2009年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.05 (Mon)

犬のフィラリア予防とは

石野先生のメディカル・リンパマッサージ 究極のスキンシップで愛犬を健康に! [DVD]フィラリア症(犬糸状虫症)とは、蚊によって媒介される犬糸状虫という寄生虫によって起こる病気です。

犬では、心臓や肺の血管に寄生することが多いです。そのため、呼吸器や循環器、あとは泌尿器に障害をもたらすこともあります。

フィラリア症は数年にわたる慢性的な疾患で、初期症状は呼吸器症状である軽い咳が起こる程度です。でも、進行すると、失神、腹水、胸水などの重い症状へ変化します。ただ、急性症(大静脈症候群)となると、慢性経過の途中でフィラリアが移動するために、突然、赤ワインのような色の尿(血色素尿)と呼吸困難・虚脱などの循環不全を主とした激しい症状を示す場合もあります。

フィラリア予防について


フィラリアの予防については、以下のようなものがあります。
スポンサーサイト
22:56  |  健康/病気について

2009.10.05 (Mon)

犬の「伏せ」のしつけ方

NHK趣味悠々 犬は大事なパートナー 上手な飼い方、しつけ方 [DVD]まずは、「おすわり」が出来るようになっていることが前提です。

1)「伏せ」の姿勢を教える


「おすわり」の姿勢から、ビスケットなどやドッグフードで誘導し、伏せの姿勢を教えます。おすわりをしている状態で、鼻先にフードを近づけ、犬の気を引きます。

その手をゆっくり両前足の間まで下ろすと、自然に伏せの姿勢になります。この姿勢ができたら、「エライ」と褒めてドッグフードなどのご褒美をあげましょう。まずは「この姿勢になると、褒められる」といった条件付けを行います。

2)指示との組み合わせ


次に、指示語とハンドサイン(手を下に向ける)でワンちゃん自身に考えさせます。手を下に向け、「伏せ」と指示します。これだけでもできてしまうワンちゃんもいますが、難しいのでわからない場合は、1)に戻り、フードで誘導します。

さらに、後ろ足が立ってしまうようなワンちゃんでは、以下のようなことを行うと良いでしょう。

タグ : しつけ

22:39  |  犬のしつけ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。