2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.10.15 (Sun)

飛びつき癖を止めさせたい

 散歩に行ったり、お客さんが来たりすると、うれしくて飛びついてしまう…興奮状態なので、ふだんできる「待て」も聞かない。大型犬だと、体も大きくて危ないのでやめさせたいとお困りの飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

 犬が人に飛びつくのは、基本的に好意を示す行動です。「うれしい」「大好き」「自分に注目してほしい」という気持ちのあらわれなのです。これを叱ってやめさせようとするのは、その好意自体を否定したことになってしまいます。だからといって、飛びつかせてよいということではありません。「飛びつく」という表現方法に問題があるのですから、正しい方法を教えるつもりでトレーニングしていく必要があります。

 そこで、飛び付きをやめさせるためのポイントを以下に書いてみます。

ワンちゃんに飼い主が構ってくれるタイミングを教える。
 犬に、私たち飼い主が望んでいるのは、「飛びつかずに目の前で座ってくれること」だと理解させるようにします。「オスワリ」の姿勢からは、いきなり飛びつくことはできません。また、たいていの飼い主は、愛犬に「オスワリ」は教えているでしょうから、犬にも伝えやすいと思います。
 犬が飛びついてきたら「オスワリ」の指示を与え、従うことができた時点で、犬に注意を払い、かまうようにします。実は、この「自分に注目し、かまってもらえた」というのが、飛びつく犬のごほうびになっているのです。犬は、このごほうびを得るために飛びつき、自分をアピールしているともいえるでしょう。

悪循環を断ち切る。
 多くの場合、飛びついた時点で、このごほうびを与えてしまっているのです。「だめだめ」「わかったから落ちついてよ」「元気だなー」などと声をかけて、犬をなでたりしていませんか。これは、立派なごほうびです。自分に注目し、かまってもらえたのですから、繰り返していれば、飛びつきの行動はますます強化されていくでしょう。
 しかし、これでは、「かまってほしいときには飛びつけ」と教えているのと同じです。ですから、犬が「オスワリ」の指示に従えるまでは、犬にいっさい注意を払わないでいることが重要になってきます。

ごほうびを与えるタイミング
 飼い主の帰宅時や食事を与えるときなども、犬が飛びついてきたら上記と同じようにしてください。これ以外にも、ごほうびに、おやつやおもちゃをもって、犬のところへ行き、同様のことをして、できたら与えるというのも、よいトレーニングになると思います。

飼い主さん以外にも飛びつかないように教える。
 犬がある程度理解したら、次のステップとして、友人などに、お客さん役になってもらい、同様にしてみましょう。散歩中などは、犬が飛びつきそうだと思ったら、その前に「オスワリ」をさせ、相手が通りすぎるまで、そのまま待ち、できたらほめて、指示を解除するようにしましょう。
 
 上記4つの方法で、ワンちゃんに飛びつかないようにしつけてあげてください。飼い主さんは、まるで電信柱にでもなったつもりでいてください。それでも飛びついてくる場合には、犬に背を向け、電信柱の気持ちで待ちましょう。しつけは、忍耐と愛情が重要です。
【関連記事】
犬のしつけ/困ったときの対処法



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
02:06  |  犬のしつけ

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/57-0f661a5e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。