2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.04.05 (Wed)

犬の去勢・避妊はすべき?

オスの場合は去勢、メスの場合は避妊です。
これらは生殖機能を失わせる手段(去勢の場合は、大人しくなるなどの目的で行われたりもします)で、これを行うには手術が必要です。

もちろん、"非生理的"なことを行う(手術)わけなので、デメリットはでてきます。一方で、メリットもあるから手術を行うわけですね。

メリット
発情期によるストレスなどから開放し、精神の安定が起こります。
ほかにも、病気にかかりにくくなるというメリットもあります。一説では、発ガン率が手術後に激減するともいわれています。

デメリット
手術による危険性が全くないわけではない。
ホルモンバランスの異常などで、術後に太りやすくなる(ウチの犬もまさしくこうなりました)。

術後数日は、違和感などを感じ非常にナーバスになる傾向もあります。心のケアも欠かさず、やさしく接してあげてください。

いずれにしても、メリット・デメリットをよく考えて決めて下さい。

ウチの犬(♂)は、抜糸を待たずして自分で抜いてしまって化膿してしまいました。そこらへんも、しっかりと観察してあげてください。

トップページへ

"去勢・避妊手術"のリンク
犬の発情と去勢・避妊

去勢・避妊手術のススメ
まだ生れてから間もない、あどけないしぐさの仔猫たちも、身体の成長に伴いやがて性の成熟が訪れます…

去勢と避妊
毎年無責任な飼い主にせいで数多くの犬や猫の尊い命が処分されています。里親に引き取られたり,新しい飼い主にめぐり合えるのはほんの一握りで…
【関連記事】
犬の健康/病気について

犬との生活で注意すること

犬を迎える準備



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
23:12  |  健康/病気について

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/25-633cc8db

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。