2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.26 (Sun)

犬が怖がる雷の音の克服法

夏になると夕立とともに、雷鳴がとどろき、ワンちゃんが怖がってしまって落ち着かない、といったことがあると思われます。その反応が、問題とならないほどならば良いですが、雷恐怖症といった程度になってしまうと、困ったことになります。

雷がみられると、光ったり、激しい雨音など、ヒトよりも感覚の鋭く、「雷」という存在を理解できないワンちゃんにとって、強い恐れとなって記憶されます。

ワンちゃんの雷恐怖症とは


雷が起こると、ワンちゃんは「雷が光ったときの体験時に目に映ったイナズマの映像、激しい雨音・雲間放電のゴロゴロの音などの音、気圧の変化・静電気による体に感じる不快感、匂い」などを覚えています。

そしてその後、雷恐怖症がひどくなると、似たような刺激や環境に遭遇した時に、その恐怖体験が瞬時によみがえっておびえてしまいます。

だいたい、2歳前後のワンちゃんがこうした恐怖症になってしまうことが多いようです。



雷恐怖症の克服法とは

雷恐怖症を克服する方法としては、以下のようなものがあります。
スポンサーサイト
18:29  |  犬との生活での注意点

2009.07.26 (Sun)

犬の健康とエアコン冷房

暑い夏場、ついつい冷房を効かせすぎてしまう…ということは多いのではないでしょうか。ですが、そこで少し考えて欲しいのが、室内犬のワンちゃんの健康管理。エアコンによる冷房が効きすぎると、ワンちゃんにとっても体調を崩す原因にもなります。

また、人には快適でも、ワンちゃんにとっては問題があることも。思わぬ見落としが、ワンちゃんの体調不良の原因となってしまうこともあります。



室内犬で注意すべき点-エアコン


特に室内犬のワンちゃんがエアコンの効いた部屋にいる場合、以下のような点に注意していただければ、と思われます。
17:41  |  犬との生活での注意点

2009.07.26 (Sun)

子犬が社会性をもつために

ある程度、犬は一生を通じて様々なことを吸収できる能力を持っています。ですが、やはりその密度が最大であるのが子犬の時期であり、特に「社会性」をもつには、子犬の内にそうしたことをしっかりと学んでもらう方が良いと考えられます。

犬の社会性


ワンちゃんは、犬同士だけでなく、人の社会のなかで暮らしています。その社会の中で、「やって良いことと悪いこと」「人や他の犬と仲良く過ごす」といったことができるには、社会性が必要となります。

さらに、こうした社会性をもつと、忍耐力がありストレスに強い子が育つと考えられます。そのため、社会性があると、噛み癖や無駄吠えなどの問題行動を起こしにくくなると考えられます。



社会性を持たせるためのしつけ方

社会性を持たせるためには、やはり最適な時期や方法があります。そうしたことは、以下のように説明できると思われます。
17:22  |  犬のしつけ

2009.07.25 (Sat)

犬にとっての散歩の意義

犬にとっての散歩


特に冬場や夏場の散歩は、飼い主さんにとって、できれば勘弁して欲しいものの一つとなっているのではないでしょうか。ですが、そんなことお構いなしに、「散歩に連れてって!」と催促してくるワンちゃんもいるのではないでしょうか。

もしくは逆で、「散歩なんか、行きたくない」というワンちゃんもいるのではないでしょうか。

ワンちゃんにとって、散歩は非常に意義あることです。単に義務的に特定のコースを回るだけでなく、しっかりとそうした意義を考えながら、散歩に臨めば、少しは行く気になってもらえるのではないでしょうか。

犬と飼い主における散歩の意義

ワンちゃんにとって、散歩は心身ともに健康にしてくれ、さらには、しつけや教育の場として役立ちます。その具体的な意味については、以下のようなものがあります。
21:10  |  犬のしつけ

2009.07.25 (Sat)

ドッグランの使用方法と注意点

ドッグランとは


ドッグランとは、特定のスペースの中でリードを外して、自由に運動させたり、遊ばせたりすることのできる場所・施設をいいます。最近では、公園の一角などでそうした場所が確保されており、利用されている飼い主さんもいらしゃるのではないでしょうか。

開放感のあるスペースで、思いっきり羽を伸ばして楽しめる、そんな楽しい時間を飼い主さんとワンちゃんが、一緒になって過ごすことができるのではないでしょか。また、飼い主さん同士、ワンちゃん同士、多くの交流ができると思われます。

ドッグランの探し方

ドッグランのある施設・場所は、ドッグラン都道府県一覧表に掲載されています。ここでお近くの施設を調べてみてはいかがでしょうか。

ドッグラン使用上の注意点

ドッグランの中では、いくつかの守るべきルールがあります。たいていは明文化されて書かれていたりしますが、ワンちゃんのトラブルを避ける意味でも、以下のような点にご注意いただければ、と思われます。
20:51  |  犬との生活での注意点

2009.07.22 (Wed)

犬の効果的な叱り方について

犬のしつけで必要となるのが、「褒める」ことと並んで「叱る」ことがあります。あまりに叱ってばかりでは、飼い主さんを恐れるばかりで、あまり言うことを聞いてくれなくなってしまったり、しつけを嫌がってしまうことがあります。

やはり、褒めることを意識的に多くし、なおかつ犬が望ましくない行動をしたときは、しっかりと叱ることが必要となります。

ですが、体罰をしてしまったりするのは、その場限りの解決にはなっても、後々の飼い主-ワンちゃんの関係を考えると、好ましい物ではないと考えられます。

では、効果的な叱り方とはどのようなものなのか、それを以下に記したいと思います。
17:13  |  犬のしつけ

2009.07.22 (Wed)

犬のほめ方について

私たちであっても、褒められることは嬉しいことではないでしょうか。子供の頃、勉強や運動で良い成績を修めて、褒められば、その褒められたことに関して「もっと頑張ろう」と思ったりしたのではないでしょうか。

それは、ワンちゃんでも一緒です。しつけを行っているとき、褒められればワンちゃんもその気になって、覚えてくれます。しつけでもっとも大切なことは、犬を褒めること、と言ってもいいのではないでしょうか。

人からほめられることは犬にとって大きな喜びになり、ほめられたいからやる気も出てきます。逆にガミガミ怒られてばかりいては、その人を避けるようになります。上手にほめることが、しつけを成功させる重要なポイントです。

では、その「褒める」ポイントとはどんなものなのか、どのような点に注意して褒めれば良いのか、以下のようなことが言えると思われます。
16:57  |  犬のしつけ

2009.07.21 (Tue)

犬の甘噛みのなおし方

子犬の甘噛みでお悩みの飼い主さんは多いようです。
そんな飼い主さんのお悩みを解決してくれそうなサイトがありました。

ペット用品通販サイト「PEPPY」さんの愛されワンコのしつけ教室では動画付きで甘噛みの解決方法が掲載されています。

ここで掲載されている記事では、それぞれのシチュエーション毎に解決方法が紹介されています。

まず、遊んでいると、興奮して噛む場合。
最初から噛むこと自体を禁止するのではなく、強く噛まないように甘噛みの加減を教えてあげることが大切、とのことです。

基本的には、遊んでいて→噛んだ瞬間に「痛い!」と言って遊びを中断。ワンちゃんに、「噛んだら遊んでもらえない」と分かってもらう訓練のようです。噛まれたら(歯を当てそうになっただけでもその瞬間に「痛い!」と言って遊びを中断)過剰反応せず、遊びを中断する、ということを繰り返します。

さらに、フラストレーションが溜まって噛んでしまっているようなケースでは、以下のような方法が紹介されていました。
23:54  |  犬のしつけ

2009.07.21 (Tue)

ペットの葬儀-火葬や供養の方法について

葬儀の方法・注意点
ペットが亡くなったら、どうすべきなのか
ペットを火葬してあげたい、どうすれば?
ペットの葬儀トラブル-依頼するときの3つの注意点
ペットロスについて
23:16  |  ペットの葬儀

2009.07.21 (Tue)

犬の問題行動にも理由が-気持ちを考えて、しつけを

Allaboutの記事で、犬の気持ちを考えて、問題行動を解決するコツについて書かれていました。お話をされていたのは、「ペット心理行動カウンセラー」である佐藤えり奈さん。

「私が取り入れていますのは、日本では初導入となります、ピーター・ネヴィル博士ら考案によるEMRA(Emotional Mood Reinforcement Assessment)テクニックと呼ばれるものです。

これは、犬の行動学を前面に押し出したものというのではなく、まずは、犬の気持ちやムード、精神状態といった心理面を考えるもので、それプラス、行動学の視点からの行動治療を行ない、問題を改善していくというものです」

こうした概念だけを説明されてもわかりにくいですが、具体例的な問題の改善方法について話されていました。

1)感情の診断

「例えば、普段の生活の中で、犬としての欲求が満たされずに、フラストレーションがたまった状態が続いていたとします。それだけでも、無駄吠えとか、何かを破壊するといったような問題行動につながる可能性も大いにあるわけですが、こうしたメンタル面のことは、そのコの性格や年齢、性別、生活環境、飼い主さんの接し方など、いろいろな要素が複雑に絡み合っていることが多くあります」

このように、ストレスやフラストレーションが溜まっている状態、と一言で言っても、多くの要素がそこには絡んでおり、それをまずは把握することが重要なようです。

さらに、以下のような手順で診断は進んでいくそうです。
00:39  |  犬のしつけ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。