2007年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.08.02 (Thu)

患者の死を予知するネコ"オスカー"

医学誌「New England Journal of Medicine」7月26日号にこのネコについてのエッセイを発表した同センターの医師David Dosa博士によると、オスカーは普段はあまり人になつかないが、患者が死亡する1~2日前になるとその部屋に興味を示し始める。ベッドの上で丸くなり、患者に鼻をすり寄せることもよくあるという。患者のほとんどは末期の認知症であるため、オスカーの存在を理解しているかどうかは定かではないが、動物がそばにいるという事実は患者にとって慰めになっているに違いないという。

オスカーのこの特殊な能力は、患者の家族にも重要な意味をもつ。医師は患者の死が近いことはわかっても、それがいつなのかはおおよその予測を伝えることしかできないことが多い。しかしオスカーが来てからは、死の時期を正確に家族に伝えることが容易になったという。オスカーは最期の瞬間もわかるようで、患者が死亡するとすぐにその場を去っていく。施設の壁には、オスカーの才能を認め地元の機関から贈られた記念板が飾られている。

動物がヒトにはない不思議な能力をもつことについては、これまでにも十分な証拠が示されている。Dosa氏は「感染症や癌を検知する動物について耳にしたことがある」と語っている。ジョージア州のイヌ訓練施設Canine Assistantsでは、イヌにヒトのてんかん発作を予知させる訓練をしており、中には100%の正確さで発作を予知するイヌもいるという。発作が起こりそうになると、イヌは患者の手をなめたり、発作が引き起こす痙攣によるけがを防ぐために、患者の体の上に静かに乗ったりするという。同施設のJennifer Arnold氏によると、発作を予知するメカニズムは不明だが、嗅覚による可能性が高いという。
(患者の死を予知するネコ"オスカー")


セラピードッグや介助犬など、福祉的な役割を果たすワンちゃんは多く、もはや欠かせない存在となっています。ですが、犬や猫などの人間の生活スペースに近い存在であるペットには、他にもさまざまな能力が眠っているのかも知れません。

「死を予感する」というちょっと怖い能力ですが、とても重要な役割をになっている「オスカー」。どうして分かるのかはわかりませんが、"旅立とう"としているお年寄りの慰めになっている猫が存在しているそうです。

「猫は死に際になると、飼い主の元を離れる」とは聞きますが、どうやら逆に、「死の淵にある人に寄ってくる」ということのようです。

猫の嗅覚は、犬には劣るものの、嗅細胞数は人の2倍、嗅ぎ分ける能力は数万~数十万倍あると言われ、いろいろなものを嗅覚を使って判断しています。猫が飼い主や身の回りのものにスリスリと体をこすりつけるのも、実は自分のニオイをつけて安心するためだそうです。もしかしたら、嗅ぎ分けているのかも、とも思われます。人には見えていない、「何か」が見えるのかも知れません。

何はともあれ、大活躍のオスカー。これからも、癒しの存在となって欲しいと思われます。
スポンサーサイト
21:49  |  ペットニュース

2007.08.02 (Thu)

今度はニセ医薬品…でんぷんでワクチン

中国黒竜江省の公安当局はこのほど、蒸留水とでんぷんなどで偽の医薬品を製造、販売していたグループの15人を拘束した。実在する製薬会社の印章も偽造しており、被害は中国各地の53社の製品67種に上るという。中国紙、人民日報が31日までに伝えた。

容疑者はでんぷんなどの安い材料を使い、狂犬病ワクチンや消炎剤と称する偽の医薬品をつくり、各地で販売していた。警察は容疑者の自宅から、偽のワクチンや注射液など3万本余りを押収した。

同グループが製造した偽医薬品は一部で実際に使用されており、黒竜江省当局は関係機関に通知を出し、偽医薬品を使わないよう呼び掛けている。
(今度はニセ医薬品…でんぷんで狂犬病ワクチン)


狂犬病は、狂犬病ウイルスを病原体とするウイルス性の人獣共通感染症(動物も人間も感染します)です。

毎年世界中で約5万人の死者を出しています。
水などを恐れるようになる特徴的な症状があるため、恐水病(または恐水症)と呼ばれることもあります。家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病の一つです。

狂犬病が恐れられているのは、発病後の死亡率はほぼ100%で、治療法はない」とためです。 そして、もう一つのポイントとしては、「ワクチン接種によって予防が可能」という点です。

ですので、ワクチン接種による予防が最も重要です。
ところが、ニセのワクチンが流通してしまっては、元も子もありません。幸い、国内での流通はなかったようですが、医薬品にまで偽造が出回るとは脅威です。

ペットフードでの大量死が問題となったことことからも、安全や安心が揺らぎつつあり、慎重にならざるを得ません。今後は、食品や医薬品も、"出どころ"を調べる必要がありそうです。
21:33  |  ペットニュース
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。