2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.04.13 (Fri)

土佐犬 飼育係の男性かまれ死亡

12日午後6時5分ごろ、千葉市花見川区畑町の建設会社「光孝建設」の敷地内にある土佐犬のオリ(幅1.8m、奥行き1.8m、高さ2m)の中で同社従業員で飼育係の同所、福嶋芳夫さん(69)が血まみれで倒れているのを別の男性従業員(65)が見つけた。福嶋さんは病院に運ばれたが、首や肩などをかまれており、間もなく死亡した。口に血の付いた土佐犬がオリの中におり、県警千葉北署はこの犬が福嶋さんをかんだとみて調べている。

調べでは、土佐犬は同社の男性社長(40)所有の闘犬で5歳の雄。体重は45Kg。これまでに人をかんだことはなかったという。同社長は愛犬団体「全国土佐犬普及会」のメンバーで、19頭の土佐犬を飼育。従業員3人が飼育係を兼務し、福嶋さんは約10年前から世話をしていたという。
(土佐犬 飼育係の男性かまれ死亡)


土佐犬の性格とは、「怖いもの知らずで大胆、かつ忍耐力がある。大型犬特有の寛容で人なつこい一面ももっているが、闘犬用としてつくられた犬なので、闘争心や鋭い攻撃性は秘め備えている。一貫したしつけを怠ると、制御が不能となる可能性も大きい」とのこと。

しっかりとしつけするのが必要となるようです。
縄張り意識が強いそうなので、不用意に近づかないことも重要なようです。
【関連記事】
土佐犬の放し飼いに有罪判決



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
16:10  |  ペットニュース

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/156-d637e1d2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。