2006年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.11.29 (Wed)

脂肪腫のサイト集

犬の病気:脂肪腫』でも脂肪腫については書きましたが、やはり実際に見てみないと、どんなものかはよく分からないものです。
 
ですので、以下に具体的に画像付きのサイトを示させていただきました。自分自身、どのサイト様も、非常に勉強になりました。

レオの脂肪腫
・[サイト説明]脂肪腫の状態や術後の様子などが画像付きで書かれており、非常に参考になります。

Milkyの脂肪腫
・[サイト説明]脂肪腫の状態や術後の様子などが、しっかりと経過を追って、画像付きで書かれており、非常に参考になります。特に、術後に傷口が開いてしまったときの対処法なども掲載されており、他の手術でも気をつけなければならない点が分かります。

脂肪腫と白内障
・[サイト説明]多くの疾患について、どのような症状か、そしてその対処法はどのようにしたらいいのか、詳細に掲載されていて、非常に参考になります。

身体編
・[サイト説明]脂肪腫を発見したときのことが、画像付きで掲載されています。
スポンサーサイト
12:39  |  健康/病気について

2006.11.28 (Tue)

犬の病気:下痢便の状態は?

 ワンちゃんの下痢については、「下痢でまず考えること(犬の病気) 」、「犬の病気:下痢」でも書きましたが、下痢をした場合、まずはその下痢便の性状が重要です。

 以下に便の状態から、どんな病気が考えられるのか書いてみました。動物病院にかかるときも、こういったことをしっかりと獣医さんにつたえることで、診断がつきやすくなります。

 ちょっと抵抗がありますが、しっかりと観察してください。これも、ワンちゃんのためです。

便の性状
1)未消化のエサが大量に見られる下痢の場合は、消化不良の疑いがあります。消化のしやすい食べ物にするか(市販ペットフード)、量を減らすなどしてあげてください。

2)粘性のあるやや悪臭のある下痢の場合、寄生虫、細菌や微生物感染の疑いがあります。寄生虫の場合、虫卵がみえたりします。

3)鮮血が混じる下痢の場合、急性の大腸炎、直腸や肛門に原因があると思われます。動物病院で診察をうけましょう。

4)チョコレート色の便が混じる下痢の場合は、胃や十二指腸に原因があると考えられます。
(というのも、胃や十二指腸で出血すると、ヘモグロビンが胃酸で酸化されるために、赤色から茶色へ変化するわけです。ですので、胃や十二指腸よりも下の部位で出血すると、酸化されずに鮮やかなままになります)

注意!]特に、子犬がトマトジュースのような血便をしたら、恐ろしいパルボウイルス感染症の疑いがあります。すぐに、動物病院へ連れて行ってください。
16:56  |  健康/病気について

2006.11.28 (Tue)

下痢でまず考えること(犬の病気)

犬の病気:下痢でも書きましたが、ワンちゃんの下痢の原因もさまざまです。

たとえば、食べ物が原因であったり、ウィルスや寄生虫、環境のストレス、体質などです。

では、その原因を探るのに、どのようなことを考えたらいいのでしょうか。そのことについて書いてみたいと思います。

まず考えること
以下に、チェックリストをあげてみました。まずは、これらの項目について調べてみてください。

1)変なものを食べませんでしたか?(散歩の時の拾い食いや、食べ慣れないものを与えなかったか、思い出してみてください)

2)食事の量はどうでしたか?多すぎたりしてませんか?

3)牛乳を飲ませたりしていませんか?(牛乳に含まれる乳糖を分解するラクターゼが少ないワンちゃんに下痢が起こります)

4)何か薬を与えていませんか?(薬の副作用)

5)何かストレスを感じさせるようなことはありませんでしたか?(環境の変化や、いつも騒いでいる、などの興奮した様子はありませんでしたか?)

これらの原因を調べて、思い当たる節がなかったら、へ進んでみてください。

下痢の期間はどうですか?
 一過性の下痢なら、問題となるケースは少ないと思います。
 また、下痢をしているにもかかわらず、普段と変わらず元気そうで、食欲もあるなら、一過性の下痢だと考えられます。

 ですが、食欲もなく、元気もないなら、問題です。すぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。

原因不明で、下痢を繰り返す。
 こういった場合は、体質や環境による原因などが考えられます。こうした場合、獣医さんに相談し、アドバイスをいただいたほうがいいかと思います。一度、動物病院へ診せにいきましょう。  
16:42  |  健康/病気について

2006.11.24 (Fri)

狂犬病の予防について

 最も重要なポイントは、
狂犬病は、発病後の死亡率はほぼ100%で、治療法はない」ということです。

 そして、もう一つのポイントとしては、
ワクチン接種によって予防が可能」という点です。

 予防可能なのは、ヒト以外の哺乳類でも同様ですので、そのため日本では狂犬病予防法によって、ワンちゃんの登録とワクチン接種が義務化されています。

 ちなみに、国内では1950年に狂犬病予防法が施行されて、ワンちゃんの登録とワクチン接種の義務化、徹底した野犬の捕獲によって1956年以来、犬、ヒト、共に狂犬病の発生はありません。

 国内での感染が確認されなくなって以降、日本で狂犬病が発症した事例は3件で、ともに海外での感染です(2006年、フィリピンで受傷した男性が、国内で発症したことは、記憶に新しいことかと思います)。

「発症したワンちゃんは最近いない(つまり、感染経路がない)んだから、ワクチン接種しなくても大丈夫なんじゃ?」
 と思われるかも知れませんが、犬に限らず狂犬病に感染している動物がペットとして海外から日本へ持ち込まれる可能性は常にあります。 
 
 また、狂犬病ワクチンの接種率は近年、低下しているそうです。

 ですので、ポイント
毎年1回、かならずワクチン接種」を忘れないようにお願いします。 
00:03  |  健康/病気について

2006.11.23 (Thu)

狂犬病とは

狂犬病とは
 狂犬病は、狂犬病ウイルスを病原体とするウイルス性の人獣共通感染症です。

 毎年世界中で約5万人の死者を出しています(!)。
 水などを恐れるようになる特徴的な症状があるため、恐水病(または恐水症)と呼ばれることもあります。家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病の一つです。

 『狂犬病』という名前からは、「ワンちゃんだけの病気」と考えられがちですが、狂犬病ウイルスはヒトを含むすべての哺乳類に感染します。ですので、イヌだけではなく、ネコ、アライグマ、スカンク、キツネ、コウモリなどから感染することもあります。

 感染した動物の咬み傷などから、唾液と共にウイルスが伝染します。(空気感染はしないことが確認されています)。

発症するまで
 咬み傷から侵入した狂犬病ウイルスは、神経系を介して中枢神経に到達して発病します。つまり、咬み傷-->脳へとウィルスが到達することが発病の経路です。

 その感染の速さは、日に数mmから数十mmと言われています。
 したがって、顔を噛まれるよりも足先を噛まれるほうが処置の日数を稼ぐことが可能となるわけです。
 脳組織に近い傷(顔など)ほど潜伏期間は短く、2週間程度です。遠位部(腕や足)では数か月以上、きわめてまれには7年という記録もあります。

症状について
【前駆期】
 風邪に似た症状のほか、咬み傷にかゆみ、熱感などがみられます。

【急性期】
 不安感、恐水症状(水などの液体の嚥下によって嚥下筋が痙攣して、強い痛みを感じるため、水を極端に恐れるようになる症状)、興奮、麻痺、精神錯乱などの神経症状が現れます。その2日から7日後に【昏睡期】に至り、呼吸障害によって死亡します。
23:44  |  健康/病気について

2006.11.20 (Mon)

カルシウムについての栄養学

 カルシウムが、人間でも重要な栄養素であることは言うまでもないことですが、もちろん、ワンちゃんにとっても、カルシウムは必要不可欠です。

 ですが『どのくらい摂取したらいいのか?』とか、『どういう点について注意したほうがいいの?』などについて、疑問に思いませんか?以下に、カルシウムについての栄養学について、これらのことについて書いてみたいと思います。

不足の問題
 カルシウムの欠乏症は、手作りの食事を与えている家庭で問題になりやすいそうです。

 たとえば、お肉中心のペットフードや白米などの食事を与えている場合など、カルシウム含有量が非常に低く、反対にリン含有量が非常に高いという、犬にとってたいへんアンバランスな食事になってしまっています。
 結果的に、骨の成長を非常に少ないカルシウムでサポートすることになります。ということで、子犬の場合は成長が阻害されてしまいますし、骨格がもろくなってしまうわけです。

過剰摂取の問題
 カルシウムの摂取量が少ない場合にも、骨粗鬆症などの問題が起こりますが、一方で過剰摂取も問題になります。
 実は、吸収したカルシウムは、腎臓で排泄されます。常に過剰なカルシウム状態(高カルシウム血症)にあると、腎臓に負担がかかるという結果になります。
 また、高カルシウム血症になると、結石ができやすくなってしまいます。

 ですから、与えすぎるのも問題だ、ということも心に留めておいてください。

ペットフードの成分表、ご覧になったことはありますか?
 市販のペットフード(小型~中型犬用)は、だいたい1.2 ~1.4%になっているはずです。ですが一方で、大型、超大型犬の仔犬の場合には、骨障害(カルシウム過剰摂取による)を予防するためには、カルシウム量は0.8%程度に軽減しなくてはならないそうです。

 データ的には、大型、超大型犬の仔犬に最高量のカルシウム (2.5% 以上)を給与すると、骨の発育および 軟骨疾患のリスクが高まります。 一方で、0.55%以下のカルシウム量では、大型・超大型犬の仔犬に対しては丈夫な骨を形成するには低すぎるそうです。

 ですので、ワンちゃんの体の大きさによって、しかも大型犬の方がカルシウム過剰が問題になってしまう、という逆説的な点について、考えなければならないということです。

 カルシウムに関して重要なのは、バランスのとれたペットフードを食べて、太陽の下で(ビタミンDが活性化されて、カルシウムの吸収率を上げます)、元気よく走り回る(運動で骨の強度を上げます)、ということです。
00:30  |  健康/病気について

2006.11.19 (Sun)

しつけの心構え

「何度いい聞かせても、言うことを聞いてくれない・・・」
といった嘆きや、

「私のしつけの仕方は、これであってるのかしら?」
といった不安なども、ワンちゃんのしつけには付きまといがちです。

では、どういった心構えやスタンスで、しつけに臨めばいいのでしょうか?今回は、そのことについて書いてみたいと思います。

ほんの数分(数回)のしつけで覚えてくれるワンちゃんなんていない
 たとえば、トイレのしつけでも、ほんの数回おしえただけで、覚えてくれるワンちゃんなんて、ほとんどいません。
 ですがそれは、当然のことではないでしょうか。
 だって、人間の子供だって、何度もトライ&エラーを繰り返して、次第に学んでいきます。

 ですから、まずは『長い目でしつけをする』というスタンスで臨んでください。

飽きたら、とりあえず止めましょう
 しつけは、生活する上で重要で役立つものですし、コミュニケーションの時間ともなりますが、ワンちゃんにとっては、やはり『お勉強の時間』であることに変わりないのではないでしょうか。
 学校や塾で、何時間も勉強させられ、辟易とした経験は、飼い主さんにもあるのではないでしょうか。
 
 ですから、『ワンちゃん(飼い主さんも)が、しつけに飽きたら一端止めて、また別の機会に』という気楽なスタンスが重要です。

生活の中で、しつけの機会を逃さない
 一度にまとめて、「しつけの時間」を作るよりは、日常の中でしつけをする、という方法のほうが、成功しやすいように思います。これは、やはり上にも書きましたが、飽きにくい、という点がこちらの方法の良い点だからだと思います。
 TVのCMの合間でも良いと思います。こうした機会を利用して、できるだけ復習を繰り返すようにしましょう。

日頃からコミュニケーションをとるようにしましょう
 もちろん、日頃からしっかりとコミュニケーションがとれている関係のほうが、しつけが上手くいくのは言わずもがなです。
 コミュニケーションがとれていない『父親と娘』の間で、しつけが上手くいくなんて、思えませんよね?

 ですから、日頃からしっかりと遊んだりして、しつけの前の下地を作っておきましょう。
23:50  |  犬のしつけ

2006.11.15 (Wed)

家具を噛んでしまって壊す

 留守番の時に多いかも知れませんが、部屋のいろんな物を噛んでしまう・・・テレビのリモコンやソファーの端、テーブルの角やPCやゲーム機ののコードなんかまで噛んでしまうこともあります。コードの場合は、電流が通っている場合は非常に危険ですし、火災の危険性もあります。

 こういった行動を、やめさせる方法について、以下に書いてみたいと思います。

咬んでもよいものを与える
 好奇心いっぱいの子犬は、ニオイを嗅いだり、舐めたり、かじってみたりすることで、それがおいしいものか、楽しいものか、危険なものかなどを学んでいきます。
 また、生後3~6カ月頃は乳歯から永久歯の生え替わりの時期で、噛むことで乳歯を抜けやすくする、という意味もあります。

 そこで、噛んで良い物と悪い物の区別をしっかりとさせましょう。
 大切な物をかじられても、慌てず冷静に「ダメ」と言って、物を取り上げてしばらく無視します。
 その代わり、犬用のオモチャなどで遊んでいるときに、たっぷりとほめてあげます。こうした区別を、しっかりとつけさせて上げてください。

あまり長く退屈させないようにする
 留守番中など、やはり暇な時間が長いと、ついつい噛んでしまうようです。そこで、留守番をさせるときは、外出前に犬が夢中になれるオモチャを与えます。
 たとえば、骨ガムやデンタルコットン、特殊ゴムでできたコングなどがおすすめです。


カルボーン
良質な牛乳タンパク質を使用した、カルシウムたっぷりの骨型ガムです。一本で一日に必要なカルシウムを補うことができます。


デンタルコング
噛む度に歯垢が取れ、また、歯茎を鍛えます。ワンちゃんのストレス解消にも最適。
19:15  |  犬のしつけ

2006.11.15 (Wed)

犬の抱き方

 小型犬でよくある光景ですが、散歩の途中に疲れてしまって、ワンちゃんを抱っこしなくてはならなかったり、ちょっと移動する・・・こうしたとき、どのようにワンちゃんを抱っこしてますか?
 
 もちろん、ワンちゃんが嫌がらず、安定性の高い抱き方には、色々な格好があるかもしれませんが、以下ではワンちゃんを抱くときのポイントについて書いてみたいと思います。この方法なら、中型犬くらいまでなら、抱っこできます。

まず、ワンちゃんの両脇の間に手を入れます。

次に、前足を肩や左腕の辺りにおかせて、左の腕と手の平で腰の重みをしっかりと支えます(つまり、ワンちゃんとは向かい合うような格好になります)。

右手は犬の肩や背中の辺りに軽く添えて、暴れたりしたときに備えます。

注意
ワンちゃんを抱っこするときは、決して仰向けにしないでください。嫌がることが多いです。特に胴長のダックスやコーギーなどは、腰を曲げて抱くと、腰に負担がかかって痛めてしまうことがああります。

 また、子犬の場合は、さらに注意するポイントがあります。以下のような点に注意して下さい。

 子犬を抱き上げるとき、立ったままいきなり持ち上げるのは、子犬にとってストレスです。そこで、子犬を抱き上げるときには、しゃがんで一旦膝のうえに抱いてから静かに立ち上がるようにしましょう。

急に持ち上げるのではなく、まずは膝の上でタオルにくるんで抱きましょう。

人の赤ちゃんのようにお腹を上に向けて抱かれるのは、とても不自然な姿勢ですので、嫌がることが多いです。

両手で前後の脚をかかえ込むように、犬が地面にたっているままの姿勢で抱くようにしましょう。そして、優しく、しっかりと安定性をもたせるように注意してください。
18:42  |  犬との生活での注意点

2006.11.11 (Sat)

犬の高齢化~老化を遅らせるには~

 一緒に暮らしているとわかりにくいと思いますが、ワンちゃんも確実に年をとっていきます。
 ですが、人でもそうですが、早く老け込んでしまう人もいれば、いつまでも若々しい人もいます。
 それは、ワンちゃんでも言えることです。

 つまり、年をとらないことはできませんが、ワンちゃんの老化を遅らせることは可能です。そこで、以下にその工夫について書いて見たいと思います。

できるだけ「頭」を使う工夫
 老化が進むと、目や耳などの機能が衰え、刺激が乏しくなってしまいます。こうした機能が不自由になると、「生きる張りあい」が乏しくなり、ますます老化や痴呆が進んでしまいます。
 そこで、高齢なワンちゃんをいたわり、手厚くケアすることはもちろん大切ですが、生活には刺激も必要です。過干渉になりすぎないよう、愛犬が自分でできることはなるべくやらせてあげるようにしてあげてください。

散歩にできるだけ連れて行ってあげましょう
 足腰は弱ってしまいますが、だからといって散歩も控えがちになってしまいますと、余計に機能が衰えてしまいます。
 また、少しの時間でも散歩に出て外の空気に触れることは気分転換になり、とてもよい刺激になります。歩けなくなってしまっても、だっこしたりベビーカーに乗せたりして、散歩させてあげるだけでもリフレッシュや刺激になります。

スキンシップを大切に
 できるだけスキンシップをとりましょう。飼い主の愛情がこもったふれ合いこそが、最もワンちゃんにとって嬉しい刺激です。

激しい運動よりは、知的な遊びを
 子犬のように飛び跳ねる遊びよりは、できるだけ頭をつかった遊びを取り入れましょう。たとえば、飼い主さんの命令通りに動けたらご褒美をあげる、などの条件付けを取り入れた遊びをするといいかもしれません。
10:36  |  健康/病気について

2006.11.11 (Sat)

犬の高齢化~食事で気をつけたいこと~

 高齢なワンちゃんになると、人と同じように歯石や歯の摩耗で、歯周病が増えたり、歯が抜けることもあります。
 また、消化管の働きが悪くなってしまい、消化機能が落ちてしまいます。

 そこで、「犬の高齢化のサイン」で書いた項目に当てはまったワンちゃんの場合、次のようなことを試してみてください。

硬いドライフードが苦手になったら
 「ドッグフードの選び方」でも書きましたが、半生フードやウェットフードなどを与えるといいでしょう。
 また、硬いドライフードなどは、チキンスープ(ササミやムネ肉が良いです)でふやかすと、消化に負担がかからず、水分補給にもなります。

消化の働きを考え、ご飯の回数を増やす
 子犬の時と同じように、食事を小分けにしてあげると、消化の働きを助けることができます。一度に多くを与えるよりは、小分けのほうが消化しやすいのです。

食器の位置にも注意
 食器の置き方については、少し高さのある場所に置くといいです。というのも、頭を下げる角度が減って、食べやすいからです。

必要なカロリーを計算して、肥満にさせないように
 高齢犬になると、運動量も減り、必要なカロリーは減っていきます。そこで、しっかりと必要なカロリーのみを与えるようにしましょう。カロリー計算については、「犬のダイエット!必要なカロリー計算」を参考にしてみてください。
10:17  |  健康/病気について

2006.11.11 (Sat)

犬の高齢化のサイン

 ワンちゃんも人と同じように、年齢を重ねていきます。

 その当たり前のことが、一緒に長く暮らしているとわかりにくいものです。ですが、年をとっていくにつれて、飼い主さんがワンちゃんのお世話をするときに、気をつけることも変わっていきます。

 そこで、まずはワンちゃんの老化のサインについて以下に書いてみたいと思います。

年齢による目安
・小,中型犬では6~7歳
・大型犬では5~6歳

 から始まります。
 一見「まだ老化なんて・・・」と思っていても、この頃から、体に少しずつ変化がみられるようになるので、年齢にあったケアに徐々に切り替える必要があります。また、老化をくい止めるための対策を講じることが大切ですので、しっかりと以下のようなチェックポイントについて調べて見てください。

老化のサイン
[]
眼球が白っぽく濁ってませんか?
[]
耳が遠くなり、呼びかけや音への反応が鈍くありませんか?
[]
歯が抜けてませんか?
口臭がきつくなってませんか?
[]
毛づやが悪くなったり、口や鼻のまわりに白髪が出てませんか?
[足腰]
起きあがるときの動作が重そうで、歩くときに足腰がふらついてませんか?
段差につまずいてませんか?
[行動]
動きが鈍くなったり、不活発になってませんか?

 これらのことが当てはまる場合は、老化の徴候がみられているかもしれません。ウチのワンちゃんでは、縁側の段差を登れなくなったことで、気づきました。

 では、「高齢犬のケアはどうしたらいいの?」ということについては、次回に書いてみたいと思います。
09:58  |  健康/病気について

2006.11.09 (Thu)

散歩の催促で吠えてしまう

 散歩は、ワンちゃんにとって非常に大きな楽しみの一つです。ですので、「散歩に連れてって!」とワンちゃんの気持ちが高ぶって、催促のために吠えてしまうことがあります。

 特に、決まった時間に散歩に行くご家庭の場合、その時間になると吠えだしてしまう、ということが多いようです。
 そんなとき、どうしたらいいのかを以下に書いて見たいと思います。

散歩の時間をズラしましょう。
 毎日、散歩の時間がきっちり決まっていると、ワンちゃんが学習してしまい、時間が来ると吠えて「散歩に連れてって!」と要求してしまいます。
 うるさくて「ご近所迷惑だから・・・」と思って散歩に連れて行くと、ワンちゃんは「吠えたから=散歩に連れて行ってもらえた」と勘違いしてしまい、ますます時間がくれば吠えるようになっていきます。

 ですが、ワンちゃんとの根比べで、吠えていても散歩に連れて行かない、と思ってみても、やはりご近所さんの手前、そうも言ってられません。

 ですので、時間になると吠えるクセがついているのならば・・・
先手を打って吠える前に、散歩へ!
 こうすることで、吠える=散歩という関連づけを離せます。散歩の時間は厳密に何時と決めなくても、だいたい何時頃と決めておき、たまには時間をランダムにずらしてもよいでしょう。
17:16  |  犬のしつけ

2006.11.09 (Thu)

犬のお留守番でのポイント

 留守番が苦手というワンちゃんは、結構いるようです(ウチを含めて)。いたずらや、そそう、吠えてしまうなど、留守番中のトラブルは困りもの。

 ですので、飼い主さんの留守番中にどのようにしたら、そういうトラブルが減るのか、以下にポイントを書いてみたいと思います。

外出前に、できるだけ散歩へ
 散歩に行って体をたっぷり動かしていれば、心地よく昼寝してくれたり、エネルギーがありあまってイタズラする、といったことが減ります。また、外でフンをしてくれれば、家で粗相の心配が減ります。

サークルやハウスでの時間に慣れさせる
 サークルやハウスに慣れていれば、リビングなどでひとりぼっちでいるよりも、そこで落ち着いて留守番できるようになります。また、留守番中のイタズラも防ぐことができます。

普段の「音」を流しましょう
 家の中が静まりかえっていると、外の物音に敏感になって、ワンちゃんは反応して吠えてしまうことがあります。そこで、普段聞こえている音楽やラジオ、テレビなどの音が聞こえていれば、外の音もさほど気にならなくなります。
 無駄吠えでお困りなら、普段、どんな音が流れているのか考えておいて、その音を留守中に流してあげましょう。

 このような簡単な工夫で、ワンちゃんはお留守番が得意になったりします。いろいろ試してみましょう。
17:01  |  犬との生活での注意点

2006.11.09 (Thu)

子犬の甘噛みをやめさせる方法は?

 子犬と遊ぶのは、本当に楽しくて、時間を忘れてしまうくらいではないでしょうか。飼い主さんの手や足にジャレついて、本当に可愛らしく動き回る姿は、本当に癒されます。

 ですが、そのときに甘噛みをしていませんか?

 実は、目の前で飼い主さんの手がヒラヒラと動けば、それはワンちゃんにとって、非常に魅力的なオモチャなのです。

 子犬といえど歯があたると痛いので、大げさに引っ込めたり、声を出したりすれば、動かないオモチャよりも、人の手足のほうが、楽しくなってしまいがちです。

 甘噛みを放っておくと、かむことを覚えてしまうので、子犬のうちにやめさせておくほうが得策です。そんなとき、どうしたらいいのか、以下に書いてみたいと思います。

ワンちゃんが手や足を噛んだら、極力リアクションしない
「痛い!痛い!」などと、騒ぎ立てると、ワンちゃんは「んん?ご主人様がなんか楽しそうなことをしてる!」と思ったり、「ご主人様の手がヒラヒラしてて、なんか面白い!」と思って、余計に噛んできます。ですので、極力リアクションしないようにします。

甘噛みしたら、目を逸らしてワンちゃんを無視します
 「噛む」と「遊んでもらえない」ということをワンちゃんに教えます。そのために、ワンちゃんが甘噛みしたらすぐに無視しましょう。20~30秒ほど目を逸らして、興奮している場合などは席を立って、姿をみせないようにします。

しばらくたったらまた遊び、噛んだら無視の繰り返し
 一度や二度では、ワンちゃんは分かってくれません。そのため、「噛む」と「遊んでもらえない」ということを教え込みます。分かってくれるまで、根気強く教えてあげましょう。

・・・方法は、この3ステップだけです。
物事を覚えやすい、子犬のうちに、しっかりと教えてあげてください。

16:49  |  犬のしつけ

2006.11.05 (Sun)

くしゃみがひどい場合、どうしたらいいの?

 くしゃみがひどい・・・立て続けに10回近くも、くしゃみをしているということが、ウチのワンちゃんでもありました。
 最初は、「風邪かな?」くらいにしか思いませんでしたが、食欲や元気はあるし、鼻水も出ていない・・・「はて、どうして?」と思い、動物病院に診せに行くと、抗アレルギー薬を処方されました。

 そのうち、ぴたりと止みました。動物病院の先生によると、どうやら鼻の粘膜が弱っていたようです。その上、気温の変化が激しかったため、くしゃみがでてしまっていたようです。
 他にも、くしゃみにはいろんな原因が考えられます。以下のようなことが原因になっていないか、チェックしてみてはいかがでしょうか?

ウイルスや細菌感染
 子犬の頃(3ヶ月頃に特に)に多いそうです。ウイルスや細菌感染によって、くしゃみが起こります。
 ちょうど3カ月前後は、母犬からもらった免疫(胎盤や母乳によって抗体をもらいます)の力が弱くなっています。ですので、こういった感染が考えられるわけです。
 また、ワクチン接種の回数が少なければ、ウイルス感染を十分防ぐことができないことも考えられます。

鼻の粘膜が弱くなって、刺激に弱くなっている
 ただ単に、鼻の粘膜が弱くなっていることも考えられます。
 鼻の粘膜が弱っていれば、ウチのワンちゃんのように、気温の変化などだけでくしゃみをすることもよくあります。
 ただし、飼い主さんがよく香水をつけていたり、ヘビースモーカーの場合は、それらのニオイや煙で、鼻の粘膜を刺激して、くしゃみを引き起こしている場合もありますので、ご注意ください。

アレルギー性鼻炎
 ハウスダストやダニのフンなどの抗原を吸い込むことで、それらにアレルギー反応が起こります。ご存じの通り、人でも起こりうるものです。
 こうしたものの対策としては、できるだけ抗原となるハウスダストなどを吸い込ませない、つまりはいつもきれいに掃除をしていたり、ダニなどの温床となる絨毯やカーペットの上で生活させない、などの対策が必要になります。
 また、場合によっては、動物病院などで、抗アレルギー薬を処方していただく、などの治療が必要になることもあります。そう言った場合は、しっかりと先生にご相談しましょう。

 単にくしゃみ、といっても、原因はいくつか考えられます。しっかりと原因を考え、できるだけワンちゃんのために環境を整えてあげてください。

 
14:20  |  健康/病気について

2006.11.03 (Fri)

夜鳴きを止めさせる方法

 子犬が家にやってきてから、楽しい毎日がやってくる!と思いきや、1週間ずっと夜鳴きが止まらない・・・。昼間は静かにしてくれてても、夜中に必ず鳴くのでは、飼い主さんも堪らないし、ご近所にも迷惑とお考えになるでしょう。

 昼間はケージの中でもおとなしく寝ているのに、夜、電気を消すと鳴き暴れるというケースが多いのではないでしょうか。
 
 この「夜泣き」を止める方法について、以下に書いてみたいと思います。

まずは、ポイントですが、
「鳴く=飼い主がやってくる」というワンちゃんの思いこみを断ち切りましょう。
・・・ということに尽きます。

 そして、「静かにしている=褒められる」ということを教えあげましょう。では、その方法はといいますと、以下の通りのことを試してみてください。

まず、ワンちゃんをケージに入れ、飼い主さんが隠れて様子を見る(みつからないように注意。ワンちゃんが気づいていれば、以下のことが無意味になってしまいます)。

そこで騒がず静かにしていれば、姿を見せてほめてあげます。鳴いたり、吠えたりして騒いでいる間は、ワンちゃんが諦めるまで、とにかく無視!です。

なかなか鳴き止まなくても、そのうちに、一瞬でも鳴き止む時が来ます。その時に、すかさず褒めてあげてください。

上記の3ステップを繰り返してください。これを何度も繰り返し、姿を見せない時間を少しずつ長くしていきます。

・・・以上です。ぜひお試し下さい。
 また、「飼い主への依存」が原因ではなく、ストレスが原因の時があります。
 散歩で発散させたり、構って上げる時間がすくなかったりしませんか?そのときはその原因を取り除いて上げてください。


21:46  |  犬のしつけ

2006.11.02 (Thu)

家庭に合った犬選び

 ワンちゃんを飼う上で、重要なのはオス・メスといった違いの他に、「犬種を選ぶこと」があります。
 実は、犬種によってある程度の性格が分かります。もちろん、個体差があるので、一概にはいえませんが、参考程度にはなります。

 「可愛い~」とペットショップで衝動買いしてしまう気持ちは分かります(経験談)。ですが、その前にワンちゃんを飼う環境や、家族構成などの家庭環境をしっかりと考慮しましょう。その上で、十分に検討して決定するようにしましょう。

 では、その家庭環境による犬種の選び方について書いてみたいと思います。

性格の荒い犬種はNGな家庭
 たとえば、子どもがいる家庭やお年寄りのいらっしゃる家庭では、できるだけ穏やかな犬種を選びましょう。たとえば、
<性格の穏やかな犬種>
 ポメラニアン、フレンチ・ブルドッグ、マルチーズ、パセット・ハウンド、ヨークシャー・テリアゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバーなどのレトリバー種、アメリカン・コッカー・スパニエル、コリーなど 
 また、やはり大型犬は力が強いので、できるだけ小~中型犬が望ましいと思われます。リードを強く引っ張られるなどのことが起こると、やはりお年寄りには危険です。
 こうした一般的に性格の穏やかな犬種を選びましょう。

夏に高温となる地方に住居がある家庭
 高温となりがちな地方では、室内犬でクーラーの効いた環境で飼う、といったことをお考えでなければ、寒い国出身の犬種は避けたほうが良いでしょう。
 たとえば、シベリアンハスキー、アラスカンマラミュートなどは特に暑さに弱いため注意が必要です。

ロングヘアーにご注意
 ブラッシングなどのお手入れに、あまり時間を割けない忙しい飼い主の方には、毛の短いがおすすめです。
 長い毛のワンちゃんは、毛が細く絡まりやすいので、毛玉を防ぐためには毎日のブラッシングと、定期的なシャンプーが必要です。
 また、喘息のご家族がいらっしゃる場合は、できるだけ長い毛のワンちゃんは発作の原因となってしまうことがあるので、ご注意下さい。
21:03  |  犬を迎える準備

2006.11.02 (Thu)

飼うならオス?メス?

 人でいえば、「男らしさ」「女らしさ」というものが、ワンちゃんにもあるのでしょうか?人でいえば、それらは決定的な違いですが、ワンちゃんに関しても、それはいえることなのでしょうか?
 答えは、もちろん「YES」です。オス・メスを両方飼ってみて、やはりそれを実感しました。いうなれば「オスらしさ」「メスらしさ」というものでしょうか。これは、やはり決定的な違いです。

 では、その違いというものがあるとすると、どちらが飼い主さんに都合がいいのでしょうか?それは、やはり飼い主さんにとって違います。以下に、オス・メスの一般的な特徴を書いてみます。もちろん、すべてのワンちゃんにとって言えることではありませんが、ご参考になさってみてください。

男の子の特徴
・一般的に、同じ犬種だったらどちらかというと、体格はオスのほうが大きい傾向がある。

・性格としては、オスは活発で、縄張り争いにみられるような攻撃性をもつ。

・放浪する傾向が強いのはオス。

・縄張りを確認するためのマーキングを行ったり、発情期にあるメスの匂いで遠吠えをしたり、暴れたりすることがある。

・周期による機嫌や体調の変化が少ない。

女の子の特徴
・子犬のいる時期を除いてはオス犬より大人しいといわれている。

・メスの方が比較的早く性格が落ち着くと言われている(ただし、オスより気が強いワンちゃんが多いと言われています)。

・メスは、母性的な愛情を求めたり、与えたりする傾向が強い。

・オスよりも人なつっこく、言うことを聞いてくれるため、訓練は楽であると言われている。

・メスに特徴的な生理的変化として、発情出血がある。この際、エストロゲンが分泌されるので、「食欲がない」「神経質になった」「暗くて狭い所を探して巣作り行動をしている」などの行動が見られます。

・学習能力に関しては、オス・メスにあまり差異はないとされています。

・・・などです。
 一般的に、メスの方が飼うのが楽だという飼い主さんが多いように思います。ですが、活発なオスの良さもあります。

 一概にはどちらが飼うのに良いとは言えませんが、飼い主さんはこれらの特徴をふまえた上で、どちらを飼うのか、ご考慮下さい。
20:33  |  犬を迎える準備
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。