2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.10.28 (Sat)

犬の家庭内順位について

 「飼い犬にさえ虐げられて…」というお父さんがコントやドラマにさえ登場するくらい、ワンちゃんの家庭内順位というものは、ある程度有名になっているのではないでしょうか。

 では、この家庭内順位とは、どのように付けられるのでしょうか。その事について、以下に書いてみたいと思います。

 そもそも、この順位付けとは、イヌの習性によるものです。
 犬の祖先は、オオカミだとされています。従って、そのオオカミの生活パターンは、ある程度、イヌに脈々と受け継がれていると言われています。その1つが、「群れ」を作って生活するという習性です。
 群れには、仲間を統率するリーダーがいます。リーダーの存在は絶対で、メンバーはリーダーの指示に従って行動し、群れのメンバー同士の順位もはっきりしています。この性質が、ワンちゃんにも存在している訳です。
 この順位付けは、以下のような点で決定されていると言います。
ポイント:イヌの順位付けの基準
1)年齢の高いほうが上
2)縄張りに(家ですね)長くいるほうが上

 この2番目の条件が、問題となるケースが多いそうです。たとえば、赤ちゃんを迎え入れた家で、ワンちゃんが「どうして新入り(赤ちゃん)ばかりが可愛がられて、ボクは放っておかれるのだろう?」と考え、赤ちゃんに攻撃的になる(新入りに焼きをいれた、ということですね)、ということがあるそうです。

 また、犬同士の場合では、以下のような基準もあるそうです。
ポイント:イヌ同士の順位付けの基準
1)体格
2)性格(攻撃的か、温厚かなど)
3)性成熟の有無(フェロモン)

 などです。
 こういったことで、ワンちゃんの中での順位は、決定されていると考えられます。ほとんど家にいないお父さんが、虐げられてしまうという理由も、分かる気がしませんか?ご家族のお父さんの待遇を見ていたり、縄張りにほとんど居ないということで判断していたり…しているわけです。

 ですが、こうした順位付けは絶対的な物ではなく、変わる物です。今後、お父さんのワンちゃんへの接し方で、変化していくということもあるわけです。
 積極的にコミュニケーションすることによって、飼い主さんに対する行動も、どんどん変化していく可能性が高いといえるでしょう。
【関連記事】
犬のしつけ/困ったときの対処法

犬との生活で注意すること



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
23:41  |  犬との生活での注意点

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/87-942efdf6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。