2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.10.13 (Fri)

散歩のしつけ 実践編

 毎日毎日、散歩をねだるワンちゃんもいるのではないでしょうか。飼い主から見ると、「よくも毎日飽きずに…」なんて思いがちですが、散歩には、しっかりとした意義があります。 

 そもそも、散歩の目的としては、
1)運動不足解消
2)排泄をさせるため
3)ワンちゃんの気分転換
3)社会化の継続
 が挙げられます。

 1や2がばかりに気をとられがちですが、実は、3番目の「社会化」も非常に重要です。
 実は、子犬の頃にしっかりと社会化ができていても、その後、他の犬や人に会う機会も少ないなど、刺激の少ない生活をしていると、せっかく身についた社会性が失われちゃいます。そこで、社会化を継続させる絶好の機会として、散歩があります。
 また、人間だけではなく犬にとっても気分転換にもなります。特に、室内犬は、ストレスをため込みがちになってしまいます。老犬には外からの適度な刺激が老化予防にもなります。そして、飼い主との格好のコミュニケーションの時間にもなります。

 では、上記の3つの目的を満たす、という意味ではどのように散歩をしたらいいのでしょうか?そのことについて書いてみたいと思います。

 散歩はワンちゃんににとって、1日の内で、最も楽しいことの1つでしょう。そこで、興奮して駆け出したり、リードを代える前に飛びついたり…そんなことをしてませんか?
 ですが、そんな時、ワンちゃんのしつけをするチャンスです。是非とも、玄関を出るとき、マテ、オスワリをさせ、飼い主さんが先に行くようにしましょう。それを繰り返すことで、ワンちゃんの自制心がつきます。これが「社会化」の第一歩です。
 散歩中も、リードが弛むぐらいがベストです。
 グイグイと引っ張るワンちゃんは、もしかして「ボクがこの群れ(家族)で1番エライ!」などと勘違いしているおそれがあります。引っ張り癖は、是非とも止めさせましょう。

 散歩の時のチェックポイントは、以下の5つ。

ポイント
リードは必要以上に長くしない(長すぎるとワンちゃんが自由にしがち)。
引っ張ってしまったときは、「ダメ」と叱る。飼い主の横を歩けたら褒めてあげる!(どちらか一方だけではダメ)
散歩のコースが固定化していたら、3パターンくらいに増やして、飼い主に従って歩かせる(知らないコースだと、飼い主に従いやすい)。
「ツケ」や「ヨコ」といった号令を覚えさせて、歩かせる。
 方法としては、まずワンちゃんを座らせておいて、飼い主が一歩前に出て号令をかける。付いてこれたらご褒美や褒めてあげてください。
 もちろん、最初は上手くはいかないはずです。根気強く繰り返してください。いろんな方向で試してみて下さい。
散歩の時間は、できるだけランダムに(時間を決めてしまうと、ワンちゃんが期待して、吠えたりする原因になります)。

こういったアイテムがあると、散歩も快適になりますよ。
【アベニュー・リトラクトテープリード≪XL≫】【快適生活】アベニュー・リトラクトテープリード
自動収納式のテープリードです。扱いやすくて握りやすいグリップです。

ロールドレザーカラー(首輪)【Dog Goods Shop プーチ】ロールドレザーカラー(首輪)レザーは上等な牛革を使用、留め金の金具も100%のブラス(真鍮)製なのでメッキもので良く起こす皮膚のアレルギーなども防止します。
【関連記事】
犬のしつけ/困ったときの対処法

犬との生活で注意すること



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
10:01  |  犬のしつけ

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/53-ad77e1d0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。