2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.10.21 (Sat)

妊娠時の注意点

 イヌが妊娠しているときは、ホルモンバランスの変化もあり、体格だけではなく、精神的にもさまざまな変化が起こりえます。では、そうした一大イベントである妊娠、出産を迎えるにあたって、飼い主さんはどのような準備をしたらいいのでしょうか?
 その準備について、以下に書いてみたいと思います。

妊娠中は、バランスのとれた食事を 
 妊娠中の犬には、栄養のバランスの取れた食事を与えることが大切です。胎子の発育とともに、母犬の食事量は自然に増えてきます。しかし、人間同様、過剰給餌や体重オーバーは避けねばなりません。妊娠中や授乳中の母犬には、特別なフードがありますので、どのようなフードを選ぶべきか、また、ビタミン、ミネラル、タンパク質、あるいは脂肪の補充についても、獣医師にご相談ください。

適度な運動をする
 また、毎日の適度な運動は、筋肉の力を保ち、妊娠を維持させるのに必要です。筋肉の力が弱かったり、太りすぎていたりすると、正常な妊娠の維持や分娩に悪影響を及ぼします。妊娠中の投薬、ワクチン接種、寄生虫の駆除は、できる限り避けてください。これらの処置は交配前にすませておくのが理想的です。

出産の環境を整えてあげる
 出産予定の少なくとも10日前くらいには、清潔で暖かく、乾燥し、隔離された大きな寝床を用意してください(犬が利用しないこともありますが)。腹部がさらに大きくなってくると、活動性は鈍くなってきます。出産の数日前には、乳腺はさらに発達し、しぼると乳汁が見られることもあります。長毛の犬では、出産前の準備として、過剰な毛をブラシで取り除いたり、乳腺部やお尻、陰部の周囲の毛を刈り取るのが望ましいでしょう。また、これらの部分に汚れがついたら、きれいに落としておいてください。
【関連記事】
犬の健康/病気について

犬との生活で注意すること



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
14:01  |  健康/病気について

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/75-e4b349b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。