2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.04.07 (Fri)

やってはいけない!チョコレート中毒

「チョコレート中毒」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

実は、チョコレートはワンちゃん、ネコちゃんに与えてはいけないものです。チョコレートに含まれているTheobromine(テオブロミン)という成分を代謝できない為、中毒を起こしてしまいます。

テオブロミンの致死量は、犬の体重1キログラム当たり250~500mgとされています。致死量のテオブロミンは、製菓用のチョコレートで20~40gに含まれています。
 
よって、体重10Kgのワンちゃんだったら、250~500mg×10=2.5~5gのテオブロミンで亡くなってしまいます。
さらにチョコレートで換算すれば、200~400gのチョコレートを食べると致死量です。

板チョコにして、2~3枚ですので、そんなに食べるワンちゃんもいないとは思いますが、嘔吐や下痢、興奮、発熱、痙攣などの発作があったり、血尿や脱水を起こしたり、昏睡状態に陥ることもあります。

非常に危険です。

チョコレートケーキやブラウニーなどブラックチョコレートを使用しているものは、特に注意が必要です。

もし、ワンちゃんが食べてしまったら、すぐに病院に連れて行ってください。

治療方法としては、症状に応じて、排泄の促進や点滴輸液、胃の洗浄、活性炭の経口投与などをおこないます。
【関連記事】
犬との生活で注意すること



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
14:41  |  健康/病気について

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/32-6514a392

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。