2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.10.26 (Thu)

自分のフンを食べてしまう(食糞症)

 自分の便や、他の犬や猫などの便を食べてしまう行動を、「食糞症」といいます。何らかの足りない栄養を犬自身が補おうとしていたり、飼い主の気をひこうとしたり、犬がストレスを感じていたりすることなどが、原因として挙げられています。

 栄養不足も原因として考えられる以上、まずは動物病院で健康診断を受けたり、栄養指導をしてもらったりして下さい。その上で、以下のような4つの方法を試みてください。

方法
1)食べているのを見たら、厳しく叱る。 
ここでポイント:必ず"現行犯"で叱る。
 後になって叱っても、ワンちゃんは「何?ウンチをするのがダメなの?」などと考えてしまいます。そうすると、飼い主の見ていない場所で隠れてしたり(ベッドの下など)、隠すために食べてしまったりすることがあり、悪循環となってしまいます。
さらにポイント:叱るときは、しっかりと叱る!
 また、犬にいけないことを教える場合には、「叱られている」ということをきちんとわからせることが重要です。必要以上に騒がず、威厳をもって叱ってください。

2)条件反射付けで止めさせる。
 犬が便を食べようとしたら、犬にとってよくないことが起こるようにし、嫌な気分にさせ、食べるのをやめさせる方法もあります(負の条件反射付けです)。犬が便に口をつけようとしている瞬間に、鍵の束を入れた空き缶を振ります。この音はワンちゃんにとってイヤな音なので、食べるのを一瞬やめるはずです。
 再度、便に口をつけようとしたら、また空き缶を振ってください。犬が便を食べようとするのをやめるまで、これを繰り返し続けると、犬は便を食べなくなるでしょう。このとき、飼い主がやったと気づかれないようにすることが大切です。

3)便=食べちゃだめな物と覚えさせる。
 最終手段としては、便に唐辛子やタバスコなどをまぶしておいて、わざと食べさせる方法も効果的です。

4)専門のものを使う。
 こうした商品も、食糞防止に役立ちます。
ペットオドフリー
ペットオドフリー
ペットオドフリーはペットの体の中から根本的に臭いの元を断ちますので便や尿だけでなく、体臭・口臭などニオイの問題が解決される為便に興味を持つ事がなくなります
【関連記事】
犬の健康/病気について



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
19:32  |  健康/病気について

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/85-c288b121

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。