげましょう。
14:10  |  健康/病気について

2006.04.07 (Fri)

ウチのワンちゃん太りすぎ?(犬の肥満)

「ヒトに言われて、初めて気づいた」…なんてことが多いようです。

毎日のように見ているので、そしてどうしても「ひいき目」に見てしまうので、自分のウチの犬が太っているなどとは、あまり考えないのではないでしょうか?

ですが、「犬の理想体重」や「体脂肪率」など、考えたことも…というか、測ってみたり計算してみようなどとは思わないでしょう。

ですが、肥満はワンちゃんの健康にとって、非常に大きな問題です。

体重が増えれば、それだけ足腰に掛かる負担は大きくなります。
その結果、腰部椎間板ヘルニアになってしまうワンちゃんもいます。

また糖尿病や、高脂血症による心筋梗塞の問題なども起こります。
いま話題の「メタボリック・シンドローム」という問題は、ヒトばかりではなく犬の問題でもあります。

一度、自分のウチのワンちゃんの理想体重というものを把握すれば、こうした問題をしっかりとコントロールする契機になると思われます。

詳しくは、肥満度の測定法法をご覧下さい。
犬種ごとの理想体重、そして太りすぎの目安などが掲載されています。

簡単に調べる方法としては、以下のようなモノがあります。

ワンちゃんの体重の具合を知るには両側の肋骨を触ってください。
肋骨がぎすぎすしていますか?でしたら、あなたのワンちゃんは痩せすぎかもしれません。
1本1本の肋骨が触ったときにそれと分かり、横から見たときにお腹が少し上に引きしまっているのなら、それが理想的な体重の体です。
肋骨に簡単には触れず、胴がなく、お腹が下がっているなら、太りすぎです。

あと、くびれの有無でも調べることができます。

飼い主である我々が、しっかりと体重管理をしてあげましょう。
13:40  |  健康/病気について

2006.04.06 (Thu)

やってはいけない!タマネギ中毒

タマネギ中毒という病気をご存じでしょうか?

正式名称は、「Allium属植物に由来する有機チオ硫酸化合物による赤血球酸化障害性血尿症」といいます。

名前が、そのまま病気の説明になっています。
親切なんだか不親切なんだかよくわからない病名です。

さて、これはどういった病気かと簡単に言ってしまえば、Allium属植物(タマネギなど)を犬がたべると、赤血球が壊れやすくなる(つまりは溶血してしまう)ということです。

Allium属植物には、タマネギや長ネギ、そしてニンニクなどがあります。
こういった食べ物を口にすると、ワンちゃんは大変なことになってしまうわけです。

化学チックな話をすれば、Allium属の植物には、チオ硫酸化合物を含んでいます。
この物質が有害なわけです。

そして、この物質が厄介なのは、熱に安定であり、加熱調理によってもその有害な作用は失われないという点です。
生のタマネギや長ネギ、ニンニクを「ガブリ」とやるワンちゃんはいないとしても、シチューや煮物などで調理されたモノは、たべてしまう可能性があります。
十分にご注意下さい。

"タマネギ中毒"のリンク
タマネギ中毒
タマネギ中毒と言う疾病は、愛犬家の皆さんは1度や2度は耳にされたことがあると思います…

タマネギ中毒予防
犬は玉ねぎや長ネギを食べると中毒をおこすことがあります。飼い主がこれらの野菜の入った、すき焼きの汁、味噌汁、天ぷらなどを…
17:14  |  健康/病気について

2006.04.06 (Thu)

犬の病気:脂肪腫

ワンちゃんの体に変なデキモノがある…
触ってみても、あまり痛がらない…

それは、"脂肪腫"かもしれません。

脂肪腫とは、簡単に言えば脂肪の塊のことです。
高齢犬に多く発生します。
脂肪腫は、皮膚の下に生じるなめらかなしこりで、軟らかいこぶのように感じられます。硬くはありませんが、しっかりと中身が詰まったような感触があります

命にかかわるほどのものではないようですが、なかには脂肪肉腫という悪性の場合も稀にあるようなので、体にしこりのようなものがある場合は念のため獣医に診てもらったほうがよいでしょう。

ただし、脂肪肉腫でなくても、大きい場合は5~8cm以上に肥大することもあり、脂肪腫ができる部位においては内臓器官を圧迫し異常をもたらすこともあるようで注意が必要です。

症状はほとんどありませんが、神経を圧迫する部分にできてしまうと痛む場合もあります。

治療は特に必要ありませんが、脂肪腫が動きを妨げている、急速に大きくなる、とても目障りであるという場合には、手術で切除するか、器具による脂肪吸引を行います。

"脂肪腫"リンク
犬の病気 脂肪腫
皮下脂肪や筋肉の中にある脂肪組織が、増殖して大きな脂肪の塊になったもの…

脂肪腫のサイト集
 脂肪腫が実際にできて、どのように対処したのかを掲載しているHPを集めてみました。
16:47  |  健康/病気について

2006.04.05 (Wed)

犬の去勢・避妊はすべき?

オスの場合は去勢、メスの場合は避妊です。
これらは生殖機能を失わせる手段(去勢の場合は、大人しくなるなどの目的で行われたりもします)で、これを行うには手術が必要です。

もちろん、"非生理的"なことを行う(手術)わけなので、デメリットはでてきます。一方で、メリットもあるから手術を行うわけですね。

メリット
発情期によるストレスなどから開放し、精神の安定が起こります。
ほかにも、病気にかかりにくくなるというメリットもあります。一説では、発ガン率が手術後に激減するともいわれています。

デメリット
手術による危険性が全くないわけではない。
ホルモンバランスの異常などで、術後に太りやすくなる(ウチの犬もまさしくこうなりました)。

術後数日は、違和感などを感じ非常にナーバスになる傾向もあります。心のケアも欠かさず、やさしく接してあげてください。

いずれにしても、メリット・デメリットをよく考えて決めて下さい。

ウチの犬(♂)は、抜糸を待たずして自分で抜いてしまって化膿してしまいました。そこらへんも、しっかりと観察してあげてください。

トップページへ

"去勢・避妊手術"のリンク
犬の発情と去勢・避妊

去勢・避妊手術のススメ
まだ生れてから間もない、あどけないしぐさの仔猫たちも、身体の成長に伴いやがて性の成熟が訪れます…

去勢と避妊
毎年無責任な飼い主にせいで数多くの犬や猫の尊い命が処分されています。里親に引き取られたり,新しい飼い主にめぐり合えるのはほんの一握りで…
23:12  |  健康/病気について

2006.04.05 (Wed)

犬の病気:下痢

「まぁ、人間でもよくあることだから」と軽く考えがちな下痢。

ですが軽く考えていると、大変なことにもなる場合があります。
寄生虫の心配や、頻回の下痢による脱水で大変なコトになる場合も…

そこで注意すべきコトは、
ポイント
便の状態、回数をチェックしましょう。
水溶性の物や粘液便、黒色の便などは命の関わる伝染病(ジステンパー、パルボウィルス感染症)の可能性があるので、便を持参し、早急に病院に連れて行きましょう。

下痢の原因として考えられる要因は様々です。
○下痢の主な原因
食べ物(食べ過ぎなども):普段食べないものを食べたり、特にタコやイカなどを与えると重度の下痢を起こすことがあるので注意しましょう。えさの量が適切でないときも下痢を引き起こしたりします。子犬の時には食べ過ぎに十分注意しましょう。

寄生虫:寄生虫の種類は多数あり、検便をして寄生虫の種類をしっかり特定してから薬をだしてもらいます。子犬の場合、自分がエネルギーを摂取する前に寄生虫に栄養をとられて成長に支障がでる事もあるので注意しましょう。

ストレス:犬の性格や性質によりきりだが、家族が何日か家に帰らず不安になったり、どこかいつもと違う場所へ預けられたり、幹線道路に面していたり1日中騒音が何時間も聞こえたり多種多様です。原因を取り除いてあげることで、治ることが多いです。

体質:普段と変わらず元気な様子で食事も問題ないが、しょっちゅう下痢をしている場合は、先天的に消化機能の弱い体質ということも考えられます。このような場合は、犬のためにしっかり体調を管理してあげましょう。

こまめに様子をみてあげて、「変だな」と思ったらできるだけ獣医に診せましょう。その際は、観察したものを獣医にできるだけ伝えられるようにメモしていくと良いと思います。

トップページへ

"下痢"リンク
犬の病気 Tinker Bell
愛犬の病気は飼い主の責任!犬は人間のように話すことが出来ません。体のどこかが痛くても、苦しくても、飼い主に言葉で訴えることは出来ないのです…

下痢 犬

下痢が心配
下痢とは正常よりゆるい便が出る状態で、比較的よく起こる病気です。それ故、あまり心配しなくてもよいケースが多い一方、死亡率の…
22:41  |  健康/病気について

2006.04.05 (Wed)

犬の病気:糖尿病

「犬なのに猫可愛がり」とはこれ如何に?
…などということも言われるくらい、今はワンちゃんの待遇はとても良いモノになっているようです。

ですが、かわいがりすぎるのも考えもの。
ワンちゃんにお菓子や食事を与えすぎて、太りすぎてしまった…なんてケースが結構あるようです。

ワンちゃん専用のスポーツジム、なんてものがTVで放映されていましたが、それも笑えない話になってしまいました。

現在、ワンちゃんの糖尿病が増えています。

糖尿病とは、膵臓から分泌されているインスリンの相対的な不足が原因でおこります。

原因としては妊娠もありますが、多くはやはり肥満です。
病状としては、多飲多尿、食欲は旺盛なのに逆に体がやせてくる…などで、糖尿病が進行すると、網膜症を発症することもあり、病気が軽いうちに肥満解消のための食餌療法と運動が必要になります。
「世界バリバリ★バリュー」で紹介されました!!【マザー プリム】ドッグヒーリングエキスポ2005で全ての犬に選ばれた凄いドッグフードなんです!【美美くらぶ】mother prim

重度の糖尿病の症状の場合は、インスリン注射を行い、予防としてはバランスのとれた食事と適度な運動で肥満にならないようにすることです。

本当にワンちゃんのコトを考えていたら、ぜひ体調管理まで考えてあげてください。

"糖尿病"のリンク
糖尿病
糖尿病とは、体に余分な糖分が余って起こる病気では決してない。体に必要不可欠な糖分が体(の細胞)に活用されずに起こる、(放置すれば)一命にかかわる病気である…
犬の病気
血糖値をコントロールするインスリンが不足してしまう病気です。遺伝的な体質もありますが、ほとんどの場合、過食、肥満が原因で、すい臓が弱まっていることが原因です…
22:23  |  健康/病気について

2006.04.05 (Wed)

犬の病気:脱毛

気づいてみると、いつもよりワンちゃんの毛が落ちている。

鼻の周りや、お腹のあたりや、背中あたり…場所は様々ですが、一部や時には体全体の毛が落ちてしまった、などという脱毛は、結構な頻度で起こることらしいです。

ところが、犬は全身に毛が生えていますから、少しくらいの脱毛があっても、気がつかないことがあります。
また、脱毛は通常ゆっくり進行します。そのため、約30%の毛が抜けてはじめて、脱毛に気づくことが多いようです。

こうした脱毛の原因は、皮膚病やストレスなどです。

特に、皮膚病に関連していることが多いようです。
つまり、痒いから掻いてしまう→脱毛が起こるというわけです。

また、脱毛の部位によっても原因は異なるようです。
背中の脱毛の原因は、ノミアレルギーの可能性が高く、この背中の脱毛症状は非常に多いケースです。

全身まんべんなく脱毛がみられる場合は、カビ(真菌)などによる皮膚病の可能性が高く、左右対称に体の側面が脱毛している場合は、ホルモン性の皮膚炎の可能性が高いです。

こうした皮膚病になった場合、すぐに獣医に診せるべきです。
皮膚病は最も多い病気といわれています。早めに手を打ってあげましょう。

また、こうした痒みが悪化する大きな原因は4つあります。
皮膚が乾燥していること
環境の温度が高く乾燥していること
生活に変化がなく、犬が退屈していること
ストレスのために不安定な状態にあること
です。こうしたことが原因で、掻いてしまうわけです。
いかがですか?ワンちゃんがこうした環境に置かれていませんか?

逆に言えば、改善するには、こうした事柄を避ければいいわけです。
また、ノミなどを繁殖させないために、キレイにしてあげることも重要です。たとえば、ノミ取りシャンプーなどの使用です。
ワンちゃんのユーカリシャンプー【WELFARE SHOP あんずぱぱ】ユーカリシャンプー

大事なことは、できるだけ早く原因を取り除いてあげることです。
環境の改善など、早くとりかかってあげることが大切です。
こうした"治療"は、飼い主さんの観察や協力が不可欠です。

大事な家族であるワンちゃんの健康を、できるだけ早く取り戻してあげましょう。

"脱毛"リンク
皮膚病に関する最新情報
皮膚病は、犬の病気のなかで最も多い病気です。心臓、肝臓、腎臓などのように、皮膚も1つの臓器と考えれば、皮膚こそ最大の臓器です…
犬の病気 Tinker bell
愛犬の病気は飼い主の責任!犬は人間のように話すことが出来ません。体のどこかが痛くても、苦しくても、飼い主に言葉で訴えることは出来ないのです…
22:06  |  健康/病気について
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。