2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.11.19 (Sun)

しつけの心構え

「何度いい聞かせても、言うことを聞いてくれない・・・」
といった嘆きや、

「私のしつけの仕方は、これであってるのかしら?」
といった不安なども、ワンちゃんのしつけには付きまといがちです。

では、どういった心構えやスタンスで、しつけに臨めばいいのでしょうか?今回は、そのことについて書いてみたいと思います。

ほんの数分(数回)のしつけで覚えてくれるワンちゃんなんていない
 たとえば、トイレのしつけでも、ほんの数回おしえただけで、覚えてくれるワンちゃんなんて、ほとんどいません。
 ですがそれは、当然のことではないでしょうか。
 だって、人間の子供だって、何度もトライ&エラーを繰り返して、次第に学んでいきます。

 ですから、まずは『長い目でしつけをする』というスタンスで臨んでください。

飽きたら、とりあえず止めましょう
 しつけは、生活する上で重要で役立つものですし、コミュニケーションの時間ともなりますが、ワンちゃんにとっては、やはり『お勉強の時間』であることに変わりないのではないでしょうか。
 学校や塾で、何時間も勉強させられ、辟易とした経験は、飼い主さんにもあるのではないでしょうか。
 
 ですから、『ワンちゃん(飼い主さんも)が、しつけに飽きたら一端止めて、また別の機会に』という気楽なスタンスが重要です。

生活の中で、しつけの機会を逃さない
 一度にまとめて、「しつけの時間」を作るよりは、日常の中でしつけをする、という方法のほうが、成功しやすいように思います。これは、やはり上にも書きましたが、飽きにくい、という点がこちらの方法の良い点だからだと思います。
 TVのCMの合間でも良いと思います。こうした機会を利用して、できるだけ復習を繰り返すようにしましょう。

日頃からコミュニケーションをとるようにしましょう
 もちろん、日頃からしっかりとコミュニケーションがとれている関係のほうが、しつけが上手くいくのは言わずもがなです。
 コミュニケーションがとれていない『父親と娘』の間で、しつけが上手くいくなんて、思えませんよね?

 ですから、日頃からしっかりと遊んだりして、しつけの前の下地を作っておきましょう。
【関連記事】
犬のしつけ/困ったときの対処法



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
23:50  |  犬のしつけ

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/104-4cea1415

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。