2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.10.15 (Mon)

何故?ペットの異物誤飲の1位は、竹串

動物保険の大手「アニコムクラブ」(東京都新宿区)が、犬や猫などペットの異物誤飲に関する調査を全国175の動物病院で実施したところ、1位は竹くし、2位は果物の種、3位は薬品だった。なかには電池、たばこ、釣り針、包装紙、石などを飲み込んだケースも。

ゴミ箱をあさっていて異物を飲み込んでしまったり、おもちゃとたわむれていて飲み込んでしまったりするケースがほとんど。また1歳未満の犬が異物誤飲で受診するケースは、1歳以上の犬の4倍になる。同社では「ペットのいる部屋は整理整頓を心がけ、ゴミ箱はペットの届くところに置かないのが原則。飼い主の日ごろの心がけが肝心です」と話している。
(ペットの異物誤飲の1位は、ナント「竹くし」! )


結構、意外なものを飲み込んでいるのだな、と思わせるニュースでした。とにかく、部屋は片付けて、ゴミ箱などはペットの届くところに置かないのが重要ですね。

竹串など、尖った物を飲み込んで、それによって傷口から出血している場合は、すぐに動物病院へ連れて行ってあげる必要があります。傷口が開いて骨が見えているようなら、緊急度はかなり高いので、傷口をきれいなタオルなどで押さえて止血しながら(出血がひどいときは軽くラップを巻いて)、すぐに動物病院へ連れて行きます。

また、電池(とくにボタン電池)などは、胃酸で溶かされて強アルカリ性の内容物が出てしまい、結果、胃穿孔(穴があく)などを起こしてしまう可能性があるので、そうした場合もすぐに病院へ連れて行ってあげる必要があります。

また、飼い主さんが自分で吐かせる場合にも、化学薬品の場合は吐かせてはいけないものもあります(強酸や強アルカリ性の薬品などは、食道をさらに傷つけてしまいます)ので、すみやかに獣医師に連絡して指示に従ってください。誤飲したものが特定できず、泡をふく、嘔吐、ひきつけなどの症状がある場合も、一刻も早く動物病院へ。

考えてみると、電池など危険な物が床に転がっている可能性はあります。ワンちゃんを屋内で飼われている方は、ぜひともご注意を。
【関連記事】
異物を飲み込んだときの対処法

タマネギ中毒に注意

チョコレート中毒に注意



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
20:48  |  犬との生活での注意点

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/176-20be0bb1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。