2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.11.11 (Sat)

犬の高齢化~老化を遅らせるには~

 一緒に暮らしているとわかりにくいと思いますが、ワンちゃんも確実に年をとっていきます。
 ですが、人でもそうですが、早く老け込んでしまう人もいれば、いつまでも若々しい人もいます。
 それは、ワンちゃんでも言えることです。

 つまり、年をとらないことはできませんが、ワンちゃんの老化を遅らせることは可能です。そこで、以下にその工夫について書いて見たいと思います。

できるだけ「頭」を使う工夫
 老化が進むと、目や耳などの機能が衰え、刺激が乏しくなってしまいます。こうした機能が不自由になると、「生きる張りあい」が乏しくなり、ますます老化や痴呆が進んでしまいます。
 そこで、高齢なワンちゃんをいたわり、手厚くケアすることはもちろん大切ですが、生活には刺激も必要です。過干渉になりすぎないよう、愛犬が自分でできることはなるべくやらせてあげるようにしてあげてください。

散歩にできるだけ連れて行ってあげましょう
 足腰は弱ってしまいますが、だからといって散歩も控えがちになってしまいますと、余計に機能が衰えてしまいます。
 また、少しの時間でも散歩に出て外の空気に触れることは気分転換になり、とてもよい刺激になります。歩けなくなってしまっても、だっこしたりベビーカーに乗せたりして、散歩させてあげるだけでもリフレッシュや刺激になります。

スキンシップを大切に
 できるだけスキンシップをとりましょう。飼い主の愛情がこもったふれ合いこそが、最もワンちゃんにとって嬉しい刺激です。

激しい運動よりは、知的な遊びを
 子犬のように飛び跳ねる遊びよりは、できるだけ頭をつかった遊びを取り入れましょう。たとえば、飼い主さんの命令通りに動けたらご褒美をあげる、などの条件付けを取り入れた遊びをするといいかもしれません。
【関連記事】
犬の健康/病気について



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
10:36  |  健康/病気について

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/101-ad6d50bd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。