2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.01.25 (Sun)

愛犬に見つめられて、愛情ホルモン「オキシトシン」増加?

見つめ合うと素直におしゃべりできる? 愛犬に見つめられると、相手への信頼感やきずなを強める働きのあるホルモン「オキシトシン」が飼い主の体内で増加することを、麻布大と自治医大の研究グループが確認した。

オキシトシンは、ほ乳類の母子関係や夫婦のきずな形成に関係する“愛情ホルモン”とされるが、異種間での作用が確かめられたのは初めて。「見つめる」という行為がオキシトシン増加を招くことについて永沢美保・麻布大助教(比較認知科学)は「『目は口ほどに物を言う』と言われるが、人間と犬の間でも視線が重要なのだろう」と話している。

研究グループは、55組の飼い犬と飼い主で実験。室内で1組ずつ、30分間触れ合ってもらい、実験前後の飼い主の尿に含まれるオキシトシンの濃度を測定した。

すると、事前アンケートで犬との関係が「良好」と判断された飼い主13人では実験後に濃度が大きく上昇したが、「普通」の42人では変化がなかった。良好群の実験後の濃度は、普通群の約1.5倍と高かった。

良好群の実験を撮影した映像を分析すると、犬が「遊ぼうよ」と飼い主を見つめたのをきっかけに交流した回数が多いほど、実験後の濃度が高くなっていた。
(愛犬に見つめられ愛情ホルモン増加)


「見つめ合う」という行為だけでなく、ワンちゃんと親密な状態にある必要もあるようです。要は、「愛おしく思っている」といった気持ちが重要なようです。

「異種間での作用が確かめられたのは初めて」とのことですが、ワンちゃんに向けられた愛情も、人間の赤ちゃんなどの子供に向けられる愛情も、その深さや性質に違いはあまりないのではないか、という考えなら、この結果に納得がいくようにも思われます。

ですが、あくまでもこの結果は「オキシトシンが増えていた」というものです。それがすなわち、「愛情ホルモンが出ている」というのは、まだ難しい段階ではないか、と思われます。

そもそも、オキシトシンとは、以下のようなものを指すと思われます。
オキシトシン (Oxytocin) は視床下部の室傍核と視索上核の神経分泌細胞で合成され、下垂体後葉から分泌されるホルモン(要は、下垂体ホルモンの一種)です。オキシトシンには末梢組織で働くホルモンとしての作用、中枢神経での神経伝達物質としての作用があります。

末梢組織では主に平滑筋の収縮に関与し、分娩時の子宮収縮や乳腺の筋繊維を収縮させて乳汁分泌を促すなどの働きを持ちます。このため臨床では子宮収縮薬や陣痛促進剤として用いられます。

一方で、オキシトシンは、特に社会行動を調節する神経伝達物質として注目されるようになっています。上記のように、「愛情ホルモン(相手に対して親密な心情を抱きやすいなど)」としての役割も言われています。

ただ、男性における生理作用を含め、妊娠関連時以外の役割については不明な点が多いというのが事実です。ですが、漠然とですが「幸せな気持ちにさせてくれるのかもしれない」といった仮説に立てば、ワンちゃんと仲良くしているのは、良いことなのかも知れませんね。

【関連記事】
犬に吠えられやすい人の特徴

老犬が行方不明の認知症女性温めて救助



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
19:36  |  ペットニュース

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/252-ee75de0f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。