2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.10.19 (Thu)

「お座り」の教え方

 犬を飼い始めたら、まず「お座り」はなるべく早いうちに教えてあげましょう。飼い主の言うことを聞かせるということで、"群れ"で生活するイヌが、飼い主を「主人」として認めるだけではなく、しつけを通じて、コミュニケーションもとることができて、一石二鳥です。
 子犬なら、それほどの苦労をしなくても学び取るだろうが、成犬に教えようとなると、ある程度の忍耐が必要かもしれませんが、遅すぎるということはありません。

ポイントは「繰り返し、繰り返し」

犬の目の前で食べ物をちらつかせ、名前を呼んで「お座り!」
注意)「お座り!」でも「座れ!」でも「シットダウン」でもいいから、一緒に暮らす家族中で同じ言葉を使ってください。みんなが違う言葉を使うと、ワンちゃんは混乱してしまいます。

「お座り!」と言いながら食べ物を片手で持ち、犬の頭の少し後ろまで持っていく

犬は手をじっと見続けようとして、自然とお座りの姿勢になります。座らない場合は、後ろ足の間接の裏をチョイと押して曲げさせてお座りの姿勢にさせます。

犬が座ったら、ご褒美として食べ物を少しあげる

今度は食べ物を持たずに、犬の名前を呼び「お座り!」と声をかける

座ったら、再び食べ物を少しあげる

 これを数回繰り返して、犬が口頭の命令と手の合図で座るようになったら、今度は口頭の指示だけで座れるようにします。最初のうちは、ご飯の前にお座りをさせるなど、日常の中で頻度を上げて教えてあげると、覚えが早くなります。
【関連記事】
犬のしつけ/困ったときの対処法



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
18:30  |  犬のしつけ

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/64-8834f207

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。