2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.05.04 (Sun)

亡くなった飼い主に会わせるため、犬を連れ出そうとした少年たち

動物収容所に収容されている一匹の犬を連れ出すため、3人の男性が施設内に侵入、2人が逮捕された。「亡くなった飼い主の告別式に連れて行ってあげたかったから」と彼らは供述している。

4月22日にカーター郡コミュニティ当局が路上をさまよい歩いていた雑種犬「ルーク」を発見、動物収容所へ送り込んでいたが、その翌日にルークの飼い主であるサンドラ・ヴィッカーズさん(53)が病気で帰らぬ人となった。

このため、施設側がルークを安楽死させる……という噂が広まることとなり、ウィリー・ジャスティン・ミラー(17)、ジェームズ・トンプソン(18)、そしてマシュー・ゴンザレス(22)の3人がルーク救出のため日曜日早朝に施設内に忍び込んだ。

3人の目的はただ一つ、後日行われるヴィッカーズさんの告別式にルークを連れて行くことだったが、計画は失敗に終わった。

「部屋のドアが開いており、中には犬を抱えた少年が1人立っていました」と地元警察のフェリックス・ヘンダーソン署長はコメント。警察に見つかった少年は当初、「脱走した犬だと思います。施設の前に座っていたところを見つけて連れてきました」と言い逃れしていたが、それが全て嘘であることは明白だった。

実際には施設がルークを安楽死させる、という噂は全くのデマ。ヴィッカーズさんの家族にルークを引き取ってもらうことになっている、と関係者は話している。
(すべては亡き飼い主の告別式に連れて行くため……)


目的やこの少年たちの「思い」は心温まるものかも知れませんが、その方法はやはり間違っていたと思われます。しかるべき方法でルークを亡くなった飼い主に会わせてあげることができたのではないか、と思います。

亡くなったのが53歳とまだ若いと言うことで、「自分が居なくなったら、このペットはどうなるのか」といったことを考えてもいなかったでしょう。飼い主が亡くなったことで、ペットが路頭に迷う、ということはあり得るケースですが、日頃からそうしたことを考える人はやはり少ないのではないか、と思われます。もし方策をとるとしたら、ご近所の方に予め当たっておく、といったことや、親戚の人に頼んでおく、といったことが必要になると考えられます。

株式会社NEXSTAGE(ネクステージ)では、「一生涯預かり」セカンドライフサービスなるものが開始されています。これは、事情などにより生活を共にすることが出来なくなった飼い主や、生活を共にすることが出来なくなる可能性の高い飼い主に、代わり大切なペットを同社が責任をもって一生涯預かっていく、というサービス。もしご不安な方がいらっしゃいましたら、利用してみるのも良いかもしれませんね。

【関連記事】
ペットが亡くなったら、どうすべきなのか

ペット人気で、犬用のジュエリーやサプリメント、医療保険が人気?



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
00:17  |  ペットニュース

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/198-5d468d2d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。