2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.04.28 (Sat)

犬の「うれしい気持ち」が分かる方法

「犬はうれしい時、右へしっぽを大きく振る」と、イタリアの研究者はこのほど発表した論文で、こんな実験結果を明らかにした。飼い犬とのコミュニケーションに悩む愛犬家には朗報となるかもしれない。
 
インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙によると、論文をまとめたのは、伊トリエステ大学のジョルジョ・バッロールティガラ氏ら3人の研究チーム。内部にカメラを設置したかごに犬を入れ、飼い主、他人、猫、見知らぬ犬と対面させてその反応を調べた。
 
実験では、飼い主を見た時、犬は元気いっぱいにしっぽを右に振り、攻撃的な見知らぬ犬の場合には、しっぽを左に振るとの結果が出た。他人や猫の場合も右にしっぽを振ったが、振り方が飼い主の時よりも小さかったという。
(うれしい時は大きく右に?=犬が尻尾で感情表現-イタリア研究チーム)


犬種や年齢によって同じなのか、異なるのかなどが気になるところですが、どうやら右に振っているほうが「うれしい!」という気持ちを表しているとのこと。

実際にウチの犬で調べてみると、ドッグフードをあげるときに「若干、右に振っているように…みえなくもないか」という程度。

…まぁ、シッポを振っていれば「うれしい」と思っていることは確からしい、ということが分かるので、右に振っているかどうかというのは重要ではないように思いますが、「本当にうれしい!」という気持ちを表していることをどうしても知りたい、という方はシッポに注目されてはいかがでしょうか。
【関連記事】
犬の健康:犬が好む味って?

イヌに"話しかける"大事さ



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
21:28  |  ペットニュース

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/158-e0d16f0f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。