2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.10.15 (Sun)

初潮について

 ウチのワンちゃんが初潮になったとき、来るとは分かっていても、驚いたものです。床の上に、下痢のウンチのようなものが数カ所あって、びっくり。
 新聞紙とティッシュで拭き取り、中身を点検してみたところ、色は赤黒く、体毛が混入してドロッとしていて、なんだか生臭い…
 
 その後、体調が少しおかしくなりました。
 食欲も落ちて、いつもより元気がなくて、少し痩せてしまいました。はじめは、病気になってしまったのではないか、と気が気ではありませんでした。病院にも連れていったりしましたが、「問題ない」とのこと。

 では、異常かどうかは、どのように判断するのでしょうか?その参考となる所見は、以下のようなものです。

陰部の状態をチェック
 犬の発情期には、陰部から比較的さらさらした血様分泌液が見られます。そして多くの場合、この分泌液の排泄は数日以上続きます。この時、陰部は赤くなり腫大しますので、出血がほとんどないワンちゃんでも発情期とわかります。まずはサンちゃんの陰部の状態を確認してみてください。

一般的な体調の変化
 発情期にはワンちゃんは少し食欲が落ちたり、元気がなくなったり、落ち着かない様子になったりする場合もあります。さらに排尿の回数が増えたりもします。ただし、これらの症状は発情以外でも体調が悪い場合に見られる症状ですから、明らかな発情の所見がないのであれば注意が必要です。

発情期以外の可能性を疑わせる所見
 もし出血がその日だけということであれば、発情とは考えにくいと思います。また、おっしゃるようにドロッとしていたり、体毛が混入していたというような所見からは、むしろ下痢ではないかと思われます。子宮に細菌感染などが起こっている場合には、血膿状の分泌物が見られる場合がありますので、食欲の低下や元気の消失が続いているのであれば、かかりつけの動物病院で診察を受けられた方がよいでしょう。

また、おむつカバーを使用すれば、お部屋が汚れる心配もありません。
ワンちゃん用オムツカバー【Dog Goods Shop プーチ】
おむつカバー
【関連記事】
犬の健康/病気について

犬との生活で注意すること



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
01:30  |  健康/病気について

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/55-307f54da

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。