2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.04.05 (Sun)

愛犬のメタボ対策に-犬用万歩計

タカラトミーアーツは、愛犬の一日の運動量をチェックし、楽しく健康管理に活用できる犬用歩数計「うちのわんコのはしゃぎ指数」を、2009年4月3日に発売した。

愛犬の首輪に装着すると、人間の歩数計のように犬の活動量をカウントし、運動量を「はしゃぎ指数」として1時間ごとに数値を表示する。

また、数値と共に愛犬の「気持ち」と行動をコミカルに表現する「おもしろ空想アニメーション」機能を搭載。「愛犬のプロフィール作成機能」では32犬種から自分のペットのビジュアルに近いものを選べる。獣医師の遠藤敏之氏とドッグトレーナーの平井和美氏監修。価格は4725円。
(愛犬をメタボにさせない「犬用歩数計」)


肥満と生活習慣病が関係ある、と何となくは分かっていても、なかなか本気でワンちゃんを「ダイエットさせよう」と思えないものです。ですが、肥満は私たちと同じように、ワンちゃんにとっても、本当に病気の元になります。そのため、「たかが肥満」と侮っていると大変なことになる可能性もあるわけです。

具体的にいえば、まず肥満によって余分なお肉がつきすぎてしまうと、内臓など体の器官に大きな負担がかかります。やっかいな生活習慣病を引き起こしてしまう可能性もあります。さらに、体重が重くなるとその分、動きが鈍り、運動不足に陥りがち。さらに肥満を助長させてしまうことにもなりかねません。

そこで、以下のような効率的なダイエット方法をご紹介したいと思います。
まずその犬種ごと、年齢ごとにおける標準体重を知ることがまず第一歩となります。本当に肥満なのか、その確認をして「どれくらい体重を落とす必要があるのか」しっかりと把握することが重要です。

つぎに、必要な摂取カロリー計算を行います。運動も重要ですが、限界があります。カロリーコントロールをしっかり行うことで効率よくダイエットを行いましょう。

上記のような歩数計を使うのも、摂取・消費カロリーを把握する上では有用であると考えられます。飼い主さんの賢いダイエット作戦が、ワンちゃんの健康保持にとっては何よりも良いことであると思われます。

【関連記事】
ウチのワンちゃん太りすぎ?(犬の肥満)

犬のダイエット!必要なカロリー計算



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
21:34  |  犬との生活での注意点

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/259-3c8aca2c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。