2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.04.10 (Mon)

犬の健康:薬の飲ませ方

フィラリアのお薬など、内服薬を飲ませようと思ったけど…ワンちゃんが嫌がって、吐き出してしまう。
それだけならまだしも、興奮して咬みついたり、具合が悪いときにはかえってぐったりさせてしまうことにもなりかねません。

では、どのようにお薬を飲ませたらいいのでしょうか?
そのちょっとしたコツについて書いてみたいと思います。

ポイント
ワンちゃんが安心するように、やさしく声をかけながら、犬の不快感を長引かせないように、毅然とした態度ですばやく飲ませることがポイントです。

お薬の種類によって、次のような方法があります。

・錠剤やカプセル
ワンちゃんの上あごを片手でつかみ、犬の唇で犬歯を包み込みながら、親指と人差し指を犬歯の後ろに差し込むようにして押さえてそっと口を開けます。
→この時点で嫌がるワンちゃんもいます。
 興奮しないように、やさしく押さえてあげてください。

もう片方の手の親指と人差し指で薬をつまみ、残りの3本の指で口を押し開けて、頭をやや後ろに傾けます。そして、薬を舌のできるだけ奥の方に置いてすばやく口を閉じます。
→躊躇わずに、素早く行います。
 タラタラとすると、噛みつかれる危険もあります。
 
このとき、飲み込みやすくなるように、のどをやさしくなでてあげてください。

錠剤やカプセルが大きい場合は、バターなどを塗っておくとのどへの滑りがよくなります。

パンなどの食べ物に包んで与える方法もありますが、薬だけうまく吐き出してしまうこともあるので、確実に飲んだことを確認してください。

・水薬
スポイトなどを用意してください。
ワンちゃんの口を閉じたまま、頭をやや後ろに傾けます。口の脇のたるみを少しめくり、犬歯の後ろのすき間からスポイトなどを使って、水薬を口の中に流し込みます。
口はあまりきつく押さえつけずに、飲み込むために舌が少し動かせる程度に軽く握ります。

・粉末薬
ヨーグルト(甘めの方が食べてくれるかも)に溶かして舐めさせたり、バターなどに練り込んで口の中に塗り込んだりします。また、水に溶かして水薬と同じように飲ませることもできます。

警戒心が強いなどの理由で、飲んでくれないワンちゃんには、コレラの方法を試されてはいかがでしょうか?
【関連記事】
犬の健康/病気について

犬との生活で注意すること



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

23:36  |  健康/病気について

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/46-ddc9c317

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。