2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.07.25 (Wed)

セラピードッグとは:あの名犬「チロリ」が銅像に

日本のセラピードッグ(治療犬)の先駆けとして活躍し、映画の主人公にもなった名犬「チロリ」の銅像が、東京都中央区の築地川銀座公園に建てられた。
 
捨て犬だったチロリはブルース歌手、大木トオルさんに引き取られ、治療犬の才能が開花。昨年3月に約15年の生涯を閉じるまで、大木さんらと福祉施設を訪問し、添い寝などの動物介在療法を担った。

大木さんら有志が銅像の制作費を負担し、チロリと出合ったときの光景を再現。「処分寸前だったチロリのような捨て犬が増えないように」(大木さん)との願いを込めた。
(あの名犬「チロリ」 築地川銀座公園に銅像)


セラピードッグとは、アメリカでは医療・福祉現場で幅広く活躍しているそうです。

車いすの同行歩行や、患者の添い寝などの技術を専門的な訓練で習得した犬のことで、国際セラピードッグ協会(東京都中央区にある)は2003年設立。9頭がセラピー活動に従事、うち7頭は捨て犬だったそうです。

大木トオルさんは子供のころ、吃音に悩んでいて、心の支えになったのは、自宅の愛犬だったそうです。そのころのことが思いだされ、動物保護センターで安楽死を待つチロリを引き取ったそうです。

最初は虐待を受け、人を恐れて威嚇するチロリ。ですが、大木さんが辛抱強く接し、恐怖心を徐々に取り除いたところ、思いやりのある優しい犬だと分かり、セラピー活動に従事させることにしたそうです。

やはり、犬はヒトのパートナーとして、癒しを与えてくれる存在と強く感じさせてくれます。セラピードッグが今後、活動の場を広げていけることを願っております。
【関連記事】
犬の抱き方

"話しかける"大事さ



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
14:27  |  ペットニュース

Comment

「チロリ記念碑]行きたい!

チロリ記念碑のご紹介ありがとうございました。
東京に行く機会がありましたら是非見てきたいと思っております。
大木トオル著「キラ星たちのレクイエム」をご存知でしょうか?
シベリアン・ハスキーについての本でハスキーファンで探しておられる方が多いようです。
(2年前ネットでの相場は古本で7000円でした)
大木さんが代表を務める国際セラピードック協会に定価(当たり前ともいえますが)であります。
http://www.therapydog-a.org/ 国際セラピードック協会
  [グッズ]の欄

ムーンライト |  2007.07.27(金) 10:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/162-7b71542f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。