2009年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.01.25 (Sun)

愛犬に見つめられて、愛情ホルモン「オキシトシン」増加?

見つめ合うと素直におしゃべりできる? 愛犬に見つめられると、相手への信頼感やきずなを強める働きのあるホルモン「オキシトシン」が飼い主の体内で増加することを、麻布大と自治医大の研究グループが確認した。

オキシトシンは、ほ乳類の母子関係や夫婦のきずな形成に関係する“愛情ホルモン”とされるが、異種間での作用が確かめられたのは初めて。「見つめる」という行為がオキシトシン増加を招くことについて永沢美保・麻布大助教(比較認知科学)は「『目は口ほどに物を言う』と言われるが、人間と犬の間でも視線が重要なのだろう」と話している。

研究グループは、55組の飼い犬と飼い主で実験。室内で1組ずつ、30分間触れ合ってもらい、実験前後の飼い主の尿に含まれるオキシトシンの濃度を測定した。

すると、事前アンケートで犬との関係が「良好」と判断された飼い主13人では実験後に濃度が大きく上昇したが、「普通」の42人では変化がなかった。良好群の実験後の濃度は、普通群の約1.5倍と高かった。

良好群の実験を撮影した映像を分析すると、犬が「遊ぼうよ」と飼い主を見つめたのをきっかけに交流した回数が多いほど、実験後の濃度が高くなっていた。
(愛犬に見つめられ愛情ホルモン増加)


「見つめ合う」という行為だけでなく、ワンちゃんと親密な状態にある必要もあるようです。要は、「愛おしく思っている」といった気持ちが重要なようです。

「異種間での作用が確かめられたのは初めて」とのことですが、ワンちゃんに向けられた愛情も、人間の赤ちゃんなどの子供に向けられる愛情も、その深さや性質に違いはあまりないのではないか、という考えなら、この結果に納得がいくようにも思われます。

ですが、あくまでもこの結果は「オキシトシンが増えていた」というものです。それがすなわち、「愛情ホルモンが出ている」というのは、まだ難しい段階ではないか、と思われます。

そもそも、オキシトシンとは、以下のようなものを指すと思われます。
スポンサーサイト
19:36  |  ペットニュース

2009.01.24 (Sat)

カツラをつけた犬と猫たち

ウィッグをつけた、とても可愛らしいワンちゃん、ネコちゃんたちの画像集です。


ウィッグをつけるだけで、何だか表情も違って見えるのが不思議です。オシャレに見えるものから、何だか「毛糸を乗っけているの?」というような画像まで多くのものがあります。

上の画像は、何だか和んだのでお借りしました。こうした画像が掲載されているのは、以下のサイトです。
23:08  |  ペットニュース

2009.01.24 (Sat)

日本での犬種ランキング-トップはチワワ

アニコム損害保険(東京都新宿区、小森伸昭社長)は22日、昨年4~12月に同社のペット保険に加入した0歳犬を対象に集計した「人気犬種ランキング」を発表した。1位はチワワで、同社が集計を始めた平成12年から不動の首位を維持していたミニチュア・ダックスフンドを抑え、初めて。

「チワワ」は、テレビCMに登場して話題になり、最も小さな種類の犬として人気が高い。室内でも気軽に飼育でき、日本の住宅事情に適していることも魅力という。


一方、最近では携帯電話CMの「お父さん犬」として一躍人気者となったのは北海道犬だが、ベスト10入りは遠かった。日本犬ではシバイヌが4位を維持しているものの、総じてランク外の苦戦が続いている。

また、体重10キロ未満の小型の混血犬が初めて5位に入ったのが目立っている。同社によると、2種類の純血犬の特徴を合わせ持ち、これまでの「雑種」と呼ばれる混血犬よりも、見た目がユニークで愛らしく、「ハーフ犬」と呼ばる混血種の人気は今後も続くという。小型犬人気、室内飼育の傾向が高まっているといえる。

■人気犬種ランキング2009 ※( )内は昨年順位

・1位(2)=チワワ
・2位(3)=トイ・プードル
・3位(1)=ミニチュア・ダックスフンド
・4位(4)=シバイヌ
・5位(-)=混血犬(体重10キロ未満)
・6位(7)=ポメラニアン
・7位(5)=ヨークシャー・テリア
・8位(6)=パピヨン
・9位(8)=ミニチュア・シュナウザー
・10位(9)=フレンチ・ブルドッグ


(人気犬No.1はチワワ ダックスフンドから初の奪首)


愛犬団体の米国ケネルクラブが発表したランキングでは、ラブラドール・レトリバーがトップだったそうです。そのラブラドールが、日本のトップテンには入っていない、というのも興味深いところです。

日本では、その住宅事情もあってか、やはり小型~中型犬が人気のようです。とくに室内で飼えるチワワ、トイプードルなどが人気のようですね。

ちなみに、アメリカでの2位以降の犬種は、以下の通りです。
15:53  |  ペットニュース

2009.01.22 (Thu)

人気犬種ランキング-トップはラブラドール

愛犬団体の米国ケネルクラブが発表した同国での純血種の犬の人気ランキングで、ラブラドール・レトリバーが18年連続首位になった。同団体は声明で、ラブラドール・レトリバーについては昨年、ほかの犬種の2倍以上となる10万匹余りの新規登録があったとしている。


2位は、4万2,000匹近い登録があったヨークシャー・テリア。これに、ジャーマン・シェパード、ゴールデン・レトリバー、ビーグル、ボクサー、ダックスフンドの順で続いた。
(米人気犬種ランキング、ラブラドールが18年連続首位)


「ラブラドール」という名前は、カナダ・ラブラドル半島に由来するそうです。ですが、もともとこちらの島の原産ではなく、ニューファンドランド犬との誤解を避けるため、後年イギリスのブリーダーによりラブラドールと名付けられた、というのが名前の由来だったそうです。

漁業関係の作業を手伝う犬として生み出されたそうです(網の牽引や、網から脱落したニシン・タラの回収など)。そこから、現在は盲導犬や介助犬などに活躍しています。

その性格は、以下のようなものがあるそうです。
22:30  |  ペットニュース

2009.01.12 (Mon)

「お家に入れて!」と頑張る犬

何とかお家に入れてもらおうと奮闘するワンちゃんの動画です(ネタ元:らばQさん)。

どうやら、庭で飼われているのかな?というワンちゃん。何とか家の中に入れてもらおうとします。

ダッシュして窓ガラスにぶつかるのは、もはや当たり前といった感じです。犬が一度画面から消えた後…果たしてどうなったのかは、以下の動画でご確認下さい。

しかしながら、いつかは窓ガラスが割れてしまわないか、不安です。
00:25  |  犬のある動画

2009.01.11 (Sun)

セラピードッグ-名医?ジャスティンのお話

名医ジャスティン 奇跡を起こすセラピードッグ (介護ライブラリー)ドッグセラピーとは、治療を目的として、医療や福祉の専門職が、訓練を受けた犬と協力して行う動物介在療法のことである。著者は医療・福祉施設を営む医師で、6年半前、日本で初めて本格的なドッグセラピーに取り組んだ。本書はその心温まる記録であり、今後の動物セラピーへの貴重な資料ともなっている。

本書の主人公は、アメリカ生まれのセラピードッグ、柴犬のジャスティンだ。気弱で臆病な性格だが、弱った人を見極める力がある。ジャスティンに寄り添われるうち、指が少しずつ動くようになった慢性関節リウマチの女性。脳梗塞を患った男性も、一生動かないといわれていた左腕が動くようになった。ほとんど寝たきりだった認知症の女性は、ジャスティンと過ごす穏やかな日々の中で、一時は自力でトイレに行けるまでに回復した。

もちろん、著しい成果が得られる症例ばかりではない。しかし、著者の運営する施設では、ジャスティンらセラピードッグが介在することで、自ら「元気になりたい」と変わっていった人は少なくない。著者自身、リハビリが必要になったり認知症になったときは、ジャスティンのような「名医」がほしいときっぱり言う。スタッフとの試行錯誤の日々、そして犬と対象者との心温まるやりとりが生き生きとつづられる、感動のノンフィクションである。
(奇跡を起こすセラピードッグ 名医ジャスティン)


アニマル・アシステッド・セラピーといって、動物を介在させることにより症状の安定化をはかる療法などがあります。

たとえば、アルツハイマー病の患者さんなどにおいて試みられている治療です。その原理としては、動物を介したコミュニケーションの充実や癒し効果があるといわれています。また、こうした効果は、介護をする側にも役立つと考えられています。

上記のように、急速に著しい回復などを求めたりすることは難しいかも知れませんが、動物と一緒にいたりすることで、その癒しを得ることができると思われます。中でも、ドッグセラピーとは以下のようなものを指すようです。
17:30  |  ペットニュース

2009.01.11 (Sun)

メッツの新球場オープニングが待てない犬?

米プロ野球チーム・ニューヨークメッツの新スタジアムが建設中で、完成を待ちわびる人が多い中、一匹の犬が話題となっている。

このメスの犬、数日前から新球場「シティ・フィールド」周辺をさまよっている姿を目撃されており、水曜日に動物管理局員が保護するために同球場を訪れた。局員らを見つけると、犬はまだ建設中のスタジアムの中へ逃げ込み、ホームプレート上を走り回り、一塁へダッシュしたかと思うと客席に飛び込んだ。

局員らが捕まえると、最初は暴れていたがすぐにおとなしくなったという。関係者はこの犬にジャッキーとのニックネームを付け、マンハッタンの施設で保護している。早ければ土曜日にも里親が見つかるかもしれない、と施設関係者は話す。
(犬、メッツの新球場のオープニングが待てない!?)


このワンちゃんには、飼い主がいないようです。ですが、このようなニュースになると引き取り手が出てくるのも不思議なものです。現に、道路で轢かれてしまった犬を救おうとした犬がいましたが、そのワンちゃんも「引き取りたい」という申し出が結構な数になったそうです(動画は以下)。
17:12  |  ペットニュース

2009.01.01 (Thu)

犬に噛まれている姉を助けた、弟の驚くべき行動

カナダ・アルバータ州レッドディア市。姉弟(10歳と8歳)が犬に噛まれてしまうというケースがありました。火曜日の午後4時30分に、アレン通りの公園でソリで遊んでいました。そのとき、犬が姉弟に接近して、彼女を噛み始めてしまいました。


犬種は、ハスキー犬でした。その犬が10歳のお姉さんをかみ続けていました。それを見た8歳の弟がとった行動とは、以下のような驚くべきものでした。
22:31  |  犬との生活での注意点
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。