2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.10.04 (Sat)

世界で一番有名なビーグル犬-スヌーピーとNASAの関係

月に赴いた宇宙飛行士たちの証言と、NASA蔵出しの貴重な映像で綴られる、感動の一大エンタテインメント「ザ・ムーン」。ヒット作「アポロ13」のロン・ハワード監督も製作に参加している話題作と、全世界で愛されるビーグル犬、スヌーピーとの強力タイアップが実現することが明らかになった。

しかし「なぜ本作とスヌーピーがタッグを組むのか?」という疑問があるが、実はNASAとスヌーピーには深いつながりがある。

1968年、NASAの有人飛行プログラムを安全に連行させる番犬として一匹のビーグルが選ばれていた。チーム全体を勇気づけ、アポロ計画を成功に向かわせるという重大な役目。間近に飛行を控えた宇宙飛行士たちは、月着陸船に“スヌーピー”、司令船に“チャーリー・ブラウン”というコードネームをつけ、困難が予想されるこのミッションを、ユーモアをもって乗り切ろうとしていた。

結果、見事にアポロ10号を成功に導いたビーグル。その功績が称えられ、のちに月のクレーターのひとつが"スヌーピー"と名付けられた経緯がある。スヌーピーはいわば、NASAの番犬的存在でもあったのだ。

今後、各新聞紙でのNASA設立50周年を祝う広告を皮きりに、スヌーピータウンショップ、劇場や街を大いに賑やかす数々の共同展開を実施予定。
(人気キャラクターのスヌーピー、NASAの番犬的存在だった!)


ビーグル(Beagle)は、狩猟犬として有名であり、イギリスにおいてウサギ狩猟に用いられていました。嗅覚に優れており、オーストラリアや日本の成田空港などで「検疫探知犬」としても活躍しているそうです。

狩猟犬であったこともあり、運動量がかなり必要といわれています。そのため、こまめに散歩をしたりする必要があり、あまり散歩にいけない人には不向きであるといわれています。

こうしたビーグルという犬種で最も有名なのは、やはりスヌーピーではないでしょうか。スヌーピーに関する豆知識として、以下のようなものがあります。
スヌーピーといえば、垂れた耳と少し眠たそうな表情が非常に可愛らしく、連載当時の1950年から愛され続けています。特に日本において、キャラクター商品の売り上げが、2000年統計によると、全世界の売上額の約4割を占めているというから驚きです。

また、誕生月は8月となっていますが、8月の10日、または28日とされており、はっきりとしていません。また、実は閉所恐怖症であり、そのために犬小屋の屋根の上で眠っているそうです。

このスヌーピーとNASAの意外な関係が、上記で語られていました。コールサインとして「スヌーピー」などが用いられており、親しまれていた様子が分かります。ちなみにこのことはwikiの「スヌーピー」の項目に掲載されております。

【関連記事】
亡くなった飼い主に会わせるため、犬を連れ出そうとした少年たち

人気犬種ランキング 16年連続「ラブラドールレトリバー」が1位



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
16:44  |  ペットニュース

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/202-91a4be58

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。