2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.02.11 (Thu)

散歩でリードを引っ張る犬のしつけ

犬を散歩に連れて行くとき、好き勝手な方向に行こうとしてしまったり、犬の好き勝手なペースで、どんどん走られてしまう…といったことはありませんか?そうなると、リードをグイグイと引っ張られて、飼い主さんが力を必要とします。

理想的なのは、散歩をしているとき、リードは常にゆるんだ状態にあることです。そのような状態で楽しく散歩ができれば良いのですが、それが難しいワンちゃんもいます。

このように、お散歩中の引っ張りを防止するための「しつけ用リード」というものがあります。これを装着することで、犬本来の習性を利用し臆病なワンちゃんや興奮しやすいワンちゃんも、心理的に落ち着かせることができます。結果、一緒にゆったりと歩いてお散歩させることができるようになります。

その「しつけ用リード」とは、以下のようなものです。
簡単な原理としては、ワンちゃんが引っ張ろうとすると首が締まり、引っ張ることを止めるようになります(いわゆるチョ-クカラー)。もちろん、あくまでも犬に合図を送るためのものであり、あまり首が絞まりすぎないように注意する必要があります。

サイズの合ったものを、正しく装着することが重要で、ちょっとリードを引いただけなのに、いつも犬が咳き込んだりするのは、サイズが合っていないか、装着方法が間違っている可能性があります。

また、小型犬は首が細く気管を痛めやすいので、チョークカラーは使わないほうが無難です。柴犬以上に小さいワンちゃんであれば、使用しない方が無難でしょう。

しつけ訓練リード
しつけ訓練リード M 青色
チョークカラー部分と、リードの部分が分かれたものもありますが、上記のように一体化した方が使いやすいのではないか、と思います。

【関連記事】
散歩のマナー

散歩の際のしつけ

散歩のしつけ実践編



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
11:08  |  犬のしつけ

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/285-0f237958

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。