2009年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.03 (Tue)

犬が顔を舐めることを止めさせる方法

犬のしつけきちんとブック 「トイレ上手になる」編前記事では、顔を舐めるという行為が、「自分は、あなたよりも弱くて小さな存在です。敵意はありません。エサを下さい」といった意味合いをもっている、ということを書きました(犬が飼い主の顔を舐めるワケ)。

その行為が、決して悪気や敵意ある行為ではないということはおわかりいただけるかと思われますが、その一方で、顔を舐められることは衛生的に問題のあることでもあります。

というのも、犬の口の中にはパスツレラ菌やブドウ球菌、大腸菌といった細菌が生息していると言われています。こうした細菌が人の口腔に近い場所に付着させられる、ということは衛生面での問題を考えざるをえません。また、ワンちゃんはフンをした後、自分でお尻を舐めてキレイにすることがあります。このことからも、やはり顔を舐めさせることはできるだけ止めさせたほうが良さそうです。

では、具体的に止めさせる方法は何かと言いますと、以下のようなものがあります。
スポンサーサイト
01:28  |  犬のしつけ

2009.11.03 (Tue)

犬が飼い主の顔を舐めるワケ

犬、大好き!ドッグズ・ビー・ハッピー! [DVD]犬が飼い主さんの顔を舐める様子は、微笑ましい光景と思われますが、どうしてワンちゃんは飼い主さんの顔を舐めるのか、不思議に思ったことはありませんか?

実は、この行動には「自分は、あなたよりも弱くて小さな存在です。敵意はありません。エサを下さい」といった意味合いをもっています。どうしてそういった意味をもつのか?この行動の意味を考えるには、実は祖先であるオオカミの行動を考える必要があります。

もともと、ワンちゃんの祖先であるオオカミは、親が一度食べて吐き戻した肉を離乳食として子オオカミに与えていたそうです。親のオオカミは、口元を舐められることがスイッチとなって食べたものを吐き戻すようになっているそうです。

まだ生肉を食いちぎることはできないほどの小さな子オオカミは、この大人が半分消化してくれた肉を離乳食として食べる、というわけです。

こうしたこともあり、「エサをください」といった意味合いがあるのではないか、ということがお分かりになるかと思われます。その一方で、「でも、(離乳食を必要としない)成人したワンちゃんでも顔を舐めるよな」と疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、ワンちゃんではこうした離乳食の与え方は、ほとんど既にしていません。

こうした疑問には、以下のように答えることができると考えられます。
01:16  |  犬との生活での注意点
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。