2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.03 (Tue)

犬が顔を舐めることを止めさせる方法

犬のしつけきちんとブック 「トイレ上手になる」編前記事では、顔を舐めるという行為が、「自分は、あなたよりも弱くて小さな存在です。敵意はありません。エサを下さい」といった意味合いをもっている、ということを書きました(犬が飼い主の顔を舐めるワケ)。

その行為が、決して悪気や敵意ある行為ではないということはおわかりいただけるかと思われますが、その一方で、顔を舐められることは衛生的に問題のあることでもあります。

というのも、犬の口の中にはパスツレラ菌やブドウ球菌、大腸菌といった細菌が生息していると言われています。こうした細菌が人の口腔に近い場所に付着させられる、ということは衛生面での問題を考えざるをえません。また、ワンちゃんはフンをした後、自分でお尻を舐めてキレイにすることがあります。このことからも、やはり顔を舐めさせることはできるだけ止めさせたほうが良さそうです。

では、具体的に止めさせる方法は何かと言いますと、以下のようなものがあります。
頭ごなしに怒ってしつけしようとすると、逆効果です。というのも、服従しようとしたり、ご主人のご機嫌をとろうとして顔を舐めているのに、それを怒られると「怒らないで下さいよ…」と、さらに舐めようと試みたりする可能性があります。

そこで、無理に止めさせるのではなく、「できない状況にする」ことが重要になります。飛びついて顔を舐めようとするのであれば、興奮を静めるように「待て」や「おすわり」と命令させたり、遊びに応じないようにすることも手です。

こうしたしつけにより、訓練可能となると考えられます。あまりにもしつこく舐められたりするようでしたら、一度、お試ししてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
犬が飼い主の顔を舐めるワケ



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
01:28  |  犬のしつけ

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/279-0b7e6ee3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。