2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.04.05 (Thu)

予防接種率が低下 室内ペット化で未登録増加

かつて100%近かった狂犬病の予防接種率が低下している。厚生労働省は、すでに50%前後まで落ち込んでいるとみており、「海外からウイルスが侵入すれば危険な状況」と指摘する。飼い主のモラルの低下により、「狂犬病は過去の感染症」とは言い切れない事態となっている。

3月初め、東京都品川区の大井ふ頭。飼い犬を自由に遊ばせることができる広場「ドッグラン」で、10頭ほどの犬が走り回っていた。

中年の飼い主夫婦の愛犬は生後6ヶ月の雑種犬。狂犬病の予防接種を受けたことがないが、夫婦は「普段は家の中にいるから大丈夫」と話す。「忙しいから」という理由で、自治体への犬の登録もしていないため、集団接種の日時を知らせるはがきも届かない。
(狂犬病の予防接種率が低下、室内ペット化で未登録増加)


狂犬病予防法では、「室内犬を含む生後91日以上の犬を所有する者は、毎年1回、4月~6月までに狂犬病予防注射を受け、注射済票の交付を受けなければならない」と定められています。加えて、鑑札や注射済票は犬に付けておかなければなりません。

これらのうちどれかひとつでも違反があれば、20万円以下の罰金又は科料が課せられます。つまり、上記のような老夫婦は、この法律に違反してしまっている、ということです。

注射を受けさせるのは、飼い主さんの義務です。是非、予防注射を受けさせましょう。
【関連記事】
犬の健康/病気について

狂犬病予防接種…しないと大変なことになりますよ



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
01:52  |  健康/病気について

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/147-1865cba6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。