2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.12.02 (Sat)

犬の病気:急性胃炎について

胃炎の分類』でも書きましたが、急性胃炎は、以下のように分類されています。

急性胃炎の分類
 急性胃炎は原因から、
1)急性外因性胃炎
 ・単純性胃炎
 ・薬剤性胃炎
 ・細菌性胃炎
 ・腐食性胃炎

2)急性内因性胃炎
 ・アレルギー性胃炎
 ・化膿性胃炎

 などに分類されます。
 では、まずこれらについてどういったものなのか説明したいと思います。

単純性胃炎とは
 単純性胃炎の原因としてては、食べ過ぎ、ストレス、睡眠不足などです。特に、ドッグフード以外のものを多く与えすぎる、環境の変化などでストレスが多くワンちゃんにかかっている、などの場合によくみられます。

薬剤性胃炎とは
これはその名の通り、薬の副作用で起こる場合です。たとえば、痛み止めなどで用いられるアスピリンや、フェニールブタゾン(ビュート)などでは、胃炎などの副作用が出る場合があります。

細菌性胃炎とは
 これもその名の通り、細菌感染で胃(腸)炎が起こる場合です。O-157などの病原性大腸菌やサルモネラ菌、腸炎ビブリオなどが原因となります。

腐食性胃炎とは
 農薬など強い酸、アルカリ剤の誤飲をすることで起こる胃炎です。食道や胃の穿孔を起こしかねない、非常に危険なものです。また、無理に吐かせようとすると再び食道などを傷めかねません。

急性化膿性胃炎とは
 溶血性連鎖球菌、ブドウ球菌などに感染して炎症が起こった胃炎のことです。とくに、胃の粘膜下層に炎症が起こったものを指します。

アレルギー性胃炎とは
 食べ物に対するアレルギー反応によって起こる胃炎です。どんなものでも抗原となり得ます。原因はさまざまですので、ワンちゃんにとって「合わないもの」をよく観察し、見つけましょう。

 では、これら急性胃炎は、どのようにして治療することができるのでしょうか?治療については、こちら『急性胃炎の治療
【関連記事】
犬の健康/病気について



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
13:28  |  健康/病気について

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/112-64136dc1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。