2007年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.12.19 (Wed)

愛犬の命を救ってくれたクリスマスの奇跡

以下は、ザ!世界仰天ニュースで取り上げられていたニュースです。

1996年12月20日コロラド州ウエストミンスターに、ペンキ職人のスティーブと妻ダイアン、それに長男ドレイクを含め3人の男の子と、長男ドレイクが生まれる直前に、お祝いとして生後数週間でスティーブ家にやって来た愛犬ジャックがいた。スティーブ家は、貧しいながらも幸せな生活を送っていた。

そしてクリスマスまであと4日の、12月21日朝6時に突然の悲劇が起こった。長男ドレイクと一緒に寝ていたはずの愛犬ジャックがいなくなった。これに気付いた長男ドレイクは、うめき声のする方へ行くと、愛犬ジャックが戸棚の壁を苦しそうに前足でひっかいていた。また、愛犬ジャックは血便していた。この異様な物音に気づいた家族が次々と起き、直ぐにかかりつけの獣医に電話したが通じない。そこでスティーブは、電話帳で動物病院を探し始めた。すると『アルペン・アーボー病院』が受け付けてくれる事になった。そして、スティーブ夫婦と長男ドレイクが、愛犬ジャックを連れて病院へ駆け込んだ。

病院は、たった一人の獣医ブライアン・マッキーがきりもりしていた。マッキー医師が愛犬ジャックを診察したところ、血便と歯茎に血色が無く重体である事を直ぐに読み取った。だが、詳しい検査をしなければ、何が原因か分からない。そこでマッキー医師は、スティーブ夫婦に検査に400ドルかかる事を告げた。それは、スティーブの収入が少なかった一家にとって重大な問題だった。しかし、家族同然の愛犬ジャックを救う為、検査を依頼。そして検査の結果、重度のすい臓炎と判明。実は、隣の家が庭の害虫駆除を行っていて、愛犬ジャックは、それを誤って口にしてしまったと思われた。そして愛犬ジャックは、大量の吐血をし、これはすい臓炎を起こした犬の末期症状だった。これに対して唯一の治療法は、輸血と抗生物質を投与するしかないが、助かる見込みは低かった。さらにその治療には、1500ドルもかかる。そこでマッキー医師は、家族に安楽死を勧めた。だが、長男ドレイクを初め家族は、安楽死を受け入れる事は出来ない。それでもスティーブ家にとって、1500ドルという金額がどれだけ厳しいものか想像がつき、どうしていいか分からなかった。

そこでマッキー医師は、ある提案をした。それは愛犬ジャックを譲ってもらい、マッキー医師の愛犬として処置し安らかに天国へ送り届けようという事だった。もちろん治療費や検査費は一切いらない。この提案をスティーブは、受け入れ長男ドレイクに説明した。長男ドレイクは、初め納得しなかったが愛犬ジャックの為ならと覚悟をした。そして、長男ドレイクは今まで一緒に遊んでいた時、使っていたボールを愛犬ジャックの側に置いて病院を出た。12月22日、クリスマスが目の前だというのにスティーブ家は沈んでいた。

家族になって7年、ジャックがいて幸せだった。共に喜び共に生きる。ジャックも静かに見つめていた…悲しみに沈んだままクリスマスは近づく…「ママ…サンタさんは、悲しいことがあった子の所へ来てくれるんだよね。僕の所にきて…僕のお願い聞いてくれるかな…」ドレイグの願いに母ダイアンは言葉が出なかった。「神様、お願いです。サンタさんに伝えてください。プレゼントはいりません。だから…僕にジャックを返して下さい。良い子になります。だからジャックを返してください。」

愛犬ジャックと別れて3日後の12月24日、クリスマスイブはスティーブ家にとってどこか寂しさが残った。皆でクリスマスケーキを食べていても全く楽しくなかった。
その時、家の外で音がした。妻ダイアンが外の様子を見ようとドアを開けると、そこには元気な愛犬ジャックがいた。愛犬ジャックは、長男ドレイクに抱きついた。そして愛犬ジャックの奥には、マッキー医師がいた。もう助からないと言われていた愛犬ジャックに一体何が起きたのか?

実は、愛犬ジャックにあう血液が病院には無く、全く集まらなかった。実は…医師がジャックを苦しみから開放しようと決めたあの時…愛犬エイミーが診察室を訪れたときこの犬の血液型は?と調べてみた。輸血できるかどうか確率は低い。しかし…奇跡が!エイミーの血は、ジャックと一致した。直ぐにエイミーから愛犬ジャックへの輸血が行われ、愛犬ジャックには抗生物質の投与が続けられた。そして、その後の治療も成功しジャックは完全に回復したのだ。再び、元気な姿でドレイクの元へ。笑顔の戻った家族に医師も本当に嬉しそうだった。聖なる夜に帰ってきたジャック。純粋な家族の思いが医師を動かし、奇跡を起こした。


農薬中毒とは、農薬を原因物質とした中毒をいいます。問題となる農薬の種類としては、殺虫剤である有機リン、カーバメイトや除草剤であるパラコートやダイコート、グリホサート、グルホシネートなどがあります。

国内でもこうした犬や猫といったペットの中毒死が起こっています。昨年起こったケースでは、わざと置かれたエサにメソミルが混入されており、兵庫県と鹿児島県で中毒死する事件が報道されています。体重10kgの犬は、0.5gを食べれば半数以上が死んでしまうことになり、非常に危険な薬物です。

中毒の症状としては、一般的に突然激しい嘔吐や下痢、痙攣発作などが起こります。また、虚脱や昏睡の状態になって、動けなくなってしまうこともあります。

毒性があると思われる物質に皮膚あるいは眼などがふれた場合には、大量の水で洗う必要があります。また、動物が飲めば、水を多く飲ませたり、飲んでから時間があまり経っていなければ、吐かせることも必要と思われます(ただし、強酸性やアルカリ性のものでは、吐かせると余計に食道などを傷つける恐れがあります)。

吐かせるには、食塩をスプーン1~7杯くらいまで、舌の上にのせて飲ませる方法があります(ただ、これは緊急避難的な方法であり、実際は動物病院にすぐに診せにいくことが重要です)。

実は、こうした農薬などだけでなく、身近なものでも中毒が起こる可能性があります。たとえば、タマネギやチョコレート、アサガオの種子やシクラメンの根や茎を食べてしまうことでもおこります。

上記のケースでは、奇跡的とも言える巡り合わせで助けることが出来ました。大切な家族の一員であるワンちゃんがこうした目に遭わないように、是非とも注意してあげることが重要であると思われます。
スポンサーサイト
23:57  |  ペットニュース

2007.12.12 (Wed)

はたらく犬の姿

犬は、人間の手によって作り出された動物群であるといわれています。最古に家畜化されたと考えられる動物であり、現在も、ネコと並んで代表的なペットまたはコンパニオンアニマルとして、広く飼育され、親しまれています。

それ以外にも、番犬や救助犬、介助犬、セラピー犬など、人との暮らしの中で非常に大きな関わりを持っています。以下のニュースのように、多くの役割を担っています。
NEW
「マリと子犬の物語」-船越英一郎さんが共演犬との別れに涙

老犬が行方不明の認知症女性温めて救助

ソフトバンクのCM犬 実は2匹だった

ソフトバンクCMの「お父さん」犬 好感度はトップだけど…

患者の死を予知するネコ"オスカー"

セラピードッグとは:あの名犬「チロリ」が銅像に

これがホントの「イヌのお巡りさん」?

「空気中のにおいかぎ分ける」特殊捜査犬

「著作犬」がマレーシアで大活躍 
18:46  |  ペットニュース

2007.12.11 (Tue)

「マリと子犬の物語」-船越英一郎さんが共演犬との別れに涙

8日、日劇PLEXで実話をベースにした感動作、映画『マリと子犬の物語』の初日舞台あいさつが行われ、船越英一郎、松本明子、高嶋政伸、小林麻央、宇津井健、広田亮平、佐々木麻緒、主題歌を歌う平原綾香、そして猪股隆一監督が登壇した。

主演を務めた船越は「スタッフ、キャスト全員で力を合わせ、何よりマリと新潟の皆さんが情熱を込めてくれた作品」と大熱弁。「お知り合いはもちろん、すれ違う見知らぬ人にも宣伝してください」と作品への思い入れを語った。そんな船越は、壇上で少しソワソワしている柴犬のいち(マリ役)を落ち着かせようと、優しくなでたり、抱きしめたりと愛情たっぷり。その様子に、登壇者だけでなく、映画を観終えたばかりの観客たちも、人間と犬とのきずなを再確認していた。

この日は映画の初日であったが、船越にとっては、マリを演じた柴犬と過ごす最後の日となった。撮影はもちろん、キャンペーンで全国各地を一緒に旅した“共演者”との別れは、船越にとっても相当悲しい思いがあったようだ。観客を前にした舞台あいさつで、その悲しみをこらえていた船越も、その後マスコミ向けに行われた囲み取材では、急にこみあげるものがあったのか、目から大粒の涙が。「この1か月は妻よりも一緒に過ごしていたし、毎日キスもしてました。これからも山古志の皆さんには頑張ってほしい」と語る船越の言葉からは、人々の心の支えとなったマリへの感謝、そして、被災地復興への願いが伝わった。

『マリと子犬の物語』は、2004年の新潟県中越地震で被災した旧山古志村(現長岡市)を舞台に、母犬が3匹の子犬を懸命に守ろうとする姿と、それに励まされる人々を描いた感動作。物語のモデルとなったマリは、今も元気だそうだ。
(船越英一郎「妻よりも一緒に過ごし、毎日キスしていた」)


『マリと子犬の物語』のあらすじは、以下のようなものとのことです。

新潟県山古志村に住む仲良し兄妹、亮太と彩。母親は病気で亡くなり、父親と祖父の4人家族だった。ある日、彩は原っぱで捨て犬を拾う。父親が犬嫌いのため、一度は諦めようとするが、彩はひとりぼっちの子犬を見捨てる事ができない。父親も彩の優しい心に負け、一家で飼う事になった。マリと名づけられた子犬はすくすくと成長し、ある日、子犬を3匹産んだ。家族が増えて彩と亮太は大喜び。そんな時、山古志村を悲劇が襲った…。


新潟県中越地震が起こり、彩と祖父・優造が倒壊した家の下敷きになってしまうという事態に陥ります。。マリは必死に倒壊した家の中から2人を助け出そうと頑張るが、マリの力ではどうすることも出来ない…。

自衛隊が救助に来るまでの間、彩と優造のそばを離れず守り続けたマリだが、救助隊のヘリにマリたちを乗せることは出来ず、マリと子犬たちは村に取り残されてしまいます。取り残されたマリたち親子、そして避難所では、マリたちの生存を願う家族の姿がある、という大筋だそうです。

実話がベースであり、災害に翻弄されてしまう人々の様子がまざまざと描き出されているようです。初日舞台あいさつでは、前のお客さん達に気後れしたのか、少し横を向いてしまったりしましたが、船越さんがなだめるようにして、前を向かせていました。映画の中でも、こうした"コンビ愛"のようなものが観られるでしょうか。
19:49  |  ペットニュース

2007.12.11 (Tue)

犬などのペットにキスは危険?人獣共通感染症

ペットは家庭の一員ということだが、話しかけたり、おなかをなでたりはいいとしても、ペットにキスまでする人もいる。これに対し米国の専門家は、絶対してはいけない、と警鐘を鳴らしている。

「犬の唾液は人間の唾液よりも清潔だ。犬が傷口をなめて消毒しているのは、唾液に抗菌作用があるからだ」と愛犬家は言うが、米カンザス州立大学の専門家は、「それはでたらめだ。犬の唾液には様々な細菌が含まれている。決して傷口を犬になめさせてはいけない」と反論している。

またコロラド州の獣医も、「犬はお尻や傷口をなめるので、犬へのキスは、重大な病気に感染する恐れがある。特に乳幼児には注意が必要だ」と語っている。
(愛犬にキスは危険)


動物と人間が共通に感染する病気を「人獣共通感染症」といいます。
最近では、室内犬が増え、ベッドをともにするなど、犬との関係がより親密になっているので、病気が犬から人に感染するケースが増えているそうです。

たとえばブルセラ症があります。これは、B.canisと呼ばれる細菌が原因で起こります。人では発熱や関節痛など非特異的な症状を示します。

潜伏期は1~3週であり、通常急性の熱性感染症で悪寒、発汗、頭痛、全身痛があり、リンパ節の腫脹、肝脾の腫大のほか特別な所見は少ないとされています。診断がつかぬまま経過をみると、1~2週の発熱後に1~2週の平熱期をくり返すため波状熱の名前で呼ばれることもあります。

他にも、回虫症があります。これは、回虫の卵や幼虫が口から人の体に入ることで感染します。症状としては、食欲不振、倦怠感、最悪の場合は脳炎や失明の危険性もあります。健康な成人ならば発症することはほとんどありませんが、免疫力が落ちているときや、子どもや高齢者は要注意です。

こうした感染症は、ペットとのキスで感染する恐れがあります。やはり、いくら可愛くても節度あるかわいがり方をする必要がありそうです。
00:38  |  犬との生活での注意点

2007.12.10 (Mon)

犬飼育施設の開所式 横で住民たちが抗議 

犬の飼育施設への持ち込みをめぐり、動物愛護団体「アーク・エンジェルズ」と住民が対立している滋賀県高島市で9日、施設の開所式と犬の譲渡会があり、住民らは抗議デモをした。

住民らはふん尿による土壌汚染の可能性と騒音被害を主張。10月には犬を搬入しようとした団体と約8時間のにらみ合いになった。その後話し合いが重ねられたが、団体が11月末から約50頭を搬入した。

アーク・エンジェルズの林俊彦代表(60)は「ふん尿の問題は浄化槽の設置で解決できる。持ち込みに問題はない」とし、一方、住民代表の大森六己市議は「騒音問題は残っており、活動を続けたい」としている。
(犬飼育施設の開所式、横で住民ら抗議デモ)


8万6千匹……この数字は、2006年度の保健所施設で処分されてしまった犬の頭数です。
ペットブームと表裏一体の数字ですが、この問題の背景には安易にペットを飼い、そして捨ててしまう飼い主の存在があると思われます。

上記ニュースのように、集められたワンちゃんはこうした過程を経ているように思われます。
今年の10月にも、「アーク・エンジェルズ」は、伝染性の皮膚病に感染した犬約60匹の飼育を計画し、一部をワゴン車2台で飼育施設に搬入しようとしたそうです。

これに対し、環境悪化などを理由に飼育に反対している住民約200人が、座り込んでバリケードを築いて阻止する騒ぎがありました。海東英和市長も加わり、警察官約40人が警戒する中、約8時間にわたって両者のにらみ合いが続いた後、車は引き返したそうです。

もちろん、住民の方々の主張も分かります。衛生面での問題や、鳴き声といった騒音問題も起こってくると危惧することから、反対なさっているのではないかと思われます。ですが、ペットたちには罪はないはずです。命を奪われてしまう前に、新たな飼い主を捜すといった方策をとることが望まれます。
23:25  |  ペットニュース

2007.12.08 (Sat)

老犬が行方不明の認知症女性温めて救助

茨城県東海村の認知症の女性(73)が5日朝から行方不明になり、約30時間後に、自宅から約5キロ離れた同県ひたちなか市の公園近くで無事保護されていたことが7日、分かった。茨城県警ひたちなか西署によると、発見された女性の傍らには体長約1メートルの老犬が、ぴったりと寄り添っていた。女性は、氷点下の屋外で一夜を過ごしたとみられ、同署は「犬の体温で凍死せず助かったのではないか」と話している。

同署によると、女性は5日午前7時半すぎ、自宅から姿が見えなくなり、同署と消防団が捜索。女性は薄手のセーターにジャンパーの軽装だった。6日午後1時ごろ、公園近くの空き地で犬と一緒にいるのを通りかかった男性が見つけ署に連れて行った。女性は「全然寒くなかった」と話しているという。

犬は黒と白のまだら模様で雑種のオス。首輪があり、女性は飼い主ではないが、ひざの上に乗るなどよくなついていたという。水戸地方気象台によると、ひたちなか市に隣接する水戸市の5日夜の最低気温は氷点下2.2度だった。
(老犬が行方不明の認知症女性温める 氷点下の屋外で)


まるで雪山救助犬のような話ですね。救助犬は、11世紀頃にスイス、イタリア国境付近のグラン・サン・ベルナール峠で、犬を訓練して雪山での多くの遭難者を助けたのが救助犬の始まりだと言われています。

この峠に、トンネルが出来る1964年まで、代々育成されてきた救助犬たちは、少なくとも2,500人の遭難者を救助したそうです。救助犬たちは、樽に詰めた食料や気付け薬を遭難者へ送り届けました。

なかでも有名な救助犬としては、バリーという名の犬がいます。1814年にオオカミと間違えられて射殺されてしまったという悲劇の最期を遂げていますが、バリーは生涯で40人以上の遭難者を救助したそうです。

ちなみに、救助犬として用いられたのは2世紀頃にローマ帝国の軍用犬としてアルプス地方に移入された大型犬です。後に、この大型犬は峠での活躍にちなんで「セント・バーナード」(サン・ベルナールの英語読み)と命名されたそうです。
15:53  |  ペットニュース

2007.12.08 (Sat)

ソフトバンクのCM犬 実は2匹だった

ソフトバンクによると、CMは、電通のCMプランナー、澤本嘉光さんらのチームが制作した。澤本さんは、実は、犬へのゆかりが深い。毎日新聞の土曜日夕刊に「犬と私の10の約束」という連載小説を書いており、脚本を共同執筆した同名の映画が08年3月15日に公開されることになっている。

毎日の11月14日付記事によると、澤本さんは、幼いころに北海道の母親の実家を毎夏訪れては、飼われていた雑種のベルを可愛がった。「久しぶりに会うとほえて。でも、すぐに思い出し、クゥンクゥン鼻を鳴らして喜んでくれた」。中1になってベルはどこかへいなくなってしまったが、白戸家の犬をどことなく連想させる。澤本さんは、もちろん父親が犬の姿に変わる理由を明かしていないが、記事の中で、「深くは考えなかったけど、犬は説教したり相談相手になってくれる気がして。お父さんが犬だったらいいなと思った」と振り返っている。

白戸家の犬は、寒さに強く狩猟などに使われる北海道犬。すると、澤本さんが北海道時代を懐かしんで選んだのだろうか。ソフトバンク広報室では、「お父さんのように威厳のある白い犬をと、動物プロダクションで探していて白羽の矢が立ちました」と説明する。

CMが設定する犬は1匹ということになっているが、実は2匹を使い分けている。オスのカイとメスのネネの兄妹によるダブルキャストだ。おっとりタイプのカイはゆっくりほえ、男勝りのネネは激しくほえる場面で、それぞれ登場する。ともに、NHK朝の連続テレビ小説「天花」やTBSのドラマ「里見八犬伝」にも出演しているタレント犬だ。
(ソフトバンクCMのホワイト犬 「お父さん」になった理由)


現在、CM好感度ランキングにて、白い犬がなぜか"お父さん"という不可解な設定がウケているCMがトップになっているそうです。人気犬といえば、チワワのくぅーちゃんがお馴染みかも知れません。当時、チワワが一躍人気になり、ペットショップでも人気でペットブームの火付け役ともなりました。

ですが、「お父さん」である北海道犬は、ペットショップにCMを見ての問い合わせはほとんど来ていないそうです。市場での人気は今ひとつで、相場も3~5万円程度だそうです。決して高くはないのではないでしょうか。

現在は、室内で飼いやすい小型の愛玩犬(トイプードルやテリア系など)に人気が集中しており、北海道犬はあまり人気がないようです。北海道犬は全く知名度がない上に、性質、身体能力が高く心も強い犬。ですので、生半可なしつけでは怖いと感じることもあり、少々手強いそうです。

このCMを期に、人気がでると良いですね。
15:38  |  ペットニュース
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。