2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.22 (Wed)

犬のほめ方について

私たちであっても、褒められることは嬉しいことではないでしょうか。子供の頃、勉強や運動で良い成績を修めて、褒められば、その褒められたことに関して「もっと頑張ろう」と思ったりしたのではないでしょうか。

それは、ワンちゃんでも一緒です。しつけを行っているとき、褒められればワンちゃんもその気になって、覚えてくれます。しつけでもっとも大切なことは、犬を褒めること、と言ってもいいのではないでしょうか。

人からほめられることは犬にとって大きな喜びになり、ほめられたいからやる気も出てきます。逆にガミガミ怒られてばかりいては、その人を避けるようになります。上手にほめることが、しつけを成功させる重要なポイントです。

では、その「褒める」ポイントとはどんなものなのか、どのような点に注意して褒めれば良いのか、以下のようなことが言えると思われます。
1)褒められるとき、何が嬉しいのかを観察する。
まず、ワンちゃんが、どのようにしたら喜ぶのか、観察しましょう。食べ物をあげたり、やさしく声をかけたり、体を撫でたり、一緒に遊んだりしたり…そうした行為が、犬にとってはうれしいごほうびになります。褒めるときには、ワンちゃんが好きなことをうまく利用すれば効果が大きくなります。

2)タイミングは重要
しつけを考える上で、「行動」と「ほめられること」を結びつけて学習するのだ、ということを認識するのは重要です。指示に正しく従う→あまり時間を置かず、その場でたっぷりと褒める→「もっと指示に従って褒めてもらおう」→しつけが上手くいく、という流れが理想的です。時間が経ってしまってから、「さっきはおりこうだったね」といくらほめても、犬はなぜほめられているのか、正しく理解できません。その場で、すぐに、がポイントです。

このような二点に注意して、ワンちゃんとたっぷりコミュニケーションをとりながら、しつけなどに取り組んでみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
しつけの心構え

イヌが言うことを聞いてくれない



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
16:57  |  犬のしつけ

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/266-211bba2f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。