2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.11.02 (Thu)

飼うならオス?メス?

 人でいえば、「男らしさ」「女らしさ」というものが、ワンちゃんにもあるのでしょうか?人でいえば、それらは決定的な違いですが、ワンちゃんに関しても、それはいえることなのでしょうか?
 答えは、もちろん「YES」です。オス・メスを両方飼ってみて、やはりそれを実感しました。いうなれば「オスらしさ」「メスらしさ」というものでしょうか。これは、やはり決定的な違いです。

 では、その違いというものがあるとすると、どちらが飼い主さんに都合がいいのでしょうか?それは、やはり飼い主さんにとって違います。以下に、オス・メスの一般的な特徴を書いてみます。もちろん、すべてのワンちゃんにとって言えることではありませんが、ご参考になさってみてください。

男の子の特徴
・一般的に、同じ犬種だったらどちらかというと、体格はオスのほうが大きい傾向がある。

・性格としては、オスは活発で、縄張り争いにみられるような攻撃性をもつ。

・放浪する傾向が強いのはオス。

・縄張りを確認するためのマーキングを行ったり、発情期にあるメスの匂いで遠吠えをしたり、暴れたりすることがある。

・周期による機嫌や体調の変化が少ない。

女の子の特徴
・子犬のいる時期を除いてはオス犬より大人しいといわれている。

・メスの方が比較的早く性格が落ち着くと言われている(ただし、オスより気が強いワンちゃんが多いと言われています)。

・メスは、母性的な愛情を求めたり、与えたりする傾向が強い。

・オスよりも人なつっこく、言うことを聞いてくれるため、訓練は楽であると言われている。

・メスに特徴的な生理的変化として、発情出血がある。この際、エストロゲンが分泌されるので、「食欲がない」「神経質になった」「暗くて狭い所を探して巣作り行動をしている」などの行動が見られます。

・学習能力に関しては、オス・メスにあまり差異はないとされています。

・・・などです。
 一般的に、メスの方が飼うのが楽だという飼い主さんが多いように思います。ですが、活発なオスの良さもあります。

 一概にはどちらが飼うのに良いとは言えませんが、飼い主さんはこれらの特徴をふまえた上で、どちらを飼うのか、ご考慮下さい。
【関連記事】
犬を迎える準備



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
20:33  |  犬を迎える準備

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/92-64355d32

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。