2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.10.08 (Mon)

眼の病気にかかりやすい犬種にご注意

アニコムクラブ(東京都新宿区:理事長 武村俊治)が「どうぶつ健保」の給付金請求データをもとに、眼科疾患の犬種別請求割合を調査したところ、上位を短頭種(比較的、頭[鼻]の短い犬種でブルドッグ、シー・ズー、ボストンテリアなど)が占める結果となりました。鼻が短く、目が大きく飛び出しているという短頭種の顔の特徴が眼科疾患にかかりやすい要因のひとつと考えられます。

犬は眼に違和感を感じると、前肢などで眼の周囲を触ってしまうので、症状を悪化させてしまいがちです。眼科疾患を予防するためには、眼の周りを常に清潔にしてあげる、毛が眼に入らないように結んだり、カットをしてあげることが有効です。

また、普段からこまめに眼ヤニの量や色、眼の赤みなどをチェックし、異常がみられた場合には早めにかかりつけの動物病院で診療を受け、愛犬を眼科疾患から守ってあげましょう。

順位としては、以下の通り(%は眼科疾患の犬種別の給付金請求割合)。
1位 ブルドッグ 32.09%
2位 シー・ズー 28.57%
3位 パグ 24.56%
4位 ペキニーズ 23.15%
5位 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 18.84%
(ブルドッグなど短頭種犬は眼科疾患にご用心)


短頭種(鼻~後頭部が短い犬種のようです)であるブルドッグ、シー・ズー、ボストンテリアなどが、眼の病気になりやすいとは驚きです。

鼻が短く、目が大きく飛び出しているという短頭種の顔の特徴が眼科疾患にかかりやすい要因のひとつと考えられるため、逆に言えばこうした犬種は眼ヤニの量や色、眼の赤みなどをチェックし、眼の周りを掻いているようだったら、すぐに病院へ連れて行くべきであると思われます。

どういった疾患なのかはわかりませんが、外来で訪れた犬に、一般の簡単な検査を行うと、その3割~4割に眼科疾患が認められると言われているそうです。眼疾患には、結膜炎、角膜炎、白内障などがあり、やはりアレルギーや感染症が多いようです(それ以上に小さな頃に先天性の遺伝病を発症することがあるそうですが)。

万が一失明でもしてしまったら大変です。上記の犬種を飼われている方は、ご注意を。
【関連記事】
犬のあるニュース

愛護団体の「皮膚病の犬60匹飼育」に住民が反対



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
02:50  |  犬との生活での注意点

Comment

腰が痛いのは、辛いですね。

腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。

腰をお大事に。
腰痛アドバイザー |  2008.03.06(木) 22:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/167-18614a99

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。