2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
HOME
Category [犬を迎える準備] [しつけ] [お手入れ] [健康/病気について] [犬との生活での注意点] [ペットの葬儀] [ペットニュース]
PR

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.11.05 (Sun)

くしゃみがひどい場合、どうしたらいいの?

 くしゃみがひどい・・・立て続けに10回近くも、くしゃみをしているということが、ウチのワンちゃんでもありました。
 最初は、「風邪かな?」くらいにしか思いませんでしたが、食欲や元気はあるし、鼻水も出ていない・・・「はて、どうして?」と思い、動物病院に診せに行くと、抗アレルギー薬を処方されました。

 そのうち、ぴたりと止みました。動物病院の先生によると、どうやら鼻の粘膜が弱っていたようです。その上、気温の変化が激しかったため、くしゃみがでてしまっていたようです。
 他にも、くしゃみにはいろんな原因が考えられます。以下のようなことが原因になっていないか、チェックしてみてはいかがでしょうか?

ウイルスや細菌感染
 子犬の頃(3ヶ月頃に特に)に多いそうです。ウイルスや細菌感染によって、くしゃみが起こります。
 ちょうど3カ月前後は、母犬からもらった免疫(胎盤や母乳によって抗体をもらいます)の力が弱くなっています。ですので、こういった感染が考えられるわけです。
 また、ワクチン接種の回数が少なければ、ウイルス感染を十分防ぐことができないことも考えられます。

鼻の粘膜が弱くなって、刺激に弱くなっている
 ただ単に、鼻の粘膜が弱くなっていることも考えられます。
 鼻の粘膜が弱っていれば、ウチのワンちゃんのように、気温の変化などだけでくしゃみをすることもよくあります。
 ただし、飼い主さんがよく香水をつけていたり、ヘビースモーカーの場合は、それらのニオイや煙で、鼻の粘膜を刺激して、くしゃみを引き起こしている場合もありますので、ご注意ください。

アレルギー性鼻炎
 ハウスダストやダニのフンなどの抗原を吸い込むことで、それらにアレルギー反応が起こります。ご存じの通り、人でも起こりうるものです。
 こうしたものの対策としては、できるだけ抗原となるハウスダストなどを吸い込ませない、つまりはいつもきれいに掃除をしていたり、ダニなどの温床となる絨毯やカーペットの上で生活させない、などの対策が必要になります。
 また、場合によっては、動物病院などで、抗アレルギー薬を処方していただく、などの治療が必要になることもあります。そう言った場合は、しっかりと先生にご相談しましょう。

 単にくしゃみ、といっても、原因はいくつか考えられます。しっかりと原因を考え、できるだけワンちゃんのために環境を整えてあげてください。

 
【関連記事】
犬の健康/病気について



にほんブログ村 犬ブログへランキング登録中です。ご協力、お願いします☆
トップページへ
14:20  |  健康/病気について

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://snobberies.blog61.fc2.com/tb.php/95-b916dbbe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。