2009年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.06.21 (Sun)

ペットの葬儀トラブル-依頼するときの3つの注意点

ペット葬儀トラブル増加 正しい業者の見極めを

ペット霊園と同様に最近増えているのが、火葬炉を搭載した車でペットの「訪問火葬」を行う移動火葬業者をめぐるトラブルだ。全国の消費生活センターには「広告料金より高い金額を要求された」「1体だけと言っていたのにほかと一緒に火葬された」「引き取ったペットを供養せず、行政などへごみ処理として横流ししている」などの相談が寄せられている。

こうした事態を受けて昨年1月、移動火葬業者が「日本ペット訪問火葬協会」(東京都世田谷区)を設立。現在は8社が加盟しており、利用者が安心してサービスを利用できるための情報提供などを行っている。理事長で、ペット葬儀会社「ジャパンペットセレモニー」(同)代表の藤本政光さんは「悪質業者をなくすため、何らかの法的規制は必要。ただ、宗教行事とのからみもあり、規制だけで解決できないことも多い」と指摘する。

どこまでを悪質とするか線引きが難しいケースも少なくない。「以前、ハムスターのお骨が前に利用したときは真っ白だったのに、今回は黒ずんでいた」との相談が寄せられた。火葬時の炉の温度が関係しているとみられるが、ペットの種類や焼却炉によってお骨の状態は異なることもあり、一律の基準を設定するのは難しいという。

藤本さんは「核家族化が進む中、ペットの死は子供たちに生や死を考えさせる唯一の機会になっている面もある。葬儀をすることで、ペットを失った悲しみから立ち直る人も多い。大事なペットとのお別れで嫌な思いをしないためにも正しい業者を見極めて利用してほしい」と呼びかけている。


火葬、と一言でいっても、いくつかの方法があります。

まず、大きく分けて合同葬と個別葬があります。合同葬ですが、これは他のペットと一緒に火葬を行います。そのため、遺骨の持ち帰りなどはできません。一方、個別葬は、火葬場で個別に火葬します。

さらに、個別葬の中には、自宅葬や立会い葬などがあります。自宅葬とは、自宅に火葬車が出張して火葬してくれるものです。立会い葬では、ご家族などが立ち会いが可能となります。

また、葬儀サービス会社がペットを対象に運営していたり、寺院等が運営していたりするものがあります。上記のように、施設に向かわず、出張火葬サービスを行ってくれるところもあります。

こうした種類があり、それぞれのご家庭でどのようにしたら良いのか、検討してみることも重要です。そうした時に役立つのがペット霊園・火葬場検索ペット葬儀社検索などのホームページです。こうしたところで調べてみてはいかがでしょうか。


さらに、業者を選ぶ際には、以下のような注意点があります。
スポンサーサイト
15:56  |  ペットの葬儀

2009.06.07 (Sun)

犬と飼い主が似る理由

飼い主と犬とは、どこか似ている。そんなことを、ふと考えることもあるのではないでしょうか。

愛すれば、そっくり―My life with A DOG」という書籍には、 首をかしげた少女とパピヨンの子犬、シーズーを抱いて目尻を下げる初老の男性…など、そんな飼い主さんと犬との類似性にクローズアップした写真が数多く収録されています。

また、ペットフード会社のシーザーはそっくり度を競うコンテストを開催し、上位入賞者の写真は広告にも利用されているそうです。

さて、そんな不思議な関係性について研究されている方がいらっしゃるそうです。
関西学院大の中島定彦・文学部教授(動物心理学)は、その類似性の理由を以下のように話されています。
10:40  |  ペットニュース
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。