2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.22 (Sun)

犬のシャンプー後、自然乾燥はニオイの原因に?

Allaboutの記事で、"ドライング"のコツについて掲載されていました。

ワンちゃんのニオイの原因は、 皮膚表面での細菌発生。汚れがひどかったり、高温・多湿状態にあると、そのニオイはきつくなってしまうそうです。そこで、まずはシャンプーで汚れを落としてあげることが重要です。

ですが、そこから先も注意すべき点があります。それは、"ドライング(乾燥)"です。シャンプー直後から、ニオイの元となる細菌の発生は始まり、ぬれている時間が長ければ長いほど、細菌は活発に繁殖してしまいます。

そこで、どのように"ドライング"を行うべきなのか、以下のようなポイントが示されていました。
まず、しっかりとタオルで拭いてあげます。2~3枚は用意し、使い切る気持ちで、しっかりと水気を取ります。毛がそれほど長くない場合、毛並みとは逆方向に拭くことで、根元から水分が取れ、乾き残しも少なくなります。ただ、長毛犬では、からまりの原因となるので、注意が必要です。

次に、ドライヤーで乾かします。温度を飼い主さんの手で確認しながら、30 cm程度は離して使います。全身をある程度乾かしてから、細かい部分を乾かしていくのがポイントです。

また、顔などはイヤがられてしまうので、温風を弱め、ティッシュで抑えるように拭きながらドライヤーを当てるといいそうです。

こうしたちょっとしたコツで、早く乾き、ニオイを抑えることができるそうです。お試し下さい。

【関連記事】
シャンプーの仕方

ブラッシングのコツ



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
11:57  |  犬のお手入れ

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/257-8afe95d1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。