2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.07.25 (Wed)

「ペットフードによる死亡ない」? FDAが調査結果を発表

米食品医薬品局(FDA)が、リコールされたペットフードによる死亡はなかったとの調査結果を発表した。民間調査機関は少なくとも1000匹が死んだとしており、その真偽が注目されている。

3月中旬にペットフード大手のメニューフーズが大量のリコールを発表してからFDAは1万8000件の電話を受けた。5月時点ではその半分がペットの死亡に関するものだったという。

当初、FDAは16匹のペットの死亡がリコールされたペットフードに起因するとしていた。ところが今回は「ペットフードに含まれていた有害物質によって死亡したと結論づけられるものは見つけられなかった」と発表した。

民間の3機関との調査結果とは大きな差異がある。米獣医協会と獣医情報ネットワークは共に「少なくとも1000匹がペットフードによって死亡したと推定される」とし、620軒の獣医で構成するネットワークのザ・ペット・ホスピタルは診療した26匹中9匹のネコ、2匹のイヌがペットフードによる死亡と判定している。

3月に12歳のネコを亡くしたレニー・ノリスさん(メリーランド州)は「死亡を届け出た数カ月後にFDAからペットフードの製造番号をたずねられただけ。次の質問や指示を待っていたのに、忘れられたのかしら」とFDAの調査結果をいぶかる。
(ペットフードによる死亡ない? 米FDA調査)


この未曾有の事件は、“ペットフード・パニック”と称されるほど大きな事柄になりました。米メディアは連日、回収問題を取り上げ、安全なペットフードの入手方法などを特集していました。

米食品医薬品局(FDA)によると、少なくとも15匹の猫と1匹の犬が腎不全で死亡した、獣医関係者によると、嘔吐や食欲不振などペットの異常を訴える飼い主が続出したそうです。

ニューヨーク州食品安全当局は今年の3月23日、死んだ猫が食べた製品から、殺鼠剤に使用される「アミノプテリン」が検出されたと発表しました。一方で、米食品医薬品局(FDA)は3月30日、原料の中国産小麦グルテンに化学物質メラミンが含まれていたと発表していました。

ですが、今回の調査結果では、「ペットフードと死亡の因果関係が見当たらない」とされてしまったようです。ならば、どうして多くのペットたちが体調不良を起こしたのでしょうか。原因究明をしないかぎり、また同様のことが起こってしまうのではないでしょうか。しっかりとした再調査が求められます。
【関連記事】
ペットフードの中国産原料に殺鼠剤 アメリカ

アメリカで有機ペットフードが売れているワケ



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
14:48  |  ペットニュース

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/163-66694ddf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。